新じゃがの味噌煮っころがし

新じゃがの味噌煮っころがし
新じゃがの季節にまずは作りたい、こっくり味噌味の煮っ転がしです。

新じゃがゲット!
今年最初に作る、新じゃが料理は何にする?

去年のあれも美味しかったし
最後に食べたあれもよかった

あれこれ悩める幸せです。

広告

材料

  • 新じゃがいも ・・・400g
  • ごま油 ・・・大さじ1
  • 味噌 ・・・大さじ1
  • 酒 ・・・大さじ1
  • みりん ・・・大さじ2
  • 水 ・・・大さじ2
  • しょうゆ ・・・小さじ1/3
  • 白すりごま ・・・適宜

作り方

  1. (じゃがいも下準備)じゃがいもは10分程度水につけて(調理時間外)(汚れを落としやすくするため)から洗います。(汚れが落ちにくければタワシで洗う)縦2等分(大きいものは食べやすい大きさに切る)し塩少々をふり耐熱性の器に並べラップかレンジ用のフタをして電子レンジ500wで約7~8分加熱します。 (6分加熱、3分蒸らしても、竹串がすっと通る固さになればOK)味噌、水、酒、みりんを混ぜておきます。
  2. (焼く)フライパンにごま油をひき、じゃがいもを切り口を下にして並べ中火で焼き色をつけるように5分ほどじっくりと焼き、焼き色がつけばフライパンをゆすって裏側も少し焼きます。
  3. (味付け)フライパンに味噌、酒、みりん、水を混ぜたものを加え中火で汁気を飛ばすように炒め(手早く短時間)、汁気が少なくなればしょうゆを加え火を止めゴマを加えてできあがり。

キッチンメモ

皮の薄い新じゃがを、味噌味の煮転がしに。

味噌ダレがこっくりからんでいくらでも食べられそう。

新じゃがは、皮ごと食べられるのがいいですね。

田舎のおばぁちゃんの味風、懐かしさを感じるじゃがいも料理です。
新じゃがの季節になったら、とりあえずまずは、この味噌煮っ転がし作ります。

じゃがいもは、電子レンジで下ごしらえ
その分焼く時間が短くてすみます。
蒸してから油で焼いて、香ばしさとコクを出します。

じゃがいもをフライパンに入れるとき、調味料を加える際
熱い油が飛び散りやすいので気をつけてください。

マジカルキッチン料理レシピ

アレンジ
ゴマのかわりにかつお節でおかか味。
にんにくをきかせても合います。

新じゃがのおかか炒め
醤油タレを照りよくからめ、かつお節をまぶした、新じゃがのソテー。
ニンニクの風味もコクあり。電子レンジで蒸して焼くから時短です。

ニンニクもきかせてやみつきになる味。
食べだしたら止まりません。

後よく作る新じゃが料理は、洋風にソテーしたもの。
オリーブオイルとハーブでこちらも食欲をそそります。

青のり、粉チーズもお気に入り。

マジカルキッチン動画でレシピ

新じゃがの味噌煮っころがしの作り方を写真で説明

新じゃがいも

水にしばらくつけておくと汚れが落ちやすいです。

じゃがいも同士、こすり洗い。

それでも落ちなければタワシ。

もし、傷みや傷があれば切り落とし。
緑色の皮は厚くむき、芽も毒なので取り除きます。

大体の新じゃがは軽く洗っただけで汚れも落ちるし。
皮ごと食べられるので楽でいいです。

レンジで加熱

レンジで加熱。

竹串を刺して固さをチェック

竹串を刺して固さをチェック。

すっと通るくらいの固さならOK
柔らかすぎても、この後焼く際に崩れやすくて大変です。

フライパンに並べる

油をひいたフライパンに並べてじっくり焼き色をつけます。

切り口を下に並べたら動かさない方が早く焼けます。

焼き色がつけば裏返す

焼き色がつけば裏返します。

新じゃがの味噌煮っころがしと同じ材料で作れるレシピ

料理ジャンル

器具: /

季節:

国・地域:

餅の中華風あんかけ

フライパンでこんがり焼いた餅に。とろりとしたあんをかけます。

お好みイカハンバーグ

イカをフードプロセッサーでハンバーグに。
キャベツや生姜、青のりでお好み焼風。

つくしのペペロンチーノ風

つくしが好きな人に食べて欲しい、つくしのペペロンチーノ風炒め。
味付けはシンプルに、塩と醤油少々で。

かぶと豚の塩炒め

かぶのおいしい季節に食べたい炒め物。
かぶの葉も一緒に炒めます。味付けはナンプラーで塩系に。