チョコレートお菓子の簡単な注意点はページ一番下に。

お芋にビスケットやチョコを加えて丸めてトリュフ風に。

スイートポテトトリュフ


ジャンル: 主な食材: , , , , 器具: 季節: , ,

トリュフの中身はさつまいも、チョコレート。
ほっこり優しい風味のトリュフです。

スイートポテトトリュフ

Photo: by Magical Kitchen

材料/分量/22個分

  • さつまいも(蒸したもの) ・・・250g
  • チョコレート ・・・70g
  • ビスケット ・・・80g
  • オレンジピール ・・・40g
  • ラム酒 ・・・大さじ1
  • 無糖ココアパウダー ・・・適量

作り方

  1. さつまいもは、蒸すかレンジで加熱するかゆでるかして、柔らかくして熱いうちに皮をむいてつぶします。
  2. ビスケットは手で細かめに砕き、オレンジピールはみじん切りに。
  3. つぶしたさつまいもに、ビスケット、オレンジピール、ラム酒を加えて混ぜ合わせます。
  4. チョコレートは包丁で細かく刻み、湯煎で溶かすか、耐熱容器に入れてラップなしで電子レンジでなめらかに溶かします。
  5. 溶かしたチョコレートとさつまいもを混ぜ合わせます。
  6. ラップに包んで丸め、出来たものはラップを広げた上に並べます。紙にココアパウダーを広げ、トリュフを転がしてココアパウダーをまぶします。

キッチンメモ

さつまいもを使ったユニークなトリュフです。
スイートにほっこり、香るビターなココア。
ひとくち食べてもさつまいもとは、分からないかも。
さつまいも好きな女性は多いので、女子向けのバレンタインプレゼントにいいかもしれません。

基本はさつまいもとチョコレート。
その中に好きなものをプラスしてみてください。

オレンジピールは香りが強いので、入れるとぐっと風味が変わります。
オレンジピールの代わりに刻んだプルーンやレーズン、ナッツでも。
オレンジマーマレードを加えても。

さつまいもに、甘さが足りない場合は、はちみつなど加えて甘さを足してください。
手順5で生地ができたら、一度味見をしてみる事をおすすめします。(ある程度甘くないと物足りません) ラム酒は他の洋酒を加えても構いません、なければ省いても。
もし生地がぱさついて丸めにくければ、牛乳を加えてしっとりさせます。

ビスケットは、どんなタイプでもかまいません。
クリームがついたものやチョコがついたものでも作れます。

電子レンジでチョコレートを溶かす時の時間の目安は下にあります。

レンジでチョコレートを溶かすコツ

電子レンジでチョコレートが溶かせると手軽でいいですね。
電子レンジを使う場合は、50~100g程度、たくさんでない分量を溶かすのにむいています。
ブラウニーを作ったり、マシュマロやコーンフレークでチョコバーを作ったりしてます。

多めの量を溶かして作業に時間がかかりそうな時は湯煎にかけて溶かすのがおすすめ。
型にチョコを流して固めるタイプは、テンパリング(温度調節)しながらの方法が安定して作業できます。

生クリームとチョコレートを混ぜて作る場合

生クリームを耐熱性のボウルに入れてラップなしで40~50秒温めます。
刻んだチョコレートを加えてかき混ぜて溶かします。
溶け残りがあれば、10秒ずつ再加熱します。

電子レンジでの加熱し過ぎに注意

まず第一の注意点は、チョコを電子レンジで加熱しすぎないこと。
加熱し過ぎるとチョコレートがボソボソとかたまります。
時間を延長するときは、短時間(10~15秒)少しずつ様子を見ながら。
まだまだ溶けそうもないからと一度に5分再加熱したりすると失敗しがち。

溶け始めたら変化が早いので気をつけます。
見た目溶けてないようでもスプーンを入れると柔らかかったりするので、確認してみてください。

使用する道具

耐熱温度の低いゴムベラを使わない事。
私の失敗談ですが、ゴムベラで混ぜようと入れた途端、ゴムベラがぐにゃりと曲がって大失敗でした。

耐熱性の器を使い、器や他の道具に水分がついていないように乾いた物を使います。
湯煎で溶かす時も同じですが、水分が入るとツヤがなくなったり、固まりにくくなったりします。

チョコレートが溶けた後は手早く作業

チョコが溶けてからの作業は手早く。
前もって手順は頭に入れておいて、道具類もあらかじめ用意しておきます。

チョコレートを電子レンジで溶かす目安

100gのチョコレートを刻んで、ラップなしで500wで約2半分から3分半加熱して、取り出してスプーンで溶かします。
50gで約2分~2分半です。
上の時間は目安、機種やチョコレートの状態など、条件によって加熱時間がかわってくるので、それぞれ様子を見て調節します。

初めてその電子レンジを使用して、チョコレートを溶かす場合、少し早めに取り出して様子を確認してみます。
電子レンジの取扱説明書や付属のレシピブックにチョコレートの溶かし方が載っている場合もあるので、一度確認してみてください。

600Wのレンジを使う場合は、0.8倍、400wのレンジを使う場合は1.2倍に時間を加減します。

電子レンジでチョコレートを溶かす

作り方を写真で説明

さつまいもを潰す

さつまいもが熱いうちに、すりこ木で潰します。

ビスケットを砕きます

ビスケットを砕きます

電子レンジでチョコレートを溶かす

電子レンジでチョコレートを溶かします

トリュフの形に丸める

トリュフの形に丸めます

トリュフにココアパウダーをまぶす

トリュフを転がしてココアパウダーをまぶします

お菓子作りに使用するココアパウダーについて

マジカルキッチンお菓子レシピコーナーにてココアを使ったレシピ紹介中。


ココアパウダーを使ったお菓子レシピ集

いろいろなココアパウダー

ネットショップのココアパウダー、産地、種類豊富

容量多め割安、残ったものは密封して冷凍保存してます。


楽天市場『プロフーズ』


楽天市場『スイートキッチン』

製菓ショップ

ホームメイドショップKIKUYA

お菓子材料・器具の専門店。1300種類の商品をご提供!

ママの手作りパン屋さん

おうちでパンやお菓子を手作りしませんか!パンの作り方レシピも満載!

マルサンパントリー

お菓子材料・パン材料・器具・道具が2500種類。

チョコレートお菓子作りの注意点

チョコお菓子を作る際のポイントを簡単に紹介します。
チョコお菓子やお菓子作りに始めて挑戦する人は、参考にしてみてください。

板チョコの選び方

手に入りやすい板チョコでも作ることができます、板チョコでチョコお菓子を作る場合、ラベルの原材料をよく見て原材料がシンプルな物。例えば明治、森永、ロッテなどの普通の板チョコレートを。

板チョコの他に割チョコ、一口チョコレートもシンプルな原料なら刻んで溶かすことも、焼き菓子にチョコチップ代わりに入れることもできます。

チョコの刻み方

チョコレートを刻む時は大きめの紙をまな板の上に敷いて刻むと後が楽です。大きさをそろえて細かく刻むと均一に溶けます。
包丁に水分がついていないか確認を。

チョコレートを溶かす作業

使用するボウルに水分がついていないか確認。ボウルに水分が入らないように気をつけます。
電子レンジを使う場合は加熱し過ぎに注意、溶けていない場合の再加熱は短時間ずつ、様子を見て。

ラッピングに関して

お菓子から油分が染み出てくるので、油を通さないラッピングにします。
ワックスペーパー、クッキングシート、ビニール系のラッピンググッズ(袋やセロファンなど)なら大丈夫です。
適さないのは紙ナプキン、キッチンペーパー、普通のラッピングペーパー。

マジカルキッチンチョコレートに関するTips

マジカルキッチンTipsコーナーにて素材選びやコツ等書いています。

おすすめのチョコレートの本

TV放送されたプロのチョコレートが家庭で作れる本。

簡単で作りやすいレシピ、チョコレートの焼き菓子達。

作りたい定番トリュフ、ブラウニー、ロールケーキ、ガトーショコラ
アレンジのきいたものも、ラッピングも紹介。

スイートポテトトリュフと同じ材料で作れるお菓子

材料:さつまいも|オレンジピール|ココアパウダー|チョコレート|ビスケット|

材料大分類:ナッツ・種子・ドライフルーツ|フレーバー(茶・ココア・よもぎなど)|市販の菓子|野菜・芋|

スイートポテトトリュフと同じジャンルのお菓子

ジャンル: