定番ちくわの磯辺揚げ、お弁当にも。

ちくわの磯辺揚げ


主な食材: ジャンル:

磯の香りの青のりで定番ちくわの磯辺揚げ
揚げたてはもちろん、お弁当にもぴったりです。

ちくわの磯辺揚げ

Photo: by Magical Kitchen

材料/分量/2人分

  • ちくわ ・・・5本
  • 薄力粉 ・・・20g
  • 青のり ・・・小さじ1
  • マヨネーズ ・・・小さじ1
  • 冷水 ・・・大さじ2

作り方

  1. ちくわは斜め半分に切ります。
  2. ボウルに小麦粉と片栗粉、青のり、マヨネーズを入れ、冷たい水を加えて混ぜます。
  3. ちくわに衣をからめ、170℃の油で揚げ、油を切ります。

キッチンメモ

海苔弁なんかに入ってるちくわの磯辺揚げ。
お弁当に入っているとうれしいおかず。
磯の香りがいいですね。

そういえば、運動会、遠足のお弁当に入ってたっけ。
ちくわの磯辺揚げは、給食で人気があったなぁ。
家族で行く、うどん屋さんの天ぷらコーナー。
ちくわの磯辺揚げ必ずお皿に乗せてもらってた。
などなど思い出も蘇ります。
家で作ると、さくっとした揚げたてが食べられるのがうれしいですね。

天ぷら鍋にたっぷり油を入れるのが面倒なときは、フライパンに油を1センチ程度入れて揚げます。
底部分が焦げやすいので注意します。

ちくわの磯辺揚げのコツ

天ぷらの衣を作るときは、菜ばしでさっくと混ぜます。粉が残る程度で構いません。
ねちねちと混ぜすぎないようにします。
ちくわが膨らめば揚がった証拠。
あまり揚げすぎるとちくわが固くなるので、揚げすぎないようにします。

天ぷらのコツ

カラッとさくっとした天ぷらは、なによりのごちそうです。
海鮮他、野菜を揚げたり、かき揚げを作ったり、ちくわの磯辺揚げだってコツを覚えたら、ごちそう天ぷらに。

天ぷらの衣作りのコツ

天ぷらの衣は、粘りであるグルテンを出さないようにするのがコツ。
そのためには、冷水を使う事が大事になります。温度が上がると粘りが出ます。

混ぜるときには菜箸を使って、泡立て器などは使いません。
そして混ぜすぎないこと。ダマが残っていて大丈夫です。混ぜすぎると粘りがでるので、混ぜる回数はなるべく減らします。

衣づくりは直前に行う事。
時間が経つことで粘りがでる、置いておくことで温度が上がって粘りがでるのを防ぐために直前に作ります。

衣に卵を入れない場合、少量マヨネーズを加えるとさくっと仕上がります。薄力粉50g(大さじ約5強)で水が大さじ5、マヨネーズが大さじ1の割合です。

天ぷらの衣

天ぷらの衣を作ります。

天ぷらを揚げる温度

魚介類を揚げる時は、180℃で揚げ終わりは少し火を強めます。
野菜の天ぷらは160~170℃、かき揚げは170℃程度で揚げます。
大きさや厚みにもよるので泡や音、揚げているものの色づき加減をみつつ火加減を調節します。

フライパンで少なめの油で揚げ物をする場合も、油の温度が不安定になりやすいので、こまめに火加減を調節します。

水気はしっかりとる

天ぷら以外の揚げ物でも同じですが、材料に水気がついていると揚げた時に油がハネます。
キッチンペーパーなどで水気はふいておきます。
使用する鍋、フライパンも水のついていないものを。

一度に多く揚げすぎない

一度にたくさん材料を入れると油の温度が下がるので、鍋の面積の半分程度を目安に揚げていきます。

揚げ終わり

揚げ終わりは鍋から箸で材料をつまんで、数回振って油を切り、油切り用の網や紙にのせます。

ちくわの磯辺揚げと同じ材料で作れる料理

材料: ちくわ、カニカマ等練り物| マヨネーズ| 青のり|

材料大分類:乾物・海藻|調味料・甘味料・香辛料|魚介類|

ちくわの磯辺揚げと同じジャンルの料理

ジャンル: