コーンミールの香りが素朴なクイックブレッド、また食べたくなる味。

コーンミールブレッド

コーンミール入りのクイックブレッド。マジカルキッチンおなじみオーブントースターで簡単にシリーズです。
切り分けてバターやクリームを塗って食べるのが最高。

コーンミールブレッド

Photo: by Magical Kitchen

調理時間: 30分 分量: 13.5センチ×23センチの長方形のグラタン皿1台分

材料

  • 薄力粉 ・・・100g
  • コーンミール ・・・100g
  • きび砂糖 ・・・25g
  • 塩 ・・・小さじ1/3
  • ベーキングパウダー ・・・小さじ1/3
  • 重曹 ・・・小さじ1/5
  • 卵 ・・・1個
  • オリーブオイル ・・・30g
  • プレーンヨーグルト ・・・50g
  • 豆乳または牛乳 ・・・100ml

作り方

  1. ボウルに卵を割りほぐし、砂糖、塩、オリーブオイルを加えて泡だて器で混ぜ、ヨーグルト、豆乳も加えて混ぜ、コーンミールも加えて混ぜ合わせます。
  2. 薄力粉、ベーキングパウダー、重曹を混ぜたものをふるい入れゴムベラや大きなスプーンで混ぜます。
  3. 生地をオーブントースターOKの耐熱性の型に流し入れ平らにならし、オーブントースター1000wで約12から14分焼きます。(焦げそうになったらアルミホイルを被せ、焼き上がりは、竹串を刺して焼き上がりをチェック。)

キッチンメモ

甘さは控えめ、お食事系のクイックブレッドです。
コーンミールの香りが素朴な味。
切り分けてバターやチーズ、ジャム、蜂蜜など
塗って食べるのがおすすめです。
そのまま食べるとモソモソ食感なので何か塗るのがぴったり。

コーンミール好きな方には使ったパンケーキもおすすめです。

ワンボウルで作れて、オーブントースターで焼くので短時間で作れるのも魅力。
分量を増やしてオーブンで焼く場合はスクエア型を使ってもいいですね。

ブレッドと言っても、発酵はなし。
イーストは使わずに膨らし粉で膨らませます。

重曹を加えると食感が若干ざっくりとし、色も黄色味が増します。
香りも重曹独特の香りがつき、膨らみも高くなります。
重曹を加えずベーキングパウダー小さじ1にしたものも、クセが無く食べやすいのでこちらもおすすめ。

作り方を写真で説明

ワンボウルで簡単

ボウル一つに次々材料を加えていきます。

型に生地を流す

型に生地を流します。
型には前もって紙を敷いておきます。

こんがりと焼く

こんがりと焼きます。

コーンミールとは

とうもころしの粒をひいて粉にしたものです。
色は黄色、ざらっとしていています。

コーンミールに似たもので、コーングリッツ、コーンフラワーがあります。
コーングリッツはコーンミールより粗目の粉。
コーンフラワーはコーンミールよりも細かい粉になっています。

コーンミールの使い道

イングリッシュマフィンの表面にまぶして使うほかタコスの皮を作ったりも。
鍋で湯と練って作るおかゆのような料理、ポレンタはイタリアの郷土料理。
コーンブレッドなどにも使われます。

基本的に小麦粉と一緒に使えばOK。
たとえばスコーン、パンケーキ、パンなど。

コーンミールを売っている場所

小さなスーパーには置いていないかもしれません。
大きなスーパーの雑穀売場や製菓コーナーにあります。
輸入食品のお店でもみかけます。
私はネットショップで買っています。

楽天市場にもあります。

食べもんぢから。

こちらは豆類が種類豊富で価格も近所のお店よりも割安なので、豆と一緒に購入しています。


楽天市場、食べもんぢから。

マジカルキッチンTipsオーブントースターを使いこなすコツコラム

コーンミールブレッドと同じ材料で作れるお菓子

材料:その他穀類・加工品|オリーブオイル|ベーキングパウダー|ヨーグルト|薄力粉-製菓材料|豆乳|重曹|

材料大分類:乳製品||油脂類|穀類|膨張剤・凝固剤など|豆・おから・豆腐・豆乳他|

コーンミールブレッドと同じジャンルのお菓子

ジャンル: |