スパイシー、豆入りカレー味のピラフ風炒飯。

豆カレー炒飯


主な食材: , , , , , ジャンル: ,
器具: 季節: ,

ゴロゴロ入った豆が楽しいカレー炒飯。
ソーセージやにんにく、カレー粉で風味満点に作ります。

豆カレー炒飯

Photo: by Magical Kitchen

調理時間: 15分 分量: 2人分

材料

  • ご飯 ・・・300g(ご飯2膳程度)
  • 卵 ・・・2個
  • カレー粉 ・・・小さじ2
  • ゆでた豆(ここでは青えんどう) ・・・120g
  • ソーセージ ・・・3本
  • ピーマン ・・・1個
  • 乾燥にんにくスライス ・・・少々
  • しょうゆ ・・・少々
  • 塩 ・・・少々

作り方

  1. ピーマンはみじん切りに、豆は水気を切っておきます。ソーセージは小口切りに。
  2. 中華なべを火によくかけサラダ油大さじ2弱(分量外)をなじませます卵を割り入れて、お玉で大きくかき混ぜ黄身をくずします。
  3. 卵が半熟のうちにご飯を加えて炒めます。ご飯がほぐれてぱらっとしてきたら、
    塩少々、カレー粉を加えて軽く炒め、にんにく、ピーマン、豆、ソーセージを加えて炒めます。最後にしょうゆ、塩で味を調えます。

キッチンメモ

豆入りのビーンズカレー炒飯です。
豆がホクホク、スパイシーなご飯と合います。

今回の豆は青えんどうを家でゆでたものを使いました。
豆はひよこ豆を使っても美味しくできます。 市販の豆のパックや缶詰でも手軽です。

豆入りの炒めご飯は、あっさりして物足りなくなりがちなので
風味をプラスするのがコツです。
今回はソーセージ、カレー粉とにんにくを加えて風味、パンチをつけました。

写真の炒飯は麦入りの玄米ご飯なので、色がちょっと茶色っぽいです。

ピーマンは他の青味を使っても。
最後に加える隠し味は、醤油でもソースでもおいしいです。
にんにくは、すりおろしにんにくを使っても。

豆が入らないシンプルカレー炒飯。

豆を煮るなら圧力鍋が時短

低圧高圧切り替え可。高圧は100Kpa
手ごろな価格ですが、基本性能は満たしてます。
ホント十分あれこれ使えるし、味も染みます。
商品比較雑誌でも高評価。
圧力ピンが上がった際の表示が慣れるまで分かりにくい。

本や雑誌でもよく使われているフィスラーの圧力鍋。
低圧/高圧の2段階調整可能で見やすい圧力ピン。
シンプルで美しいデザイン。10年保証があるそうです。

豆を多めに煮ることを重視するならサイズ大きめの圧力鍋を。
普段使いもかねるなら家族の人数に合ったよく使うサイズを。

炒飯のコツについて

炒飯は残りご飯で、ぱっと作れて、さっと食べられるところが魅力的。
そんな炒飯、パラっと美味しくするためには、コツはいくつかあります。

材料道具は前もって準備

基本はネギ、卵、ごはん。
そこにお楽しみの具として、焼き豚、鮭、シーフード、ちりめんじゃこなどなどを加えます。
にんにく、ザーサイは入れるときと入れないときあり。

基本にプラスする具は、塩気のあるもの、旨味のあるものを。
加える具によって塩加減が違ってくるので、それぞれ味付けを調節します。

また水分の多いものを具にするとパラっとしにくくなるので注意です。

道具は中華なべとお玉か木べら。
材料道具は慌てないようにすべて前もって準備万端スタート!
炒飯を炒めるのは時間勝負なのです。

中華なべは油を入れる前によく熱するのがこつ。
油はぐっと減らしたいところですが、少ないと炒めにくくパラっとしません。

ご飯はあらかじめ温めて

ご飯は冷ご飯OKですが、冷蔵庫の冷ご飯そのままだと固まりがほぐれにくいので
一度電子レンジなどで温めた後、粗熱が取れたものを使います。
(水分が飛ぶようにご飯にフタはしない)

お玉の背中か木べらを使ってご飯を押し付けながらご飯を炒めていきます。

卵が半熟のうちにご飯を加えて卵とご飯を合わせるのもポイントです。
卵でご飯をコーティングさせる効果があります。

ご飯は水分が多くないものを

基本的に水分が多いご飯は、炒飯にはむいてません。
米の品種でモチモチ粘り気が強く水分の多いタイプ
または柔らかめに炊いたご飯だと、どんなに頑張ってもパラっとしません。

一度に炒めるご飯の量

一度に多く作ろうとすると難しくなります。2人分(ご飯300g程度)が1回。
1人分だとさらに楽に作れます。

豆カレー炒飯と同じ材料で作れる料理

材料: ご飯| にんにく| カレー粉| ピーマン| ベーコン・ハム類| 豆・大豆|

材料大分類:|穀類||調味料・甘味料・香辛料|豆・大豆製品|野菜|香味野菜・薬味・ハーブ|

豆カレー炒飯と同じジャンルの料理

ジャンル: |