カリカリしたカラメルが絡んだキャラメルポップコーンを作ります。

キャラメルポップコーン


ジャンル: 主な食材: , , , 器具: 季節:

あのキャラメルポップコーンがおうちで作れます。
ポップコーンのコツ、カラメルのコツを紹介。

キャラメルポップコーン

Photo: by Magical Kitchen

クリスマスレシピ特集へ

調理時間: 20分 分量: 2~3人分

材料

  • ポップコーン用コーン ・・・30g
  • バターまたはマーガリン ・・・20g
  • 砂糖 ・・・70g
  • 水 ・・・大さじ1
  • 蜂蜜 ・・・小さじ2
  • サラダ油 ・・・35g
  • 塩 ・・・少々

作り方

  1. フライパンにサラダ油を入れて火にかけポップコーンとサラダ油、塩少々を入れて中火にかけます。フタをしてポップコーンがはじけて来たらゆすりながら火にかけ、強めの中火程度に火加減にし、音がほとんどしなれば火を止めます。ポップコーンは皿に移します。
  2. フライパンに砂糖、水、バター、蜂蜜、塩少々を入れて中火にかけ、時々フライパンをゆすって均一にします。大きく泡が出てきて茶色く色づけばポップコーンを入れてカラメルとポップコーンを菜箸で手早く混ぜてからめます。
  3. アルミホイルかオーブンシートの上に取り出して広げて冷まし、手で固まりを適当にわけます。

キッチンメモ

カリッと甘いキャラメルポップコーンは、映画館や遊園地の人気者。
そのキャラメルポップコーンがお家で簡単に作れます。

外で買うと結構なお値段ですが、家で作るとリーズナブル。
小さいコーンがポンポンはじけて、たくさん作れます。
でも、美味しすぎて、食べ過ぎてしまうのが怖いかも。

かわいい容器やペーパーに入れて、おうちパーティーでも活躍してくれそう。
ハロウィン、クリスマスにもいかが。

ポップコーンは深さのあるフライパンや鍋で作ります。
ポンポンはじけるのが楽しいし、いい匂いがします。
もちろん、このまま食べてもOK。

ポップコーン作りの注意点

子どものころ結構失敗して嫌になった覚えのあるポップコーン作り。
当時はよく焦がしてました。
しかも弾けないコーンも多かった。

ポップコーンの成功率が上がったコツを紹介します。
サラダ油の量が多めの方が、コーンに熱が均一に伝わりやすくなって焦げにくくなります。
それでも焦げが心配なときは、火から少し浮かして揺ったり。
火加減をこまめに調節してください。
火が弱すぎてもなかなか弾けません。
長く火にかけていると焦げます。

カラメル作りと絡めるコツ

ポップコーンを作ったフライパンで砂糖、バター、水他を火にかけてカラメルを作ります。
蜂蜜はカラメルを作りやすくするために加えていますが省略可です。

カラメルソースを作る時は、箸やスプーン等で混ぜる事はしません。
フライパンや鍋を傾けたりゆすって全体を均一にします。

茶色く色づいたらポップコーンを加えて手早く混ぜてからめます。
色づき始めてからは、結構早く、どんどん茶色になっていきます。
カラメルの焦げに注意。

作り方を写真で説明

油とポップコーン用コーン

フライパンに油、ポップコーン用のコーンを入れます。

フタをして火にかける

フタをして火にかけます。
ポップコーンが弾けだしたらフライパンをゆすります。

ポップコーン完成

ポップコーン完成。

バター、砂糖、水を火にかける

バター、砂糖、水、蜂蜜、塩を火にかけます。

泡立ってくる

泡立ってきます。
段々と茶色い部分が出来てくるので、鍋やフライパンを傾けて全体を均一にします。

茶色く色づいたカラメル

茶色く色づいたらポップコーンを加えて手早く混ぜてからめます。

ポップコーンマシーンがかわいい

ポップコーンマシーン、かわいいデザインのもの。
レトロなデザインでテンション上がります。

キャラメルポップコーンと同じ材料で作れるお菓子

材料:コーン|サラダ油|バター|蜂蜜|

材料大分類:油脂類|調味料・甘味・香辛料|野菜・芋|

キャラメルポップコーンと同じジャンルのお菓子

ジャンル: