チョコレートお菓子の簡単な注意点はページ一番下に。

チョコフレークが手作りで、ビターなチョコを使っても。

チョコフレーク


ジャンル: 主な食材: , 器具: 季節: ,

シンプルだけどおいしい
さくさくのフレークと甘いチョコ。電子レンジで簡単に。

チョコフレーク

Photo: by Magical Kitchen

ここのところ週末はいつも
ふたりで地図を広げて
ガイドブックめくってる
コーヒーとチョコフレーク片手に

行く当てなんかない
けど、もしかしたらいつかは
なんて夢が広がる
夢は果てなく、週末地図散歩

材料/分量/10~12個分

  • チョコレート ・・・100g
  • コーンフレークス ・・・35g

作り方

  1. チョコレートは包丁で細かく刻み、湯煎で溶かすか、電子レンジで溶かします。電子レンジの場合は、耐熱性の器に入れ、 ラップをせずに電子レンジで溶けるまで加熱し、取り出してスプーンでかき混ぜてなめらかになるまで溶かします。 (溶けなければ少しずつ再加熱を)
  2. コーンフレークスを加えて混ぜます。
  3. ツルツルした紙やラップを広げた上に、スプーンでこんもり山型に落としていきます。
  4. そのまま固まればできあがり。(涼しいところで)

キッチンメモ

さくさくのコーンフレークと甘いチョコの組み合わせ。おなじみのチョコフレークを手作りで。
かたまりだから、つまんでサクサク。

市販のチョコフレーク、いくつか固まっているあのチョコフレークの塊が自分で作れます。

ホッと一息、飲み物片手のブレイクタイム、普段のおやつ、友達へのプレゼントにも。
バレンタイン時期のみでは、もったいない。一年中食べたくなる。
いつだってみんなの人気者のスナックチョコ。
シンプルだけど、やっぱり、これが好き。

チョコレートを溶かしてコーンフレークを加えてからの作業は手早く。

小さく作ればミニサイズで食べやすく、大きく作れば、さっすが手作り、食べごたえあるーと、楽しめます。

チョコレートを電子レンジで溶かす時間の目安は下のレンジでチョコを溶かすを参考にしてください。

作り方を写真で説明

チョコレートを均一に細かく刻む

チョコレートを刻みます。大きめの紙の上をまな板に敷いて刻むと後が楽です。大きさをそろえて細かく刻むと均一に溶けます。

加える材料を用意する

こちらは、コーンフレークとグリーンレーズンを加えた時の写真です。

チョコレートをなめらかに溶かす

チョコレートをなめらかに溶かします。使用するボウルに水気がついていないか確認を。

コーンフレークを加える

チョコレートとコーンフレークを混ぜます。混ぜているうちだんだんとコーンフレークの色が見えなくなって全部チョコ色になるまで。

チョコを並べて固める

アルミホイルの上にスプーンですくった固まりを落としました。このまましばらく置くと固まります。涼しい気温の場所か冷蔵庫に置いて固めます。

レンジでチョコレートを溶かすコツ

電子レンジでチョコレートが溶かせると手軽でいいですね。
電子レンジを使う場合は、50~100g程度、たくさんでない分量を溶かすのにむいています。
ブラウニーを作ったり、マシュマロやコーンフレークでチョコバーを作ったりしてます。

多めの量を溶かして作業に時間がかかりそうな時は湯煎にかけて溶かすのがおすすめ。
型にチョコを流して固めるタイプは、テンパリング(温度調節)しながらの方法が安定して作業できます。

生クリームとチョコレートを混ぜて作る場合

生クリームを耐熱性のボウルに入れてラップなしで40~50秒温めます。
刻んだチョコレートを加えてかき混ぜて溶かします。
溶け残りがあれば、10秒ずつ再加熱します。

電子レンジでの加熱し過ぎに注意

まず第一の注意点は、チョコを電子レンジで加熱しすぎないこと。
加熱し過ぎるとチョコレートがボソボソとかたまります。
時間を延長するときは、短時間(10~15秒)少しずつ様子を見ながら。
まだまだ溶けそうもないからと一度に5分再加熱したりすると失敗しがち。

溶け始めたら変化が早いので気をつけます。
見た目溶けてないようでもスプーンを入れると柔らかかったりするので、確認してみてください。

使用する道具

耐熱温度の低いゴムベラを使わない事。
私の失敗談ですが、ゴムベラで混ぜようと入れた途端、ゴムベラがぐにゃりと曲がって大失敗でした。

耐熱性の器を使い、器や他の道具に水分がついていないように乾いた物を使います。
湯煎で溶かす時も同じですが、水分が入るとツヤがなくなったり、固まりにくくなったりします。

チョコレートが溶けた後は手早く作業

チョコが溶けてからの作業は手早く。
前もって手順は頭に入れておいて、道具類もあらかじめ用意しておきます。

チョコレートを電子レンジで溶かす目安

100gのチョコレートを刻んで、ラップなしで500wで約2半分から3分半加熱して、取り出してスプーンで溶かします。
50gで約2分~2分半です。
上の時間は目安、機種やチョコレートの状態など、条件によって加熱時間がかわってくるので、それぞれ様子を見て調節します。

