キムチと納豆で炒飯、コツを紹介

納豆キムチ炒飯


主な食材: , , , ジャンル: ,
器具: 季節:

キムチと納豆で元気が出る炒飯。
キムチを使った炒飯をベタつかせないコツも紹介します。

納豆キムチ炒飯

Photo: by Magical Kitchen

秋のご飯ものレシピ特集

調理時間: 15分 分量: 1人分

材料

  • ご飯 ・・・150g(ご飯1膳程度)
  • 納豆 ・・・1パック
  • 卵 ・・・1個
  • 長ネギ ・・・40g(中サイズ1/2本程度)
  • 白菜キムチ ・・・40g
  • しょうゆ ・・・少々
  • こしょう ・・・少々

作り方

  1. キムチは汁を絞り、粗みじん切りにして、もう一度汁気を絞ります。(汁は後で使用)ネギは小口切りに。(大きい物はみじん切りに)
  2. 中華なべを火にかけ白い煙が出てくるまでよく熱します。
  3. サラダ油大さじ1(分量外)を入れてなじませます。卵を割り入れて、お玉で黄身を崩しながら大きくかき混ぜます。 卵が半熟のうちに納豆を加えざっと炒め、ご飯を加え炒めます。(卵とご飯をなじませるように)
  4. ご飯がほぐれてぱらりとしてきたら、キムチ、ネギを加えて炒め、最後にキムチの汁、しょうゆで味をつけ、こしょうをふって出来上がり。

キッチンメモ

今回は納豆チャーハンにキムチを加えてより元気に。
キムチ炒飯を作ると、キムチの汁気でべたつきがちですが、汁気を絞っておくとベタつかずに作れます。

上の写真のご飯は玄米ご飯を使っているので全体的に色が茶色っぽくなってます。

マジカルキッチン納豆炒飯、定番とアレンジ

キムチチャーハンのコツ

キムチチャーハンはベタッとなりがち。
キムチ入りの炒飯でもベタつかせず作るコツは、キムチの汁気を後から加えることです。
最初から入れてしまうと水分が多くて、炒めても最後になっても、水分が飛ばずにべたついてしまいます。
後から味付けする際にキムチの汁気を加えるとご飯がべたつきません。
キムチを刻んで汁気を絞り、汁気とキムチを分けておきます。

炒飯のコツについて

炒飯は残りご飯で、ぱっと作れて、さっと食べられるところが魅力的。
そんな炒飯、パラっと美味しくするためには、コツはいくつかあります。

材料道具は前もって準備

基本はネギ、卵、ごはん。
そこにお楽しみの具として、焼き豚、鮭、シーフード、ちりめんじゃこなどなどを加えます。
にんにく、ザーサイは入れるときと入れないときあり。

基本にプラスする具は、塩気のあるもの、旨味のあるものを。
加える具によって塩加減が違ってくるので、それぞれ味付けを調節します。

また水分の多いものを具にするとパラっとしにくくなるので注意です。

道具は中華なべとお玉か木べら。
材料道具は慌てないようにすべて前もって準備万端スタート!
炒飯を炒めるのは時間勝負なのです。

中華なべは油を入れる前によく熱するのがこつ。
油はぐっと減らしたいところですが、少ないと炒めにくくパラっとしません。

ご飯はあらかじめ温めて

ご飯は冷ご飯OKですが、冷蔵庫の冷ご飯そのままだと固まりがほぐれにくいので
一度電子レンジなどで温めた後、粗熱が取れたものを使います。
(水分が飛ぶようにご飯にフタはしない)

お玉の背中か木べらを使ってご飯を押し付けながらご飯を炒めていきます。

卵が半熟のうちにご飯を加えて卵とご飯を合わせるのもポイントです。
卵でご飯をコーティングさせる効果があります。

ご飯は水分が多くないものを

基本的に水分が多いご飯は、炒飯にはむいてません。
米の品種でモチモチ粘り気が強く水分の多いタイプ
または柔らかめに炊いたご飯だと、どんなに頑張ってもパラっとしません。

一度に炒めるご飯の量

一度に多く作ろうとすると難しくなります。2人分(ご飯300g程度)が1回。
1人分だとさらに楽に作れます。

納豆キムチ炒飯と同じ材料で作れる料理

材料: ご飯| キムチ| 納豆|

材料大分類:|穀類|缶詰・漬物・加工品|豆・大豆製品|

納豆キムチ炒飯と同じジャンルの料理

ジャンル: |