日本のドライフルーツ干し柿、寒くて乾燥した日が続いたら作りごろ。

干し柿


ジャンル: , 主な食材: , 季節: ,

寒くなったら干し柿の季節、干し柿作りのコツを紹介。
ふっくらヨーグルト漬けなど食べ方の紹介も。

干し柿

Photo: by Magical Kitchen

調理時間: 1時間 分量: 作りやすい分量分

材料

  • 渋柿 ・・・28個
  • 焼酎 ・・・適量

作り方

  1. 寒風が吹き、カラッとした日が続く気候になるまで待ちます。ビニールひもや麻ひも(70センチにカット)を用意し焼酎はスプレー容器、霧吹きに入れておきます。柿は洗って上の部分から下に皮をむきます。(枝にひもをくくるので枝、ヘタは残す)
  2. ひもに柿を7センチ間隔にくくりつけていきます。
  3. ハンガーに2本ずつつるして、軒下など風通しがよく雨に当たらない場所につるします。(物干し台など)(夜は取り込む)
  4. 表面が乾けば、手で優しくもみます。(柔らかく仕上げるため)3日ごとに柿を揉み1か月程度干します。

キッチンメモ

寒くて乾燥した日が続いたら干し柿の季節。
渋柿を干したら渋さが抜けて甘くなるのが不思議です。
皮はピーラーでむいてもOKです。

  • 干し柿作りを写真で説明
  • 干し柿は寒さが作る、干し柿作りのコツ
  • 干し柿の保存と食べ方アレンジについて

作り方を写真で説明

渋柿

渋柿を用意します。

枝付きの渋柿

ヒモにくくりつけるので枝付きのものを

皮をむいてヒモにくくる

皮をむいて枝をひもにくくります。

物干し台などにつるす

物干し台などにつるします。

干し柿は寒さが作る、干し柿作りのコツ

干し柿作りの最大の敵は「カビ」
まだまだあたたかい、そして雨が多い、ムシムシしている。
こんな気候の時に作るとカビが発生。

いつまでも温かい気候が続いた年のこと。
11月の終わりに作った干し柿、カビが大発生して大変でした。

干し柿作りに向いているのは、寒い、空気が乾燥している気候です。
空気がピリッと、寒風が吹いて
いよいよ冬らしくなってきたなぁ、寒いなぁ。
そんな日が続いたら干し柿作りにいい季節。
寒さは苦手だけど、そろそろ干し柿大丈夫だと思うと寒くなるのも楽しみになります。

もし枝がない柿の場合は、つまようじを横に突き刺して、ひもでくくってください。

焼酎はカビ予防のために使います。
霧吹きやスプレー容器に入れて吹きかけると満遍なく柿に吹きかけられます。
高級なものでなくてOK、ホワイトリカー、度数の高いものを使います。

干し柿の保存と食べ方アレンジについて

できあがった干し柿、意外にかびやすいです。
置き場所、地方にもよりますが、2~4週間が目安。
置く場所は乾燥した冷たい場所に。
それ以上保存したい場合は、焼酎漬けにしています。

ふっくらするので食べやすいです。

干し柿のヨーグルト漬け

干し柿をそのまま食べるのが苦手な方はヨーグルトで戻すのもおすすめ。
プレーンヨーグルトに干し柿を入れて一晩置いておくと
あら不思議、濃厚ヨーグルト(水気部分が干し柿に移動)とふっくら戻ったドライフルーツの出来上がり。
これを刻んでマフィンなど焼き菓子に入れても美味しそうです。

味は干し柿にヨーグルトの酸味が加わるので、干し柿っぽくないデザート風な味になります。

干し柿と同じ材料で作れるお菓子

材料:その他果物|

材料大分類:果物|

干し柿と同じジャンルのお菓子

ジャンル: |