蜂蜜でまろやか梅シロップ。梅のジュースで夏が来る。

梅はちみつシロップ


ジャンル: , 主な食材: , 季節:

梅の季節に梅仕事。漬かれば、夏の湯上り、ソーダ水と梅シロップ。
蜂蜜で漬ける自家製梅シロップの作り方を詳しく説明。発酵、カビ対策についても。

梅はちみつシロップ

Photo: by Magical Kitchen

調理時間: 3時間30分 分量: 作りやすい分量分

材料

  • 青梅 ・・・1キロ
  • はちみつ ・・・1キロ

作り方

  1. 梅は水洗いし、水をたっぷり入れたボウルに3時間程度漬け、アク抜きをします。
  2. ザルにあげて水を切ります、1個ずつペーパータオルで水気をふきます。(水気が残らないように完全に)
  3. 竹串で茶色いヘタを取ります。(なり口)ヘタをとった後の穴の水分も紙でふきます。)
  4. 殺菌した保存瓶に梅を入れ、蜂蜜を注ぎます(酢を加える場合は酢も加える)。
  5. 冷暗所に保存し、一日一回以上、瓶をゆすって蜂蜜をいきわたらせます。(上に出た梅がシロップに浸かるように)
  6. 3週間ほどで梅がシワシワになり蜂蜜とシロップが均一になれば飲めます。実を取り出しシロップは冷蔵庫で保存します。

キッチンメモ

梅の季節に頑張って梅仕事。
夏の間お世話になる梅シロップ(梅ジュース)を作りませんか。
毎年リピートして作る夏の定番です。

無糖炭酸で割って飲むのが楽しみ。
梅のエキスと蜂蜜で、夏バテ防止やお腹の健康によいドリンクです。
梅酒が飲めないお子様にも最適。

こちらは大人向けホワイトリカーと氷砂糖で漬ける基本の梅酒の作り方。

梅シロップは、水で割って梅ジュース、市販の無糖炭酸水と割って飲むと梅ソーダになります。

梅蜂蜜ジュース

ここでは梅シロップ作りのあれこれを紹介。
初めて作る方にも分かりやすいように、梅の選び方、梅の下処理の仕方、瓶について。
梅シロップ作りのコツ、酢を加えた梅サワードリンク作り。
梅シロップ作りに大敵のカビや発酵防止のコツについての説明もあります。

作り方を写真で説明

青梅

青い梅です。

梅を水につける

梅は水につけてアク抜きします。
しっかり水気を切ります。
その後紙で水気をふき、しばらく乾かしておきます。

梅のなり口をとる

梅のなり口(ヘタ)を竹串や楊枝で取り除きます。
水分は必ずしっかり拭いて乾かします。

梅に蜂蜜を注ぐ

ビンに梅を詰めて蜂蜜を注ぎます。

梅シロップ作りに用意する道具について

広口の瓶でフタがきっちりしまる密封できるものを。
梅酒用の瓶でなくても、コーヒー、蜂蜜などの空き瓶でも作れます。
フタが金属製でないものを。

エキスが出た後は梅の実を取り除いてシロップのみを容器に移し替えて冷蔵庫で保存します。
冷蔵庫、野菜室で保存するので、スリムな瓶、縦長の瓶の方が保存しやすいです。

水切り用のザル、梅の水分を取るためのキッチンペーパまたは清潔な布巾。
なり口(ヘタ)を取るための竹串や楊枝を用意します。

瓶の殺菌について

瓶は使用する前に殺菌します。
小さい瓶なら煮沸消毒できますが、大きなものだとお鍋に入らないので、ホワイトリカーで消毒しています。
水洗いして乾かしておいた清潔な瓶にホワイトリカーを少し入れフタをして、上下に振ってすすぎます。
瓶を振ったあとのホワイトリカーは取り除きます。

梅シロップ作りの材料について

梅シロップ作りに必要な梅と甘味料について。
梅の選び方や、梅シロップ作りで使用する甘味料のあれこれを。
甘味は蜂蜜の他にも黒糖などでも漬けることができます。
甘味料によって、香りや味が違ってくるので、目指す味、作りたい味から選びます。

梅の選び方

青梅

梅は傷がないきれいなもの粒の揃った梅を選びます。
完熟前の青梅で作ることが多いですが黄色いものでもOK。
熟しすぎて柔らかくなったものは、やめておきます。
熟した梅で作るとフルーティな良い香りがします。
青梅よりも酸味が少ない分、クエン酸は少なめ。
青梅の爽やかさには欠けますが、まろやかな感じになります。

漬け終わってエキスが出た梅はシワシワなので、それほど使い道はないですが。
煮物をするときに加えたりしてます。

梅シロップに使用する甘味料の種類について

蜂蜜の他に、黒糖、きび砂糖、上白糖、氷砂糖も使用できます。

黒糖で漬けた梅シロップは、コクがある味わいですが、梅の香りは弱くなります。
色は黒っぽい色に。
黒砂糖にはミネラルがあるので、身体によさそうです。

きび砂糖は優しい甘さの梅シロップになります。色は茶色っぽくなります。

蜂蜜で漬けるとまろやかな味わい、蜂蜜の栄養も摂ることが出来ます。

上白糖、氷砂糖で漬けた梅シロップは、クセがなく飲みやすい味。梅の香りが引き立ちます。
手軽につけることができます。
上白糖は溶け残りやすいので、溶け残りが出た場合はホワイトリカー等で消毒した菜箸やスプーン等で
底に沈んで溶けない砂糖を溶かしてください。

梅を大量に買った時は、色々な甘味料で作っています。
黒糖で作ったり、氷砂糖、上白糖のものも作ります。
それでも、梅を買ってまずはじめに作るのは、やっぱり蜂蜜梅。
蜂蜜の香りと梅の香りの両方が楽しめます。

砂糖で作る場合の分量の割合も梅1に砂糖0.8から1。
梅と砂糖を交互に入れて砂糖が溶けるように1日1回以上瓶をゆすります。

こちらは黒砂糖、梅、酢で漬けた梅ジュース。

冷暗所とは

梅が漬かるように置いておく場所は、冷暗所に保存します。

「冷暗所」は、家のなかで日光が当たらない場所で高温多湿でない場所をいいます。
戸棚の中などがそれにあたります。
なるべく涼しいところへ。

梅はちみつシロップと同じ材料で作れるお菓子

材料:|蜂蜜|

材料大分類:果物|調味料・甘味・香辛料|

梅はちみつシロップと同じジャンルのお菓子

ジャンル: |