梅はちみつシロップ

蜂蜜でまろやか梅シロップ。梅のジュースで夏が来る。
梅はちみつシロップジャム・ディップ・保存食
スポンサーリンク

お菓子ジャンル

季節:

イベント:

梅の季節に梅仕事。漬かれば、夏の湯上り、ソーダ水と梅シロップ。
蜂蜜で漬ける自家製梅シロップの作り方を詳しく説明。発酵、カビ対策についても。

スポンサーリンク

材料

  • 青梅 ・・・1キロ
  • はちみつ ・・・1キロ

作り方

  1. 梅は水洗いし、水をたっぷり入れたボウルに3時間程度漬け、アク抜きをします。
  2. ザルにあげて水を切ります、1個ずつペーパータオルで水気をふきます。(水気が残らないように完全に)
  3. 竹串で茶色いヘタを取ります。(なり口)ヘタをとった後の穴の水分も紙でふきます。)
  4. 殺菌した保存瓶に梅を入れ、蜂蜜を注ぎます(酢を加える場合は酢も加える)。
  5. 冷暗所に保存し、一日一回以上、瓶をゆすって蜂蜜をいきわたらせます。(上に出た梅がシロップに浸かるように)
  6. 3週間ほどで梅がシワシワになり蜂蜜とシロップが均一になれば飲めます。実を取り出しシロップは冷蔵庫で保存します。

キッチンメモ

梅の季節に頑張って梅仕事。
夏の間お世話になる梅シロップ(梅ジュース)を作りませんか。
毎年リピートして作る夏の定番です。

無糖炭酸で割って飲むのが楽しみ。
梅のエキスと蜂蜜で、夏バテ防止やお腹の健康によいドリンクです。
梅酒が飲めないお子様にも最適。

蜂蜜梅シロップの欠点は作っているときに発酵しやすいこと。
最近は梅の時期にも気温が高い日が多くて、発酵しやすい気がします。

こちらは大人向けホワイトリカーと氷砂糖で漬ける基本の梅酒の作り方。
発酵の心配がほとんどないので、手軽に漬けることができます。

梅シロップは、水で割って梅ジュース、市販の無糖炭酸水と割って飲むと梅ソーダになります。

梅蜂蜜ジュース

ここでは梅シロップ作りのあれこれを紹介。
初めて作る方にも分かりやすいように、梅の選び方、梅の下処理の仕方、瓶について。
梅シロップ作りのコツ、酢を加えた梅サワードリンク作り。
梅シロップ作りに大敵のカビや発酵防止のコツについての説明もあります。

マジカルキッチン料理お菓子のTipsにて梅仕事Q&Aやってます。

マジカルキッチン料理お菓子のTips

マジカルキッチン季節の特集

初夏から夏の保存食カタログ、甘い物編
初夏から夏の甘い保存食レシピをまとめました。ヤマモモや桑の実を使ったジャム、梅シロップ、梅酒、梅酒を使ったケーキ等の紹介。
初夏から夏の保存食カタログ

初夏から夏のおいしい保存食、作り置きレシピを紹介します。

作り方を写真で説明

青梅

青い梅です。

梅を水につける

梅は水につけてアク抜きします。
しっかり水気を切ります。
その後紙で水気をふき、しばらく乾かしておきます。

梅のなり口をとる

梅のなり口(ヘタ)を竹串や楊枝で取り除きます。
水分は必ずしっかり拭いて乾かします。

梅に蜂蜜を注ぐ

ビンに梅を詰めて蜂蜜を注ぎます。

スポンサーリンク

梅シロップ作りに用意する道具について

広口の瓶でフタがきっちりしまる密封できるものを。
梅酒用の瓶でなくても、インスタントコーヒーや蜂蜜などの空き瓶でも作れます。
なるべくフタが金属製でないものがおすすめ。

エキスが出た後は梅の実を取り除いてシロップのみを容器に移し替えて冷蔵庫で保存します。
冷蔵庫、野菜室で保存するので、スリムな瓶、縦長の瓶の方が保存しやすいです。

水切り用のザル、梅の水分を取るためのキッチンペーパまたは清潔な布巾。
なり口(ヘタ)を取るための竹串や楊枝を用意します。

瓶の殺菌について

瓶は使用する前に殺菌します。
小さい瓶なら煮沸消毒できますが、大きなものだとお鍋に入らないので、ホワイトリカーで消毒しています。
水洗いして乾かしておいた清潔な瓶にホワイトリカーを少し入れフタをして、上下に振ってすすぎます。
瓶を振ったあとのホワイトリカーは取り除きます。

梅シロップ作りの材料について

梅シロップ作りに必要な梅と甘味料について。
梅の選び方や、梅シロップ作りで使用する甘味料のあれこれを。
甘味は蜂蜜の他にも黒糖などでも漬けることができます。
甘味料によって、香りや味が違ってくるので、目指す味、作りたい味から選びます。

梅の選び方

青梅

梅は傷がないきれいなもの粒の揃った梅を選びます。
完熟前の青梅で作ることが多いですが黄色いものでもOK。
熟しすぎて柔らかくなったものは、やめておきます。
熟した梅で作るとフルーティな良い香りがします。
青梅よりも酸味が少ない分、クエン酸は少なめ。
青梅の爽やかさには欠けますが、まろやかな感じになります。

漬け終わってエキスが出た梅はシワシワなので、それほど使い道はないですが。
煮物をするときに加えたりしてます。

梅シロップに使用する甘味料の種類について

蜂蜜の他に、黒糖、きび砂糖、上白糖、氷砂糖も使用できます。

黒糖で漬けた梅シロップは、コクがある味わいですが、梅の香りは弱くなります。
色は黒っぽい色に。
黒砂糖にはミネラルがあるので、身体によさそうです。

きび砂糖は優しい甘さの梅シロップになります。色は茶色っぽくなります。

蜂蜜で漬けるとまろやかな味わい、蜂蜜の栄養も摂ることが出来ます。

上白糖、氷砂糖で漬けた梅シロップは、クセがなく飲みやすい味。梅の香りが引き立ちます。
特に氷砂糖はすっきりとした仕上がりになります。

上白糖は、手軽につけることができます。
上白糖は溶け残りやすいので、溶け残りが出た場合はホワイトリカー等で消毒した菜箸やスプーン等で
底に沈んで溶けない砂糖を溶かしてください。

梅を大量に買った時は、色々な甘味料で作っています。
黒糖で作ったり、氷砂糖、上白糖のものも作ります。
それでも、梅を買ってまずはじめに作るのは、やっぱり蜂蜜梅。
蜂蜜の香りと梅の香りの両方が楽しめます。

砂糖で作る場合の分量の割合も梅1に砂糖0.8から1。
梅と砂糖を交互に入れて砂糖が溶けるように1日1回以上瓶をゆすります。

こちらは黒砂糖、梅、酢で漬けた梅ジュース。

冷暗所とは

梅が漬かるように置いておく場所は、冷暗所に保存します。

「冷暗所」は、家のなかで日光が当たらない場所で高温多湿でない場所をいいます。
戸棚の中などがそれにあたります。
なるべく涼しいところへ。

梅シロップ作りの困り事を解決

梅シロップ作りは、発酵(白い泡が出てくる)しやすく、濁ったり、カビも生えやすいのが困りもの。
カビ、発酵防止のコツや対策、酢を加える方法についても紹介します。

梅シロップのカビ防止対策

白いカビや青いカビ、カビを生やさないためには、梅の実をなるべく蜂蜜や砂糖、シロップに漬けておくこと。
上部の実だけがシロップや砂糖から飛び出て空気に触れているとカビが生える原因になります。
そのために1日1回瓶を揺すって、梅の実がシロップに漬かるようにします。

砂糖や蜂蜜の割合が少なすぎてもカビの原因になります。

また梅の水気を取るのが不十分。梅が傷んでいた。
瓶や道具の消毒が不十分だと、菌の影響でカビや傷みの原因になります。

梅シロップの発酵防止対策

蜂蜜で作ると特に発酵しやすく、発酵すると風味が落ちてしまいます。
なるべく涼しい場所に置き、エキスが出る頃3週間たったら冷蔵庫で保存がおすすめです。
エキスが出たあとは、実は取り出し、シロップのみを冷蔵庫で保存します。

発酵防止に酢(まろやかなリンゴ酢でも)を加えるのも、発酵を抑える効果があります。
梅の重さの10%程度加えます。
酢を多めに加えると、梅と酢と砂糖で漬けるサワードリンクになります。
こちらは酢を加えない梅シロップよりも、酸味がありますが、酢が入る分発酵しにくいのと。
梅の実を入れたまま保存してもOKになります。

お酢の香りは気になりません。
使用する酢の種類は、米酢、穀物酢、リンゴ酢などどれでも構いません。
リンゴ酢を使うとよりマイルドになります。

梅シロップにカビや発酵した時の対応策

カビや発酵、初期の段階なら救えます。(匂いと味がおかしくなければ)

もしカビが生えてしまったら、カビが生えた実は取り除きます。
残った梅と液を鍋で加熱して瓶に入れます。
沸騰させてから完全に冷まします。
梅がシワシワになってエキスが十分出ているようなら梅の実は入れません。
その後は冷蔵庫へ入れて保存します。

発酵してしまった時(少々泡が出るくらいならそのまま冷蔵庫へ)も、梅と液を加熱し沸騰させます。
白い泡のようなアクが出ればすくいます。
これはもう飲めない危ないの見極めは、匂いや見た目でわかるので、自分の目と鼻で確かめます。
嫌な匂いと味がしたらやめておきます。

梅仕事の難易度、手間度

簡単>>>難しい
梅酒>梅ジャム>梅のサワードリンク>梅シロップ

梅酒は梅と氷砂糖、ホワイトリカーで漬けるだけで意外と簡単。
カビや発酵の心配もあまりないので、初めての人にも失敗なし。
梅ジャムも種を取るのが意外と楽、簡単にぷるんと固まるジャムができます。