初めてその電子レンジを使用して、チョコレートを溶かす場合、少し早めに取り出して様子を確認してみます。
電子レンジの取扱説明書や付属のレシピブックにチョコレートの溶かし方が載っている場合もあるので、一度確認してみてください。

600Wのレンジを使う場合は、0.8倍、400wのレンジを使う場合は1.2倍に時間を加減します。

電子レンジでチョコレートを溶かす

チョコフレークアレンジ

アレンジするなら、コーンフレークを25gに減らして、ドライフルーツを刻んだものを大さじ2加えると、ちょっぴり甘酸っぱく。
上の写真では、グリーンレーズン大さじ2を加えてます。
出来上がりの見た目は、入れても入れなくてもそれほどかわりません。
アーモンドを加えれば香ばしく。
インスタントコーヒーを少し加えると大人のチョコフレーク。

使用するチョコレートについて

お菓子作りに使えるチョコレートにも種類があり、製菓用のチョコレート(クーベルチュールチョコなど)、コーティング用のチョコ。
入手しやすくリーズナブルな板チョコがあります。

クーベルチュール、コーティング用のチョコレート、チョコチップについて

クーベルチュールチョコレートは、お菓子を作るためのチョコレート。
シンプルな分色々な混ぜ物がなくカカオ本来の香りや味が楽しめます。

クーベルチュールチョコレートは、バレンタイン時期には、近所のお店でも特設コーナーに何種類か置いてあるかもしれません。
ネットショップなら、産地にこだわった各種チョコレートがたくさんあって目移りするほどです。

コーティング用のチョコレートは、ケーキやフルーツなどの表面にかけて固めるために使うチョコレート。
コーティングしやすいように作られています。風味は製菓用チョコレートより少し落ちます。

チョコチップは、溶かして使うというよりも、クッキーやケーキなど焼き菓子に使います。
加熱されても溶けにくい配合になっています。

板チョコレートは、そのまま食べて美味しいように配合が調整されたチョコレート。
厳選された素材そのままとはいきませんが、色々作れます。
刻んで溶かしてブラウニーやシフォンケーキ。
チョコチップの代わりにクッキーに入れたりも。
その他ムースやトリュフ、生チョコレートも作れます。
数作りたい友チョコにも重宝します。

板チョコの選び方

ラベルの原材料の表示部分をよく見て原材料がシンプルな物を選んで。
分からなければ明治、森永、ロッテなどの普通の板チョコレートならたいていうまくいきます。

準チョコレートとかいてあるものは避けます。
板チョコの他に割チョコ、一口チョコレートもシンプルな原料のものなら刻んで溶かすことも、焼き菓子にチョコチップ代わりに入れることもできます。

チョコの刻み方

チョコレートを均一に細かく刻む

チョコレートを刻む時は大きめの紙の上をまな板に敷いて刻むと後が楽です。大きさをそろえて細かく刻むと均一に溶けます。

チョコレートお菓子作りの注意点

チョコお菓子を作る際のポイントを簡単に紹介します。
チョコお菓子やお菓子作りに始めて挑戦する人は、参考にしてみてください。

板チョコの選び方

手に入りやすい板チョコでも作ることができます、板チョコでチョコお菓子を作る場合、ラベルの原材料をよく見て原材料がシンプルな物。例えば明治、森永、ロッテなどの普通の板チョコレートを。

板チョコの他に割チョコ、一口チョコレートもシンプルな原料なら刻んで溶かすことも、焼き菓子にチョコチップ代わりに入れることもできます。

チョコの刻み方

チョコレートを刻む時は大きめの紙をまな板の上に敷いて刻むと後が楽です。大きさをそろえて細かく刻むと均一に溶けます。
包丁に水分がついていないか確認を。

チョコレートを溶かす作業

使用するボウルに水分がついていないか確認。ボウルに水分が入らないように気をつけます。
電子レンジを使う場合は加熱し過ぎに注意、溶けていない場合の再加熱は短時間ずつ、様子を見て。

ラッピングに関して

お菓子から油分が染み出てくるので、油を通さないラッピングにします。
ワックスペーパー、クッキングシート、ビニール系のラッピンググッズ(袋やセロファンなど)なら大丈夫です。
適さないのは紙ナプキン、キッチンペーパー、普通のラッピングペーパー。

マジカルキッチンチョコレートに関するTips

マジカルキッチンTipsコーナーにて素材選びやコツ等書いています。

おすすめのチョコレートの本

TV放送されたプロのチョコレートが家庭で作れる本。

簡単で作りやすいレシピ、チョコレートの焼き菓子達。

作りたい定番トリュフ、ブラウニー、ロールケーキ、ガトーショコラ
アレンジのきいたものも、ラッピングも紹介。

チョコフレークと同じ材料で作れるお菓子

材料:シリアル・グラノーラ|チョコレート|

材料大分類:市販の菓子|穀類|

チョコフレークと同じジャンルのお菓子

ジャンル: