花梨のはちみつ漬け

いい香りのシロップができる花梨の蜂蜜漬け。
花梨のはちみつ漬けジャム・ディップ・保存食
スポンサーリンク

お菓子ジャンル

季節: /

レシピキーワード:

黄色くて香りのよい「かりん」はちみつ漬けにします。
風邪予防になる「かりんのはちみつシロップ」ができます。

スポンサーリンク

材料

  • かりん ・・・300g
  • はちみつ ・・・600g

作り方

  1. かりんを水洗いし、水気をふき取り、縦に4つ割りにして、5ミリ厚さのいちょう切りにします。種、ワタをとりのぞきます。
  2. 保存瓶にかりんを入れ(種も入れる場合はお茶パックなどに入れて一緒に)蜂蜜をひたひたに注ぎます。冷暗所に保存し、1日1回以上、瓶をゆすって蜂蜜をいきわたらせます。
  3. 10日から2週間ほどで全体がなじみ飲めるようになります。

キッチンメモ

庭木としてもよく見かける花梨。
普段は気がつかないけれど、実が黄色くなることになると。
ようやく花梨の木があるんだなとわかります。

ノドや咳にいいと昔から言われていて、のど飴の成分にも使われる花梨。
蜂蜜に漬ければ、冬のノドにうれしい。
そしてとても香りのよいシロップができます。
ホットケーキやパンケーキにかけるとうっとり幸せ。

もちろん、のどの痛みを少し感じた時は、即シロップをなめてます。
本格的な風邪にならないようにしてます。

花梨のはちみつ漬け以外にも秋冬はジャムやコンポートなど。
自家製の保存食や作り置きが忙しい時期です。

マジカルキッチン季節の特集

秋から冬の保存食レシピカタログ
マジカルキッチン季節の特集、秋冬に食べたい作りたい、保存食、作り置き。 干し柿、漬物、ジャム、コンポート等。

蜂蜜には抗菌作用があります。
のどや風邪防止のためには純粋蜂蜜を使います。
【加糖はちみつ】や【はちみつシロップ】は使いません。

花梨のシロップは、とても香りのよいシロップです。
りんごとパイナップル、花の香りを混ぜたような香り。
上品かつ華やかな香りが特徴です。
お湯で割って飲む以外にも、アイスクリームにかけたり、パンケーキに垂らしたりしても。

かりんは、10~12月に黄色い実をつけ、庭木としてもよく見かけます。
大きい物も小さいものもあります。
虫食いが多い果物なので、傷んだ部分は切り取って、漬けてください。

基本は瓶に切ったかりんを入れてヒタヒタ程度に蜂蜜を注ぐだけ。
あとは1日1回程度瓶を揺すって浮いたかりんを汁に漬けます。

はちみつを使うので発酵しやすいので漬かった後は冷蔵庫や野菜室で保存します。
(寒い時期なので大抵の時は大丈夫なのですが
気温の高い年や場所などでは発酵することもあります。)

かりんは、そのままでは渋く固いので生食するのではなく
蜂蜜に漬けたり、果実酒にしたり、ジャムなどに加工して食べます。

使う花梨は、香りが強く出て、色が黄色く、周りがベタベタしているものが漬け頃のもの。
まだ青ければ、室温に数日おいて追熟させます。

種は取り除いて漬けても、種ごと加えても大丈夫。
種に良い成分が入っているとのことなので、種ごと漬けて、飲むとき漉して飲んでます。お茶パックに種を入れて漬けても。

かりんの実はとても固いので、切る時気をつけてください。

花梨のはちみつ漬けの作り方を写真で説明

大きなかりん

かりんは大きなものも、小さなものもあります。

瓶の殺菌について

花梨を漬ける瓶は使用する前に殺菌します。
小さい瓶なら煮沸消毒できますが、大きなものだとお鍋に入らないので、ホワイトリカーで消毒しています。

水洗いして乾かしておいた清潔な瓶にホワイトリカーを少し入れフタをして、上下に振ってすすぎます。
瓶を振ったあとのホワイトリカーは取り除きます。

ビンや保存容器とホワイトリカーを用意。
清潔な容器に入れて数日間で食べきるなら、神経質にならなくても大丈夫ですが。
少し長めの冷蔵庫保存、あるいは梅酒の保存などは、煮沸消毒かアルコールでの殺菌を。

大きな梅酒ビンなどは鍋で煮沸消毒が大変なのでアルコールでの殺菌が便利です。

できれば台所用のアルコールを用意。
なければ、果実酒作りに使う度数の高い焼酎、ホワイトリカーを使います。

瓶や容器は前もってキレイに洗って乾かしておきます。
少量のホワイトリカーを瓶に入れてフタをします。
ホワイトリカーがいきわたるように瓶をふります。
終わったらホワイトリカーを捨てます。(焼酎なので料理などに使えます)

ホワイトリカー

ホワイトリカーを用意

容器にホワイトリカーを入れる

容器に少量ホワイトリカーを入れてフタをして全体にいきわたらせる。

マジカルキッチン料理のTips記事でも紹介しています。