ホームベーカリーでかぼちゃチーズケーキ

ホームベーカリーでかぼちゃのチーズケーキ、簡単が一番。
ホームベーカリーでかぼちゃチーズケーキケーキ
スポンサーリンク

お菓子ジャンル

製菓器具: /

季節: //

イベント:

ホームベーカリーを使った簡単チーズケーキの作り方を紹介。
かぼちゃ入りの色がきれい、しっとりしたチーズケーキです。

スポンサーリンク

材料

  • 蒸しかぼちゃ(皮つき) ・・・160g(正味)
  • クリームチーズ ・・・200g
  • 薄力粉 ・・・20g
  • バニラアイスクリーム ・・・140ml
  • きび砂糖 ・・・大さじ2
  • 卵(Mサイズ) ・・・1個

作り方

  1. かぼちゃは種、ワタをとり2センチ程度の一口大にカットして、塩少々(分量外)をふり耐熱性の皿にのせ、軽くラップをするかレンジ用のフタをして電子レンジ500wで約3~4分前後加熱して柔らかくし冷まします。薄力粉はザルに入れてふるっておきます。卵は器に割りほぐして砂糖を加えて混ぜます。
  2. ホームベーカリーのパンケースに羽をセットしかぼちゃ、バニラアイスも加えます。クリームチーズは耐熱皿に乗せ電子レンジ600wで約40秒加熱し、スプーンですくってパンケースに入れます。
  3. ケーキボタンを押し5分程度混ぜればフタをあけ、卵液、薄力粉も加えて再度混ぜ、粉落としの合図がなれば、ケースの周りの粉を落とし、スタートボタンを押します。
  4. 焼き上がればパンケースを取り出し、ケースの中で冷まします。冷めればケースから取り出して冷蔵庫で冷やし切り分けます。

キッチンメモ

型、オーブンなしでホームベーカリーで作るベイクドチーズケーキです。
ホームベーカリーのケーキ機能を活用します。
パンケースに材料を混ぜていくだけ。
あとはホームベーカリーにおまかせです。

ただ2つのコツがあって。
クリームチーズは柔らかくしておくこと。
かぼちゃも柔らかくしておくこと。(今回は皮ごと使うので皮まで)
この2つが守られないと食感が悪くなります。

かぼちゃは潰さずに入れるので、かぼちゃの固まりが所々残ってアクセントに。
皮を入れたくない場合は前もって皮を除いて蒸すか。
かぼちゃ1/4や1/2等分を蒸した後に皮と実にわけて皮は入れずに作ります。
全体的になめらかに作りたい場合は蒸したかぼちゃをつぶして加えます。

混ぜる作業は機械まかせなので、これはもう手でやるよりもぐっと楽です。
一番気を使うのは取り出す作業かも。

今回は生クリームのかわりにバニラアイスを使うことにしました。 

アイスクリームは森永乳業MOW(モウ)バニラ味を使用。
1個140ml

アイス売り場に行って色々な商品のパッケージを見ると
「ラクトアイス」「アイスミルク」「アイスクリーム」とあるのが分かります。
おすすめは種類「アイスクリーム」とあるもの
乳固形分、乳脂肪分が他よりも高いのでおすすめです。

かぼちゃ入りのベイクドチーズケーキ。

かぼちゃを使ったレアチーズケーキもおすすめです。

オーブンで焼くかぼちゃの本格ベイクドチーズケーキもあります。

作り方を写真で説明

一口大にカット

種ワタ、皮を取ったかぼちゃを一口大にカットします。

電子レンジにかける

ラップかフタをしてレンジにかけます。
必ず柔らかくなるまで加熱します。

かぼちゃをつぶす

2/3量のかぼちゃは、つぶします。

クリームチーズを柔らかくする

クリームチーズを柔らかくしておきます。

スプーンですくってパンケースに

スプーンでクリームチーズをすくってパンケースに。

砂糖、かぼちゃ等も加えて混ぜる

砂糖、かぼちゃ等も加えてスイッチを押してケーキコーススタート。
羽が回って、かぼちゃ、クリームチーズを混ぜます。

卵液、生クリーム、粉も加える

卵液、生クリーム、粉も加えて混ざればケーキ生地完了。

焼き上がり

焼きあがりました、周りが縮んでいるので取り出しやすいです。
冷ましてから取り出します。

取り出したところ

取り出したチーズケーキ。
冷蔵庫で半日から一晩冷やしてから切り分けます。

アイスクリームなしで作りたい場合

以前登場したときはアイスクリームなしで生クリームを使って作りました。
いわゆる普通のチーズケーキを作る場合と同じ材料にかぼちゃを加えたかんじです。

アイスクリームで作るよりも濃厚に焼きあがります。
(使用する生クリームの脂肪分にもよりますが)

お好みでシナモンやラム酒、バニラエッセンスを加えても。

アイスクリームなしでの材料・作り方

  • 蒸しかぼちゃ(皮つき) ・・・150~180g
  • クリームチーズ ・・・200g
  • 薄力粉 ・・・20g
  • 生クリーム ・・・100ml
  • きび砂糖 ・・・40g
  • 塩 ・・・少々
  • 卵 ・・・1個
  1. かぼちゃは種、ワタをとり2センチ程度の一口大にカットして、塩少々(分量外)をふり耐熱性の皿にのせ、軽くラップをするかレンジ用のフタをして電子レンジ500wで約3~4分前後加熱して柔らかくし冷まします。薄力粉はザルに入れてふるっておきます。
  2. ホームベーカリーのパンケースに羽をセットします。卵をボウルに溶きほぐします。クリームチーズは耐熱皿に乗せ電子レンジ600wで約40秒加熱し、スプーンですくってパンケースに入れます。かぼちゃ、砂糖、塩も加えます。
  3. ケーキボタンを押し5分程度混ぜ、卵液、生クリームを順にケースに入れて薄力粉も加えます。粉落としの合図がなれば、ケースの周りの粉を落とし、スタートボタンを押します。
  4. 焼き上がればパンケースを取り出し、ケースの中で冷まします。冷めればケースから取り出して冷蔵庫で冷やし切り分けます。

ホームベーカリーでかぼちゃのチーズケーキの基本的な流れ

事前に、クリームチーズを柔らかくしておく。
かぼちゃを加熱しておく。(完全に柔らかくなるまで)
卵を混ぜておく。

パンケースにクリームチーズ、かぼちゃ、砂糖、塩を加えて5分ほど混ぜる。
(5分経っても合図音は鳴らないので、自分で確認を)

卵液、生クリームを順に加える。
粉落としの合図がなったらパンケース内の周囲についた粉(があれば)を落とす。
粉落としをしてもう一度スタートボタン。
その後自動で焼きに入ります。

マジカルキッチンで使用しているホームベーカリーはPanasonicのものです。
お使いのホームベーカリーの説明書やクッキングブック等も参考にしてください。

ホームベーカリーでチーズケーキのポイント

生地の配合で気をつけるのが、ゆるくしすぎないこと。
以前水分が多めのゆるい生地のチーズケーキを試作したときのことです。
庫内に液が飛び散って大失敗でした。

あとは初めて作る方が、焼きあがりのチェック方法で分かりにくい点。
焼き上がり竹串を刺すと、柔らかい生地がついてくるかもしれませんが
生のトロトロ液体状の生地でない限り大丈夫です。

取り出す作業について

焼き上がり生地の周りが縮むので取り出しやすくなります。
ゴムベラで生地の周りを1周させてパンケースをひっくり返し
手でケーキを受けてお皿に乗せます。

金属製のナイフや包丁を使うとパンケースに傷がつくので要注意です。

温かいうちは崩れやすいので必ず完全に冷めてから取り出します。

チーズケーキのカットについて

冷蔵庫でしっかり冷やした後カットします。

焼きあがったパンケースのままの形だと羽の穴も
あいていて、微妙な塊なのですが
切り分けてやると、チーズケーキらしくなります。

好きな形に切り分けます。
棒状に切り分ければスティックチーズケーキに。
厚みを半分にして三角形に切り分けたものもかわいいです。
小さめにカットすると、つまみやすくなります。