漬けるだけで高級天然スイーツ、干し柿の焼酎漬け。

干し柿の焼酎漬け


ジャンル: , , 主な食材: 季節:

干し柿を焼酎に漬けるだけで
絶品デザートの出来上がり、ふっくら戻った干し柿が甘露。

干し柿の焼酎漬け

Photo: by Magical Kitchen

分量: 作りやすい分量分

材料

  • 干し柿 ・・・適量
  • 焼酎 ・・・適量

作り方

  1. フタ付きの清潔な容器に干し柿を詰め、焼酎を干し柿がヒタヒタに浸る程度まで加え、フタをして冷暗所か冷蔵庫で保存します。
  2. 干し柿が数日後柔らかくなれば食べられます。

キッチンメモ

干し柿が柔らかとろける絶品大人のデザートに。
元が干し柿なのに、盛りつけ具合によっては、高級スイーツ、お取り寄せグルメっぽい風格もあります。
お酒に漬けておくだけで、干し柿がふっくらと柔らかく戻って香りもよく、味もギュッと甘い。

数個余った干し柿で作ってもよし、瓶を1本用意してたっぷり作っても。
保存する場合は、寒い季節は冷暗所か冷蔵庫で。

お酒はアルコール25度の甲類焼酎を使っています。クセがなく食べやすいです。

干し柿はそのまま食べるのがそれほど好きではなかったので、家で干し柿を作ることもありませんでした。
ところがこの干し柿の焼酎漬けを食べてからは、毎年自分で渋柿を買って干し柿を作るようになりました。
寒くないと干してもカビたり、虫が来たり腐るので干し柿作りは寒くなってから。
毎年季節を感じながら作っています。
作ったものは焼酎に漬けて楽しんでいます。

干し柿に焼酎を注ぐ

干し柿の焼酎漬けアレンジ

他にも果実酒用のブランデーでも作っていて、そちらも同じように作れます。

日本酒を使ってみたこともあります。
こちらもふっくら戻ります。
日本酒の匂いが少々残る感じはします。
焼酎のほうがアルコールの度数が高いので日持ちがします。

それほど癖のないタイプの芋焼酎でもおいしくできます。

また、乾燥のプルーンをラム酒ではなく焼酎に漬けたものも冷蔵庫に常備しています。
以前はラム酒に漬けていたのですが、ある時焼酎に漬けてみたところ、ラム酒よりもマイルドで香りも。
それからはプルーンは焼酎漬けにして、お菓子作りにも使っています。

もう一つ漬けているのがヨーグルト。
プレーンヨーグルトの中に干し柿をつけて一晩以上置きます。
これもまたふっくら戻って食べやすいのです。

干し柿はヨーグルトの水分を吸うので、干し柿に酸味が入ります。
ヨーグルトを加える分甘さも抜けます。
残ったヨーグルトは水分が抜けて固めになります。
干し柿とは違う食べ物のようになって面白いですよ。

干し柿の焼酎漬けと同じ材料で作れるお菓子

材料:その他ドライフルーツ・ナッツ|

材料大分類:ナッツ・種子・ドライフルーツ|

干し柿の焼酎漬けと同じジャンルのお菓子

ジャンル: ||