りんごスコーン

シナモン香る甘酸っぱいリンゴのスコーン、焼きたてもおいしい。
りんごスコーン
スポンサーリンク

お菓子ジャンル: /

製菓器具: /

季節: /

イベント:

レシピキーワード:,

紅茶にもコーヒーにも合うりんごのスコーン。
りんごの甘煮を加えて焼きます。バターは使わずオリーブオイルで軽い仕上がり。

スポンサーリンク

材料

  • りんごのキャラメル煮 ・・・60g(下のメモ参照)
  • 薄力粉(中力粉でも) ・・・150g
  • ベーキングパウダー ・・・小さじ2
  • きび砂糖 ・・・大さじ1~2
  • 塩 ・・・1g
  • オリーブオイル ・・・30g
  • プレーンヨーグルト ・・・40g
  • 無調整豆乳(または牛乳) ・・・大さじ1

作り方

  1. シナモンを加えたリンゴの甘煮を用意し冷まして汁気を切ります。
  2. ボウルに薄力粉、ベーキングパウダー、砂糖、塩を混ぜます。オリーブオイル加えて混ぜ(粉に油が混ざてパラパラした状態に)、ヨーグルトや豆乳を加えてさっくりと切るように生地を混ぜ、ひとまとめにします。(粉部分と水分の部分を合わせるように混ぜる)(生地がパサつくときは豆乳を加え、べたつくときは打ち粉をふる)
  3. 台に取り出し生地を伸ばし、折りたたみ、厚さ約8ミリ程度の長方形に伸ばし、二つ折りにして厚さ約1.5センチにし、包丁でカットします。(最後に折りたたんだとき手でぎゅっと潰さないようにする)
  4. オーブントースターの天板にアルミホイルを敷き、サラダ油を薄く塗り、カットしたスコーンを並べ、豆乳(分量外)を刷毛、または指でぬります。
  5. 約15分オーブントースター1000Wで焼きます。(途中焦げて来たらアルミホイルをかぶせる)取り出して網の上で冷まします。

キッチンメモ

作り置きのりんごの甘煮があれば、すぐに作れるりんごのスコーン。
3時のおやつに間に合います。
甘酸っぱいリンゴとシナモンの温かな香り。
湯気の出るティーカップに添えたい食べたいスコーンです。
クリスマスシーズンにもいいですね。

りんごを使ったスコーン、スコーン作りを覚えたころから、ずっと作ろう作ろうと思いつつ試したことがありませんでした。
去年ようやく試してみて美味しかったので、毎年焼くことになりました。
オリーブオイルとの相性もよく、バターを使うよりも軽い仕上がりです。
外はカリッと中はしっとりしています。

オーブントースターで気軽に焼けるスコーンです。
成形も包丁でカットするので、ささっと作れます。

りんごの甘煮の作り方は、リンゴのキャラメル煮、レンジアップルフィリングを参考にしてください。
シナモンはお好みで。


スコーン生地を倍量にして作りたいときはオーブンで焼くといいですね。
200℃に温めておいたオーブンで約15~17分焼きます。

作り方を写真で説明

粉類を混ぜる

粉、砂糖、ベーキングパウダー、塩を混ぜます。

水分を加えて混ぜる

水分を加えて混ぜます。

生地を折りたたみ長方形に

長方形に成形します。
このとき生地を2,3回折りたたみます。

カットして天板に並べる

生地を包丁でカットして天板に並べます。
オーブントースターの天板にアルミホイルを敷きサラダ油を薄く塗ります。
オーブンを使う場合はオーブンシートを使っても。

スコーン作りのコツ

生地の水分が少な目で粉っぽくまとまらないようなら水分を足してください。
べたついて生地がまとめられないときは、打ち粉をふります。

生地はなるべくいじり過ぎないようにします。

台に生地を取り出してからの作業の進め方
ラップかビニール袋をキッチンバサミで切り開いたものに包んで伸ばすと手も汚れず
打ち粉もいりません。

生地を伸ばしてから数回折りたたむとスコーンに層ができやすくなります。
最後生地を重ねたときは、手で押してつぶさないようにします。

リンゴを使ったマジカルキッチンお菓子レシピをもっと見る

リンゴが赤くなると医者が青くなるなんてことわざもあるほど。
体にいいフルーツ、りんご。
甘酸っぱさをいかしたスイーツ作りにチャレンジしませんか。

マジカルキッチン:りんごレシピ一覧へ