小松菜たっぷり食べたいときはお好み焼きで。

小松菜お好み焼き


主な食材: , , , , ジャンル:
器具: 季節: ,

小松菜たっぷりの緑のお好み焼き。
小松菜は細かめに刻むと食べやすくなります。

小松菜お好み焼き

Photo: by Magical Kitchen

調理時間: 30分 分量: 3枚分

材料

  • 薄力粉 ・・・100g
  • 卵 ・・・2個
  • 水 ・・・約170ml
  • だし粉 ・・・少々
  • 塩 ・・・少々
  • しょうが甘酢漬けまたは紅ショウガ ・・・大さじ1
  • 長ネギ ・・・100g
  • 小松菜 ・・・1把
  • 桜エビ(アミエビ) ・・・大さじ2
  • 天かす ・・・大さじ3
  • トッピング用卵 ・・・1枚につき1個

作り方

  1. ボウルに粉、だし粉、塩を入れて、水を加えて混ぜ合わせ生地を作っておきます。
  2. 小松菜は根本を特によく洗い、みじん切りに。しょうが甘酢漬けは千切りに刻み、ねぎはみじん切りに。
  3. 1のボウルに小松菜、しょうが、ねぎ、えび、天かす、卵を加えて混ぜます。(混ぜすぎない)
  4. フライパンを熱し、サラダ油をなじませ、生地を丸く流しいれます。トッピング用の卵を落とし、黄身を軽く崩し、フタをして中火で3分ほど焼きます。裏側がこんがりと焼ければ、裏返して約1分半から2分焼き軽く焼き色を付けます。

キッチンメモ

小松菜がたくさんある時によく作る小松菜のお好み焼きです。
とにかく小松菜がたくさん食べられます。

今回は卵をトッピングしました。
お好み焼きがちょっと豪華になります。

小松菜、煮ても一度にたくさん食べられないものです。
そんな小松菜もお好み焼きにするとペロリ。
小松菜は細かめに刻んだほうが食べやすくなります。
フードプロセッサーを使っても。

大根葉、ほうれん草を使っても作れます。
ほうれん草を使う場合は一度ゆでてから水気をしぼって刻んで使います。

小松菜もゆでたものを刻んで使ってももちろんOKです。
小松菜、たくさんあってすぐに使う予定がないときは、とりあえずゆでておくことをお勧めします。

今回はレシピのほかに、作り方を写真で説明。
小松菜について。
お好み焼きの基本的なポイント。出し粉についてなど書いています。

作り方を写真で説明

小松菜お好み焼きの具

お好み焼きの生地に具を加えます。

練らないように混ぜる

練らないようにざっくりと混ぜます。

生地の中央をへこませ卵を落とす

生地の中央をへこませ、卵を割り入れます。

小松菜について

小松菜は緑黄色野菜、ほうれん草はシュウ酸があるのでゆでてから使いますが
小松菜はシュウ酸が少ないので、ゆでずに使うことができます。

旬は冬の時期ですが一年中手に入りやすく
比較的リーズナブル。
カルシウムも豊富です。


小松菜を使ったレシピコーナー

お好み焼きの基本的なポイント

粉に水を加えて、生地を混ぜる時は、グルグル混ぜ過ぎないこと。
グルテンが出るとふんわりと焼けません。
生地に具を加えてからも混ぜすぎないこと。

野菜を生地に加えてから時間がたつと野菜の水分が生地に出てきます。
野菜を生地に加えたらすぐに焼くようにします。

焼くときにヘラやフライ返しで上からギューっと押さえつけないこと。
押さえつけるとふっくら焼けません。

お好み焼きに加える出しについて

出しが入るとお好み焼き生地は、おいしくなります。
市販の出しの素を少々加えてもいいし、水のかわりにだし汁を使っても。
マジカルキッチンでは干ししいたけ、昆布、かつお節などをミキサーにかけた自家製のだしの粉を使っています。

天かす、エビからも出し、うまみが

アミエビ

お好み焼きに加える天かすや、桜エビ。
桜エビのほかに、アミエビという、エビもよく使っています。
このエビは小さくてリーズナブル。

エビや天かすからも出しや旨みが出ます。
お肉やシーフードなど入れない生地の時には、多めに加えるとおいしくなります。

自家製だし粉

市販の出しの素の代わりに「いりこの粉」「かつお粉」「昆布の粉」「しいたけの粉」をブレンドしたものを使ってます。
作り方はミキサーやミルサーにいりこや、削り節、昆布、干ししいたけを入れて粉にするだけ。大きなものはキッチンハサミでカットして小さくしてミキサーに入れます。
これで自家製のだしの粉末が出来上がり。

安心、安全の手作りだしです。
もちろん、お好み焼きだけでなく、普段の料理に使えます。
保存はフタのできるビンに入れて、冷蔵庫で。

小松菜お好み焼きと同じ材料で作れる料理

材料: その他漬物| 小松菜| 桜えび| 薄力粉・中力粉|

材料大分類:|穀類|缶詰・漬物・加工品|野菜-青菜類|魚介類|

小松菜お好み焼きと同じジャンルの料理

ジャンル: