さっぱりと食べやすいきのこのあんかけチャーハン。

きのこあんかけ炒飯


主な食材: , , , , , , , ジャンル: ,
器具: 季節: ,

きのこを「あん」に加えたあんかけチャーハン。
炒飯にはレタスを使って彩りよく。

きのこあんかけ炒飯

Photo: by Magical Kitchen

調理時間: 20分 分量: 2人分

材料

  • ご飯 ・・・250g(ご飯少なめに2膳程度)
  • 卵 ・・・2個
  • 鮭の切り身(焼いたもの) ・・・1/2枚
  • サラダ菜 ・・・3枚
  • にんにく ・・・小さじ1/3
  • 塩 ・・・少々
  • こしょう ・・・少々
  • ホワイトブナピー ・・・50g
  • 水 ・・・250ml
  • 砂糖 ・・・小さじ1
  • しょうゆ ・・・大さじ1
  • 鶏ガラスープの素 ・・・小さじ1
  • 酢 ・・・小さじ1
  • しょうが ・・・ひとかけ
  • 酒 ・・・小さじ2
  • みりん ・・・小さじ2
  • 片栗粉 ・・・大さじ1(倍量の水で溶く)

作り方

  1. 鮭は焼いて皮、骨をとり身をほぐします。レタスは適当な大きさにちぎります。しめじは石づきを落とし小房にわけます。しょうがはすりおろします。
  2. 中華なべを火によくかけサラダ油大さじ1と1/2(分量外)をなじませ卵を割り入れて、お玉で大きくかき混ぜ黄身をくずします。
  3. 卵が半熟のうちにご飯を加えて炒めます。ご飯がほぐれてぱらっとしてきたら、にんにく、鮭、サラダ菜を加えて炒め、最後に塩、こしょうで味をととのえます。
  4. 小鍋に水、鶏ガラスープの素を入れて煮立て、しょうが、砂糖、しょうゆ、酒、みりん、酢を加え再び煮立てば水溶き片栗粉を加えとろみをつけます。
  5. 器に炒飯を盛り付け(茶碗に入れてひっくり返す)きのこあんをかけます。

キッチンメモ

炒飯にあんをかけたあんかけチャーハン。
あんかけ炒飯ってあんを作る分手間なのですが、たまに妙に恋しくなっていそいそと作ります。
意外とさっぱり、あんがやさしい。
食べやすいところが気に入ってます。

今回炒飯は鮭とレタスの炒飯でした。
サラダ菜の緑がきれいです。
他には、焼豚等お肉を入れた炒飯やシンプルにネギと卵の炒飯でも。

そしてあんにキノコをプラスして食べごたえアップ。 キノコはしめじ以外のキノコでもOK。
えのきでもよく作ってます。

炒飯のコツについて

炒飯は残りご飯で、ぱっと作れて、さっと食べられるところが魅力的。
そんな炒飯、パラっと美味しくするためには、コツはいくつかあります。

材料道具は前もって準備

基本はネギ、卵、ごはん。
そこにお楽しみの具として、焼き豚、鮭、シーフード、ちりめんじゃこなどなどを加えます。
にんにく、ザーサイは入れるときと入れないときあり。

基本にプラスする具は、塩気のあるもの、旨味のあるものを。
加える具によって塩加減が違ってくるので、それぞれ味付けを調節します。

また水分の多いものを具にするとパラっとしにくくなるので注意です。

道具は中華なべとお玉か木べら。
材料道具は慌てないようにすべて前もって準備万端スタート!
炒飯を炒めるのは時間勝負なのです。

中華なべは油を入れる前によく熱するのがこつ。
油はぐっと減らしたいところですが、少ないと炒めにくくパラっとしません。

ご飯はあらかじめ温めて

ご飯は冷ご飯OKですが、冷蔵庫の冷ご飯そのままだと固まりがほぐれにくいので
一度電子レンジなどで温めた後、粗熱が取れたものを使います。
(水分が飛ぶようにご飯にフタはしない)

お玉の背中か木べらを使ってご飯を押し付けながらご飯を炒めていきます。

卵が半熟のうちにご飯を加えて卵とご飯を合わせるのもポイントです。
卵でご飯をコーティングさせる効果があります。

ご飯は水分が多くないものを

基本的に水分が多いご飯は、炒飯にはむいてません。
米の品種でモチモチ粘り気が強く水分の多いタイプ
または柔らかめに炊いたご飯だと、どんなに頑張ってもパラっとしません。

一度に炒めるご飯の量

一度に多く作ろうとすると難しくなります。2人分(ご飯300g程度)が1回。
1人分だとさらに楽に作れます。

きのこあんかけ炒飯と同じ材料で作れる料理

材料: ご飯| しょうが| にんにく| ぶなしめじ・ブナピー| レタス| | |

材料大分類:きのこ||穀類|調味料・甘味料・香辛料|野菜|香味野菜・薬味・ハーブ|魚介類|

きのこあんかけ炒飯と同じジャンルの料理

ジャンル: |