どくだみ茶

生のどくだみの匂いはすごいけど、干すと薬草茶の香りに。
どくだみ茶ジャム・ディップ・保存食
スポンサーリンク
MagicalStory

体にいい物って
分かるの不思議

その匂いをかぐと
体によさそうって
自然と思える

出来上がったどくだみ茶は
薬草茶の香り

お菓子ジャンル

季節:

イベント:

国・地域:

レシピキーワード:

庭にはびこる、どくだみでどくだみ茶作り
刈る、干す、お茶で飲むを丁寧に紹介。

スポンサーリンク

材料

  • どくだみ(正味) ・・・ 200g

作り方

  1. どくだみの刈り取り、雑草として駆除したい場合は根ごと引き抜き、再収穫したい場合は、はさみで根本から刈り取ります。(根元を切ってもすぐにまた生えてくる)
  2. 根がついているものは、根を切り、太い茎も切り落とします。水につけ水をかえて洗います。(土等落とすため)ザルにあげて水けを切ります。
  3. 盆ざるや網に広げて風通しのいい場所で陰干しします。(干し始め、暇があれば時々上下をかえす)4~5日程度でパリッと乾燥すれば乾燥剤を入れた密封容器やジッパー付き保存袋で保存します。

キッチンメモ

梅雨の頃になると、白い花を咲かせるどくだみ。
どくだみ、なんて名前ですが、真っ白で可憐なお花ですよ。
とは言え、庭にはびこるやっかいな雑草なんです。

花が咲いたころがどくだみ茶にする収穫期。

この時期は梅仕事にらっきょうなど、保存食作りがまたまた忙しい時期ですね。

飲み方の注意点です。
一度に大量の摂取は控えます。
カリウムが多いので腎臓の悪い方もお気をつけください。
妊婦さんにもぴったりなノンカフェインですが。
妊娠初期は控えたほうがいい、ハーブティーの一つになります。

おすすめの飲み方は、後ほど。
ブレンドティーが飲みやすいです。

マジカルキッチン季節の特集

初夏から夏の保存食カタログ、甘い物編
初夏から夏の甘い保存食レシピをまとめました。ヤマモモや桑の実を使ったジャム、梅シロップ、梅酒、梅酒を使ったケーキ等の紹介。

ドクダミ茶づくりの大まかな手順

  • どくだみを刈る→
  • 洗う(根があれば取る)→
  • 干す

どくだみの匂い、独特ですよね。
生のどくだみの香りはきついです。
(ただし、独特なあの香りには殺菌作用等の成分も含まれます。
干すとその成分は飛んでしまいますが)

どくだみを触ると、やっぱり臭います~
匂いがダメな人は手袋をして作業。

夜は家の中に取り込みますが、これも匂いがします。

そんなどくだみですが、乾燥させると匂いは薄くなるんです。
薬草茶っぽい香りになります。

マジカルキッチン動画でレシピ

カンタン3ステップ、刈って干してお茶にして飲む。
ちょっとしたコツとともにお届けします。

どくだみ茶の作り方

マジカルキッチン保存食・作り置き動画まとめ

youtubeのプレイリストになります。

どくだみ茶の作り方を写真で説明

ドクダミの花

庭、玄関に生えてくる、どくだみです。

刈ったどくだみ

刈ったどくだみです。
枯れた葉やくっついてきた雑草を取り除いたりします。
根っこと太い茎もカット。

ドクダミをザルに干す

洗ってザルに上げて水けを切ったどくだみをザルに広げて干したところ。
ザルにひもをつけて吊るして風通しよくしてます。

干し野菜ネット

この時は干し野菜ネットで干してます。
干物ネット、網などなど呼ばれるあれ。
普段も何かと干してます。冬はミカンの皮など。

干しあがったどくだみ

カラカラに干せました。

どくだみ茶と麦茶のブレンド

ポットにどくだみ茶を入れたお茶パックと市販の麦茶ティーバッグ。
熱湯を注いで蒸らして、ブレンドどくだみ茶。

スポンサーリンク

雑草どくだみ、薬草茶に変身

どくだみは繁殖力が強い植物。
ある年、庭に勝手に出てきてそれ以来、毎年庭にはびこっています。
放っておくと、庭中がどくだみに侵攻されてしまいそうな勢いで。

どくだみは日陰でちょっと湿った場所がお好み。
なので、家の日当たりの悪い玄関辺りに生えてます。
もちろん肥料なんてやってません。
それでもグングン育つ丈夫さ。
地下茎で増えます。

そんなわけで、どくだみ、毎年刈り取ってます。
刈り取ってもすぐに生えてくるんですよ。
駆除目的なら、根絶やし!根ごと引き抜く。

あと、熱湯をかけるのもいいかも。
以前他の雑草に夏場「そうめん」「おそば」のゆで汁をかけていたら
すっかり生えなくなりました。根まで枯れるようです。
ただし、ゆで汁には、塩分があるので、作物を育てる場所にはむきません。

刈ったどくだみは、干すだけでどくだみ茶に変身。
実は、どくだみ茶、結構好きで、自家製で作る前は、わざわざ市販品を買ってました。
ティーバッグタイプも茶葉タイプも経験あり。

自分で作ってもそう手間ではないし。
味も売られているものと変わらないので、うれしい。

どくだみ茶づくりのコツ

どくだみは道端や空き地に生えていることもありますが。
お茶にするのは、農薬・消毒等の心配のない物。
排ガス等かからない場所、ワンちゃんの散歩道をさけて。

どくだみを収穫する時期は、花が咲き始めたころ。
昔からその時期が薬効が高まると言われてきました。
ちなみに味は、どの時期に作っても違いが判りませんでした。

まぁ少々時期がずれても、伸びたら刈り取って作ってます。

どくだみの花が咲くのは、6月から7月。
ちょうど梅雨の時期です。
雨が降りやすいので、晴れが続きそうな日を狙って。
収穫、干すが出来たら一番ですね。

どくだみの干し方・保存方法

量がたくさんあって、背丈のあるどくだみなら。
こんな干し方も。
長い茎を束ねて逆さに吊るして干します。
この場合、束にして干した後、お茶にする際に茎や葉を細かくします。

干す作業はダラダラと干すのではなく、なるべく短期間で。
パリパリするまで干します。

干し野菜ネット

干し野菜ネットも便利。
盆ザルにひもをつけて、吊り下げられるようにするのもおすすめ。

どくだみの干し始め、時々上下を返せば早く乾きます。
(時間があればやってます。)

風通しがいい場所で、陰干しが基本ですが、少々日に当てても大丈夫です。
天気の関係で、雨や湿った日が続き、乾きにくいようなら、日に当てて。

あるいは、電子レンジで乾燥させたり。(短時間)
フライパンで乾煎りします。(焦げやすいので、火加減注意)

保存は乾燥剤を入れた密封容器やジッパー付き保存袋に入れて冷暗所で保存します。
冷蔵庫に入れなくても大丈夫です。
ただ、保存中に湿ってくるとカビが生えます。
湿り気を感じたら、再度干したり、レンジで乾燥、フライパンで乾煎り等試します。

保存の目安は一年程度。

どくだみ茶の飲み方

どくだみ茶の飲み方は、煎じる、湯を注いで飲むの2種類。
薬効をより期待するなら、煎じる方法を。
普段の生活で、気軽に取り入れたいなら。
お茶パックに入れて熱湯を注いで飲むのがおすすめ。

お茶パックに乾燥させたどくだみを入れて、急須やティーポットに入れます。
熱湯を注いで蒸らせばできあがり。
どくだみ茶葉そのまま入れて、茶こしでこしながら湯呑に入れてもOK。

マジカルキッチンでは、麦茶やほうじ茶のティーバッグとどくだみのお茶パックを1つずつ使ってブレンド茶にして飲んでます。
どくだみ茶だけで飲むよりもぐっと飲みやすいんですよ。
それでいて、どくだみの香りも(生のどくだみよりは全然まし、むしろ薬草茶っぽい)

どくだみ茶と麦茶のブレンド

ちなみにどくだみ自体はノンカフェインです。

煎じる場合はひとつかみ10~15gを800ml~1リットルの水で煮だします。
土瓶なんかでやるんですよ。
金属製の鍋ややかんは使わないようにするそうです。
水、どくだみを火にかけて沸騰したら、弱火で15~20分じっくりと煮だして、こします。

温かいどくだみ茶、冷たいどくだみ茶。
暑い時期はやっぱり貯めたいどくだみ茶かなぁ。
匂いが苦手な方は、冷たくした方が匂いを感じにくくなります。