黄色く熟した梅の実を閉じ込めた贅沢な季節の瓶詰め、意外と簡単。

梅ジャム


ジャンル: 主な食材: 季節:

フルーティーで甘酸っぱい梅ジャム、梅の季節の梅仕事。
自家製梅ジャムのコツを紹介します。

梅ジャム

Photo: by Magical Kitchen

材料/分量/約1200ml分

  • 黄梅 ・・・1キロ
  • 砂糖 ・・・900g

作り方

  1. 梅は水洗いし、竹串で茶色のなり口(ヘタ)を取り除きます。
  2. 鍋に梅を入れて、水をたっぷり加え弱めの火にかけ70℃から80℃程度の湯になり、数個の梅の皮に裂け目が入った所で火から下ろし、粗熱がとれるまで冷まします。
  3. 梅をボウルに移し、梅の実を手で潰しながら種をとりわけます。
  4. 種だけを別の器に入れて少量の水を加え、種の周りの果肉を取ります。
  5. ステンレスかホウロウの鍋に3と4と砂糖の半量を加えて強めの中火で、時々木ベラで混ぜながら煮ます。
  6. 5分ほど煮て残りの砂糖も加えます。アクを取り除きながら煮て、とろみがつけば火を止めます。
  7. 煮沸消毒した瓶にジャムを縁いっぱいまで詰め、フタをして布巾の上に逆さまにして冷まします。詳しくは下のメモに。

キッチンメモ

梅の果肉が味わえる、甘酸っぱい梅のジャムです。
香りもよく、アプリコットジャムに似た味わい。
パンやクラッカーに塗ったりヨーグルトにも。

梅で作る保存食、梅酒や梅シロップだと、寝かせておく時間が必要ですが。
この梅ジャムはすぐに食べられるところも魅力的。
(1~2日置くと味がなじんでよりおいしくなります。)
また果肉を思う存分味わえるのも梅ジャムならでは。

梅ジャムのポイント

梅ジャムの砂糖の割合は、他の果物よりも酸味があるので砂糖を多めにします。

梅ジャムは砂糖の割合が多いため、濃度もつきやすいので、煮るときには、煮詰め過ぎないように気をつけます。
長期の保存をせずにすぐに食べきる場合は、清潔な瓶に詰めて冷蔵庫で保存。
ジップロックなどに詰めて冷凍庫で保存しても結構持ちます。

ここでは、梅ジャムに使う梅、黄色い梅、青梅の違いについて。
ジャムを作る際の基本的な注意点。
作ったジャムの保存法などを書いています。

作り方を写真で説明

黄色い梅

黄色の熟した梅を使います。なんとも言えない良い香りがします。

ヘタを取る

竹串で梅のヘタをとります。

梅を湯につける

梅をたっぷりのお湯につけます。

梅の実が破れてくる

あまり茹で過ぎると梅が柔らかくなりすぎて崩れます。
数個に亀裂が入る程度で火から下ろします。

梅を潰す

ボウルに梅を入れて、手で実をつぶします。
柔らかいのですぐに潰れます。

種を洗う

種だけを別の器に移して、水を少量入れて、種の周りの実をとります。
この液もジャム作りに加えます。

砂糖を加えて煮る

鍋に潰した梅の実と種の周りからとった液、砂糖を加えて火にかけます。
弱い火でコトコト煮るのではなく、なるべく中火の強めで短時間で仕上げるようにします。

ビンの口ギリギリまでジャムを入れる

出来上がったジャムは熱いうちに熱いビンに詰めます。
ふちギリギリまでジャムを詰め、すぐにフタをしめます。逆さまにして冷まします。

黄色い梅のジャム、青梅ジャムの違い

青梅

梅ジャムに使う梅は、黄色い梅、青梅どちらでも作ることが出来ます。
青梅の方がアクが強いので、アク抜きが必要になる点が違ってきます。
また青梅は実が固く、黄色い梅は実が柔らかいです。

黄色い梅

黄色い熟した梅で作った梅ジャムは色は透き通った黄色。
香りがとてもフルーティーなジャムができます。

一方、青い梅はまだ熟していないので、酸味のあるジャムになり。
香りはさわやかな梅の香り。
アクが残るとエグみや苦味になるので、アク抜き作業をしっかりします。

青梅ジャムアク抜きの方法

青梅は洗って3時間程度水につけておきます。
ヘタを取り、鍋に梅と水を入れて中火にかけ、沸騰してアクが浮いてきたらザルに上げます。
この作業を2,3回繰り返します。
最後は、ザルにあげて水に15分漬けます。
その後は水気を切ってボウルに入れて実をつぶしながら種をとります。
梅と砂糖を煮る作業の時アクが浮いてきたら丁寧にすくいます。

梅ジャムと同じ材料で作れるお菓子

材料:|

材料大分類:果物|

梅ジャムと同じジャンルのお菓子

ジャンル: