イーストパンケーキ

時間はかかるけど、また作りたくなる。イーストで発酵させたパンケーキ。
イーストパンケーキパンケーキ・ホットケーキ・クレープ
スポンサーリンク

お菓子ジャンル

製菓器具: /

季節:

国・地域:

レシピキーワード:

モッチリしっとりふんわりしたパンケーキ。
イーストを使って発酵させて作ります。

スポンサーリンク

材料

  • 中力粉または薄力粉  ・・・200g
  • 全粒粉  ・・・50g
  • インスタントドライイースト ・・・小さじ1
  • はちみつ ・・・大さじ2
  • 塩 ・・・小さじ1/3
  • 卵 ・・・2個
  • 牛乳または無調整豆乳 ・・・330ml

作り方

  1. 大きめのボウルに粉、塩を加えて泡だて器で混ぜ、真ん中に穴をあけるように粉を寄せて卵を割り入れて、卵部分をかき混ぜて卵をほぐします。
  2. 牛乳は耐熱性のカップに入れて電子レンジで約40~50秒程度温めて、蜂蜜を入れて溶かし、人肌程度の温度まで冷まします。(イーストが働きやすいように、体温程度の温度にする、熱すぎてもだめ)イーストを加えて混ぜます。
  3. ボウルに温めた牛乳を2回に分けて加えて、その都度泡立て器で混ぜます。なめらかになればOK。
  4. ラップをかけて温かいところで約1時間~1時間半置いて発酵させます。(気候(温度)によって発酵時間はかわってきます。)(目安、室温26℃程度で1時間ちょっと)(調理時間外)
  5. ホットプレートを180℃に温めておき、油は塗らず、生地をお玉に1杯丸く流し入れ焼きます。(温度は140~160℃、こまめに調節する)
  6. プツプツと穴があいてきて、裏にこんがりした焼色がついたら、裏返します。裏側は軽く焼色がつくまで焼きます。

キッチンメモ

ふんわりもっちりしたパンケーキ。
今回はイーストで発酵させて作るパンケーキレシピ。
甘さは控えめなので、食事用パンケーキにもなります。

イーストで発酵させるのは、時間はかかるけれど。
パン作りのようにこねる作業はないので、手間はかかりません。

発酵させたパンケーキは香りが違う!
あと、しっとり、もっちりした感じが新鮮ですよ。

豆乳は牛乳、はちみつは砂糖にかえても作れます。

パンケーキの焼き方の温度の目安、詳しいコツは焼き方のコツで説明しています。

焼くのはもちろんフライパンでもいいのですが、ホットプレートだと何枚も焼けるので、最近はホットプレート派です。

発酵について

発酵完了は、ぶくぶく泡が出て、全体的にふんわりとした生地になって、量も増えている状態になります。
発酵時間は季節によってかわります。寒い時期はなかなか発酵しなくて、何時間もかかったりします。
前の晩作って冷蔵庫に入れて一晩おいて朝焼いても。
溶かしバターを加えたり、焼くときにバターを使って焼くとリッチなパンケーキに。
粉の一部をそば粉や全粒粉にかえても、風味がいいですよ。

イーストを温めた豆乳に入れる時の温度に注意してください。
温度が高過ぎるとイーストが死んでしまって発酵しなくなります。

マジカルキッチン動画でレシピ

発酵前の生地、発酵後の生地の状態。
動画で見るとわかりやすい。

マジカルキッチン魔女のお茶会スイーツレシピ動画集

youtubeのプレイリストになります。

イーストパンケーキの作り方を写真で説明

イーストパンケーキ材料

イーストパンケーキの材料です。
結構シンプル。

イーストが古い、保存状態が悪いと、発酵が悪くなるので気を付けて。

ボウルに卵を加える

中央に穴をあけるように粉を脇によせて、くぼみを作って
卵を落として混ぜます。(卵部分のみ混ぜる)

牛乳を温める

牛乳や豆乳を温めます。
蜂蜜を加えて人肌まで冷めれば、イーストを加えて混ぜます。

牛乳を加えて混ぜた生地

ボウルに牛乳を加えて混ぜた生地です。
結構ゆるめの生地です。

ラップをして発酵させる

ボウルにラップをかけて寝かせて、発酵させます。

発酵したパンケーキ生地

発酵したパンケーキ生地です。
寒い時は発酵に時間がかかります。

穴があいたパンケーキ生地

ホットプレートで焼きます。
穴があいてきて、裏側にいい焼き色がつけば、裏返します。

パンケーキ焼き上がり

パンケーキ焼き上がり。

イーストパンケーキ

ちょっとムラになった焼きあがり。
焼く時に油を塗ったのですが。
それがムラになっていたようです。

これはこれでかわいいかも。

ホットケーキ・パンケーキの基本の焼き方

生地をおたまで鉄板やフライパンに流し入れる時。
ついつい生地を何度も継ぎ足してしまうことありますよね。
その場合、継ぎ足した所が輪になって年輪のようになります。
段がついて焼けます。それを防ぐためには?
生地はある程度の高さから一度に一気に入れます。
高い位置から流し入れると綺麗な丸になりやすいです。

