きゅうりとみょうがの酢の物

きゅうりとみょうがの酢の物
やっぱり夏はこれ、薬味たっぷり爽やか酢の物決定版。

普通においしく
フツーな献立

結局そこに戻ってくる

家庭料理はそれでいい
それが食べたい

家庭料理はカンタンがいい
面倒なこと抜きで
おいしい、それがいい

広告

材料

  • きゅうり ・・・小1本
  • みょうが ・・・小3~4個
  • 塩 ・・・少々
  • 砂糖 ・・・小さじ2
  • 酢 ・・・大さじ1
  • ちりめんじゃこ ・・・小さじ2

作り方

  1. きゅうりは両端を落としてスライサーで薄い輪切りにし、塩少々をふってなじませ10分程度置いて(調理時間外)、手で揉んで水気を絞ります。みょうがは小口切りに。
  2. 器に酢、砂糖、塩を混ぜ、きゅうり、みょうがを加えてあえます。器に盛り上にちりめんじゃこをかけます。

キッチンメモ

夏にはやっぱり酢の物ですね。
夏の酢の物と言えばきゅうりがおなじみ!
定番の酢の物です。

スライサー大活躍後、水けを絞って、酢、砂糖、塩と混ぜるだけです。
家庭料理はカンタンが一番。

酢は夏バテ防止にも効果あり。
なんせさっぱりしていて食欲増進です。

そして夏には、やっぱりみょうがの香り。
みょうがの香り、すーっとさわやか。
香りもごちそうの内ですね。
切っているうちからいい匂いです。

夏の薬味には食欲増進効果もあります。

さっぱりきゅうりの酢の物をよりおいしく、香りよく。

きゅうりを塩もみして、塩気が強かった場合は。
軽く洗って水けを絞って使ってください。

ちりめんじゃこは、釜揚げしらす等を使っても。

マジカルキッチン料理レシピ

みょうががたくさんあったなら。
甘酢漬けはいかが。

みょうがの甘酢漬け
茗荷の季節に作りたい常備菜
香り良し、紅くきれいな甘酢漬け。
みょうが甘酢漬けときゅうりの酢の物

みょうがの甘酢漬けときゅうりの酢の物。
釜揚げしらす乗せ。

マジカルキッチン動画でレシピ

チャチャっとささっと酢の物作りましょ。
ちなみに、今回の撮影時、セミの声も録音されてしまいました。

きゅうりとみょうがの酢の物の作り方を写真で紹介

みょうが

みょうがです。

きゅうりをスライス

きゅうりを輪切りにして、塩をふって少し置いて塩もみします。
後は調味料とミョウガを混ぜれば出来上がり。

みょうがを食べすぎるとボケるってホント?

「みょうがを食べすぎるとボケる・物忘れする」なんてこと聞いたことありませんか?
昔からの言い伝え。
他にも「ウナギに梅干しを一緒に食べるとお腹を壊す」などありますね。

みょうがでボケるという話は、あくまで俗説迷信なんです。
それどころか、みょうがの香り成分には集中力を増す効果もあるそうですよ。

みょうがの独特の香りの成分は「αピネン」と呼ばれるもの。

食欲増進効果もあり。

みょうがを食べると頭がよくなる!?
この効果はイマイチ自分で実感はできないのですが。
みょうがの食欲増進効果はすぐに実感、夏の元気の素のひとつになってます。

きゅうりとみょうがの酢の物と同じ材料で作れるレシピ

料理ジャンル

季節:

国・地域:

レシピキーワード:

ポテトサラダ

基本のポテトサラダの作り方を丁寧に紹介します。
水気を出さないこと、下味をつけることでしっとりホクホクなポテトサラダを作ります。

かぼちゃチーズ茶巾

お弁当の1品にもぴったりのかぼちゃの茶巾絞り。
レンジで加熱、つぶしてラップで包みます。

長芋のゆかりあえ

紫蘇のふりかけを活用したさっぱりあっさりの酢の物です。
紫蘇の香りがいい感じ。

タイ風セロリの春雨サラダ

パクチーの代わりにセロリで、エスニック風味のタイ風サラダ。
リピートしたくなる簡単おいしいサラダです。