にんにくのしょうゆ漬け

自家製ニンニク醤油は、寝かせておくほど、まろやかに。
にんにくしょうゆ漬け
スポンサーリンク
MagicalStory

保存食作りは時間が味方。
時間が魔法。
時がたつほどにまろやかに。
瓶をながめて待つ楽しみ。

料理ジャンル

季節:

イベント:

国・地域:

レシピキーワード:

時間がたつほど楽しみな、自家製にんにく醤油漬け。
作りおきしておけば、炒飯、炒めものにすぐ使えます。

スポンサーリンク

材料

  • にんにく ・・・3玉
  • しょうゆ ・・・ひたひたになる程度

作り方

  1. にんにくは皮をむいて、小房にわけ薄皮をむき、根元の固い部分を切り取ります。
  2. 広口瓶ににんにくを入れしょうゆをヒタヒタになるまで注ぎます。(瓶は煮沸消毒またはアルコールで消毒)
  3. きっちりとフタをして冷暗所に置き、2週間ほどたって漬かってきたら冷蔵庫で保存します。

キッチンメモ

にんにくの旬である初夏に作って保存しておけば、炒飯、薬味にと楽しめます。
味が染みこむにつれ、漬かるにつれて、時間が経つほどマイルドに。
生ニンニクの辛味や刺激が抜けてまろやかになります。
1週間ほどで使えますが、1ヶ月を過ぎるとだんだんとまろやかになります。
にんにくが真っ黒になるまでには、数ヶ月の時間がかかります。

みりん、酒を入れたものもおいしいです。
が、醤油のみで漬けたものに比べると黒色が薄めになり、真っ黒にはなりませんでした。

マジカルキッチン季節の特集

ニンニク他しょうがなど、初夏から夏の保存食作り置きレシピをまとめています。

初夏から夏の保存食カタログ

初夏から夏のおいしい保存食、作り置きレシピを紹介します。

にんにく醤油の醤油の使い方

漬け汁のにんにく醤油は、万能調味料。
炒め物に加えるのがオススメの使い方です。
中華スープや鍋物のタレ、焼き肉にも。

お酢、油、こしょうを加えるとドレッシングになります。

醤油ニンニクの使い方

しょうゆに漬けたにんにく粒。
まるで黒い宝石。
何に使いましょうか?
マジカルキッチンでは刻んで炒飯に入れるのが定番の使い方。
これだけで炒飯がワンランクアップ。

他にスライスしておつまみに。
炒め物に、薬味に使えます。

夏場は刻んでおかずサラダのドレッシングに加えたり。
上にトッピングしたり。
かつおのたたきにも使いやすいんですよ。

今回紹介したものは、一番シンプルなニンニクの醤油漬けの作り方です。
ストレートにニンクらしさを楽しみたいならこの方法をおすすめ。
特に料理に活用するのにむいています。

スポンサーリンク

醤油にアレンジ、ニンニク醤油漬け

以前紹介した、しょうゆに、酒、昆布、かつお節など加えて作ったニンニク醤油漬け。
マイルドになるのが早いので早めに食べたい時にもオススメです。
調味料は他にはちみつや砂糖、みりんを加えても。
小鍋にしょうゆ、酒、かつお節、細くカットした昆布を入れてて煮立て冷まし醤油タレを作ります。
その醤油タレを瓶に詰めたニンニクに注ぎます。

ニンニクの保存食色々

にんにくが旬の時期にたくさん買って漬けておくと便利なにんにくの保存食。
ビンに入れて冷蔵庫に保存して置くと使いたい時にさっと使えて便利です。
甘酢につけたにんにくの酢漬け、しょうゆに漬けたにんにくのしょうゆ漬け。
味噌に漬けたにんにくの味噌漬けをよく作ります。
どれもにんにくの皮をむくのが手間なぐらいで、後は簡単です。

どれも漬けてから時間が経つにつれにんにくがマイルドになります。
漬けた味噌やしょうゆ、酢もまろやかになって色々に使えます。

にんにくのしょうゆ漬けは炒飯、炒め物に。
味噌漬けは鍋物や味噌の汁物に。
酢漬けは万能。餃子の種や炒め物、万能に使えます。


ニンニクをレンジにかけると早くマイルドに

にんにくは、電子レンジにかけて加熱してから漬ける方法もあります。
以前紹介した通り、薄皮がむきやすくなる効果もあります。
漬けた後も生のにんにくそのままよりも、ニンニクの辛味や刺激が和らぐのが早くなります。

にんにくは皮をむき、小房に分けます。
耐熱性の皿に並べ、ラップか電子レンジ用のフタをして500w3玉で約1分20秒加熱します。1玉だと30秒。
加熱後に下の固い部分を切り落とし、薄皮を向きます。つるんと楽にむけます。
加熱し過ぎるとニンニクが柔らかくなりすぎるので注意してください。
逆に加熱しても皮がまだむきにくければ、少しずつ時間を延長してください。

スポンサーリンク

保存するビンや消毒について

清潔でフタがきちんとした瓶に入れて保存します。
瓶は長期保存するなら、煮沸消毒を。
煮沸消毒して乾かした物を使います。
冷蔵庫に入れておけば一年以上持ちます。

ジャムや果実酒、漬物用保存びんについて

マジカルキッチンお菓子、料理のTips道具編。
今回は保存ビンについて。
保存容器にも色々あって、材質も形もいろいろです。
今回はガラスビンでの保存について紹介します。
保存ビンのメリット、気をつける点。 実際に使って分かった点など取り上げます。

常備菜、保存食の保存容器、ビンの殺菌

マジカルキッチンお菓子、料理のTipsコツ、アイディア編。
今回は保存食や常備菜、ジャムや果実酒、シロップ等を保存する際の注意点。
煮沸消毒、アルコールでの殺菌についてです。

ニンニクやラッキョウの漬物を入れた保存食の瓶。
食べ終わった洗っても洗っても、匂いがなかなか取れなくて大変。
他のものにも使いたいお気に入りの瓶は使わないほうがよさそうです。
フタにも匂いが染みこんで泣いたことがあります。
パッキンにも匂いがつきます。これは取れません。

保存瓶によってはパッキンが別売りされています。
瓶の匂いは洗えば取れるので、パッキンさえ買い替えれば。
他のものにでも使えますよ。(意外と値段がした覚えがありますが)

にんにく醤油とラーメン屋さん

ニンニク醤油漬けの思い出。
以前家族で通っていたラーメン屋さん。
テーブルにポンと刻んだにんにくの醤油漬けの容器が置いてありました。
薬味として好きなだけ食べられるのです。
私はこれを福神漬のかわりに炒飯に添えるのが大好きでした。
今はもうそのお店はないけれど、今でもあの味を思い出します。