生地を流し入れるお玉はいつも同じものを使う
生地の量の目安がわかりやすくなります。

厚めのホットケーキや火の通りが悪い食材が入るときは。
フライパンやホットプレートにふたをして焼きます。

生地に小さい穴がプツプツ空いてきたら、裏返しのサイン。
裏側においしそうな焼色がついていたら、ひっくりかえします。
焼色が薄ければもう少し焼きます。
火力、温度が低いようなら火力、温度を上げます。
生地全体に大きな穴がボコボコあくのは焼き過ぎです。
ガスが抜けてホットケーキの膨らむ力がなくなってしまいます。
大きな穴だらけになる前に裏返します。

ホットプレートなどで焼く

ホットケーキに穴がプツプツあいてきます。

こんがり焼けたら裏も焼く

穴があいてきたら、裏側を確認しておいしそうな焼色がついていたら裏返します。

ホットプレートでホットケーキ・パンケーキを焼くコツ

ホットケーキパンケーキをフライパンで焼いてももちろんいいのですが
ホットプレートだと一度に数枚焼けて時短に。
ホットプレートが大活躍してくれてます。
マジカルキッチン流ホットプレートでホットケーキ・パンケーキをきれいに焼くコツを紹介します。

ホットプレートに油は塗らないほうが、焼色が均一になる

ホットプレートの大半は、鉄板の面にフッ素などをコーティングしてあります。
そのため、焼いてもくっつかないようになっています。
(状態によってはくっつくことがあるので、その時は薄く油を塗ります。)
基本ホットプレートで、ホットケーキ・パンケーキを焼く時は、鉄のフライパンのようにバターや油を塗らないほうが、焼色がきつね色に均一に焼けます。
油を塗ると焼色がまだらになりがち。
フッ素加工のフライパンでも同じです。

イーストパンケーキ

まだらな焼色のパンケーキ
これはこれで可愛いパンケーキに。

しっとりふわふわで厚みが出ます

均一な焼色のパンケーキ

油を塗る場合でも、2枚目(油はひかない)からは油がなじんで、綺麗な焼色になります。

ホットプレートは焼く前に温めて余熱しておきます。

焦げるようなら、温度を下げ、色がつきにくければ少し温度を上げる

焦がさず、形よくこんがりと焼くには使用するホットプレートの機種のクセをつかむこと。
マメに確認して、状態によって温度をかえること。
またホットプレートによってもよく焼ける場所、焼けにくい場所が微妙にあるようです。

パンケーキ・ホットケーキを焼く温度

ホットプレート早く少し前に180℃に余熱しておきます。
ホットプレートが温まれば生地を流し入れます。

温度の目安は裏返すまでは140~160℃。
基本裏返してからは温度を下げて。

2回目を焼くときも温度は1回目よりも低めにすると焦げません。

あせって焼かない

焼色だけついて、中が生だった失敗ホットケーキ・パンケーキだったこともあります。
早く焼き色を付けようと温度を高くして、焼き色がついたので皿に取って中を割ったら生でした。
ある程度時間をかけて、じっくり焼いてください。

ホットプレートのフライ返しは金属製でないものを

そば粉のパンケーキを焼く

ホットプレート使用時に使うフライ返しは、金属製のものを使うと鉄板のコーティングに傷がつく可能性が。
金属よりも柔らかい素材のフライ返しを使います。
テフロン加工で耐熱性があるフライ返し等使います。 テフロンなどコーティングしてあるフライパンを使う場合も同じです。

フライパンでホットケーキ・パンケーキを焼く場合

フライパンの材質によって違いがあります。
どちらも裏返してからは火加減を弱めにします。
上のホットプレートの焼き方も参考にしてください。

フッ素加工のフライパンでホットケーキを焼く

フッ素樹脂加工のフライパンを使う時は基本、油をひかなくて大丈夫。
ひかないほうが、均一に焼色がつきます。
(くっつく場合は油を薄くひきます。下を参考に)

強火で余熱をして、ぬれ布巾にフライパンを置き、温度を一度下げます。
2秒置くだけでOK。

弱めの中火から弱火で焼きます。

鉄のフライパンでホットケーキを焼く

鉄のフライパンの場合、油を薄くひきます。
バターを使う場合はフライパンで溶かして均一にいきわたらせます。

紙を使って薄くひき、余分な油は吸い取らせます。

強火で余熱をして、ぬれ布巾にフライパンを置き、温度を一度下げます。
2秒置くだけでOK。

弱めの中火から弱火で焼きます。
火が弱すぎてもふっくら仕上がらず、強すぎると焦げるので
いいあんばいに調節してください。