どくだみ茶

どくだみ茶
生のどくだみの匂いはすごいけど、干すと薬草茶の香りに。

体にいい物だって
分かるの不思議

その匂いをかぐと
体によさそうって
自然と思える

出来上がったどくだみ茶は
薬草茶の香り

広告

材料

  • どくだみ(正味) ・・・ 200g

作り方

  1. (どくだみの刈り取り)天気がよくカラッと晴れた日を選んで刈り取って干します。雑草として駆除したい場合は根ごと引き抜き、今後も再収穫したい場合は、はさみで根本から刈り取ります。(切ってもすぐにまた生えてくる)
  2. (洗う)ドクダミはハサミで根を切り落とし水洗いします。茎ごと干す場合は茎つきで洗い、葉だけ干す場合は、ハサミで葉を取って洗います。バケツで水を何度かかえて洗います。(土等落とすため)ザルにあげ水けを切ります。(しっかり水を切ると乾きが早い)
  3. (干す・保存)盆ざるや干し網にどくだみを広げます。風通しのいい場所で陰干しし、夜は取り込みます。(干し始めは日にあてた方が早く水分が飛ぶ、暇があれば時々上下をかえす)4~5日程度でパリッと乾燥すれば乾燥剤を入れた密封容器やジッパー付き保存袋で保存します。

キッチンメモ

梅雨の頃になると、白い花を咲かせるどくだみ。
どくだみ、なんて名前ですが、真っ白で可憐なお花ですよ。
とは言え、庭にはびこるやっかいな雑草なんです。

ドクダミの季節

このドクダミを刈り取って干せば、自家製薬草茶に。
ドクダミ茶になります。

干すとあのすごい匂いが消えて薬草茶な匂いになるのが面白い!

薬局の薬草茶コーナーや産直市で販売されている「ドクダミ茶」
それが結構いいお値段なんです。

実は以前はそれを買って飲んでました。
今は家で作るのでゼロ円!お茶パック代と水道代と自分の手間のみ。
もっと早く試せばよかった!

自分で作ってもそう手間ではないし。
味も売られているものと変わらないのでそれから毎年作ってます。

ドクダミはある年から家の庭に勝手に生えてきました。

湿っぽい場所が好きなので元気いっぱいです。
もちろん、肥料も虫の薬もまいたことありません。
繁殖力旺盛、そのうち覆いつくされるかも。

自家製ドクダミ茶。
刈り取り、干して、お茶で飲むまでの過程を紹介します。

花が咲く直前の頃が一年で一番薬効が高まるとされ、どくだみ茶作りの季節とされてます。
5月中旬から6月(年々時期が早まる気がします)

とは言え、ベストと言うだけで、その時期以外でも大丈夫です。(ドクダミが生き生きしていれば)

花でドクダミチンキを作り、その後刈り取ってお茶にしたこともあります。

お茶の場合、味や香りは時期を逃してもそれほど違いはなかったです。

この時期は梅仕事にらっきょうなど、保存食作りがまたまた忙しい時期ですね。

マジカルキッチン季節の特集

初夏から夏の保存食カタログ、甘い物編
初夏から夏の甘い保存食レシピをまとめました。ヤマモモや桑の実を使ったジャム、梅シロップ、梅酒、梅酒を使ったケーキ等の紹介。

葉だけ干す?茎も一緒に干す?

完全に干せたどくだみ

質問をいただいたのですが。
ドクダミのつぼみ、花も茎も葉も一緒に干してお茶にして大丈夫です。

上の画像のどくだみ茶にも花、つぼみ、茎が入っています。

葉だけ取って干すのも、茎付きで干すのもどっちもあり。

ザルに入れ吊るしたどくだみ

2023年今年は葉と茎を一緒に干しました。
去年までは事前に太い茎をカットして葉だけを干してたんですよね。

吊るして干したドクダミ

こちらは束ねて逆さにして干したドクダミです。
(乾きの速さは遅めです)

葉だけをとって干す場合と茎もつけて干す場合の違い

葉のみ干す方が早く乾きます。
茎付きの方が、乾燥時間が1日分多くかかりました。
(葉より茎の方が完全に乾くのに時間がかかる)

茎をつけて干したものは、乾燥後、太い茎をハサミで2cm長さに切りました。
その後、お茶パックに入れて飲みます。
細い茎なら切らずに丸めただけでも、お茶パックに入ります。

干した後にカットするのは面倒ですが
洗う前に茎と葉を分けるのもひと仕事なので、同じくらいの手間ですね。

茎が入っても味はかわりませんでした。

どくだみ茶作り、乾燥のコツまとめ

せっかく作るのなら、失敗せずに作りたいもの。
ドクダミ茶の一番の大敵はカビなんですよ。
そこで初めにドクダミをなるべく早く干せるコツをまとめました。

カビをはやさずに作るのがコツ。
そのためになるべく短い時間で乾くようにします。

特に干しはじめが肝心。
天気予報もチェックです。

  • 晴れの天気でカラッとした日が続きそうな時を狙って作る(干し始めの2,3日は特に)
  • 初日の作業はなるべく早い時間帯にスタート(午後遅くに干すと干し時間が短くなるため)
  • 乾かす前に水けをしっかりと切る
  • なるべく重ならないように広げて干すと早く乾く(量が多いとなかなかですが)
  • 基本、半日陰で干すが、干しはじめや乾きにくい天候が続きそうなら日に当てて早く乾かす
  • 保存は完全に乾燥させてから
  • 干し終わったものをそのまま室内に放置すると部屋の湿気でまた湿ってくる
  • 晴天が続きそうもないなら、茎は除いて、葉のみ干す
  • 茎ごと束ねて吊るして干すと多少時間がかかる

乾かす前に水気をしっかり切りたいのですが、なかなか切れない時もあります。
そんな時は、キッチンペーパーでざっとでいいので水けをふきとります。

早く乾かすために葉の部分がなるべく重ならないように広げてると早く水分が飛びます。
平ザルや干し野菜ネットに入れて。

カゴやバスケットでも。

深さのあるザルの場合
下の部分のドクダミの葉が乾きずらいです。
時々上下を返したり、1日長く干せば大丈夫です。

量が多い時はザルが足りない!
ある程度乾けば新聞紙に広げて干してます。

風通しのいい場所で干すのもポイント。
ザルにヒモを通して吊るすのもおすすめです。
レンガ等を両端に置いて地面から高さを出す方法も。

乾くと重さが軽くなって風に飛ばされやすくなります。
飛ばされてびっくりしました。

ドクダミ茶の飲み方の注意点

どくだみ茶の飲み方の注意点です。
どんなお茶でもそうですが、一度に大量の摂取は控えます。
体調をみながら飲むようにします。

カリウムが多いので腎臓の悪い方もお気をつけください。

妊婦さんにもぴったりなノンカフェインですが。
妊娠初期は控えたほうがよい、ハーブティーの一つになります。

おすすめの飲み方は、後ほど。
ブレンドティーが飲みやすいです。

ドクダミ茶づくりの大まかな手順

ドクダミ茶の作り方
  • 手順1
    ドクダミを採る

    根ごと抜くか、刈り取ります

  • 手順2
    洗う

    根がついていれば根を切り落とします。
    茎がいらない場合は、ハサミで葉を切ります。
    何度も水洗いし、ザルにあげ水けを切ります。

  • 手順3
    干す

    ザルに広げ、風通しのよい場所で基本は陰干し
    干しはじめは早く乾かすために日に当てたり
    時々上下を返します。

    パリパリになるまで乾燥させます。

まずは刈り取りですが、生のどくだみの香りは独特できついです。
ホントびっくりするほど。

ただし、あの香りには殺菌作用等の成分も含まれます。
干すとその成分は飛んでしまいますが。

どくだみを触ると、やっぱり臭います~
匂いがダメな人は手袋をして作業。

夜は干したものを家の中に取り込みますが、これも匂いがします。
その部屋は怪しい匂いに包まれるかもしれません。

そんなどくだみですが、乾燥させると匂いは薄くなるんです。
薬草茶的な香りになります。

マジカルキッチン動画でレシピ

カンタン3ステップ、刈って干してお茶にして飲む。
ちょっとしたコツとともにお届けします。

マジカルキッチン保存食・作り置き動画まとめ

youtubeのプレイリストになります。

どくだみ茶の作り方を写真で説明

ドクダミの季節

庭、玄関に生えてくる、どくだみです。
家のドクダミは、土地がやせているからか。
背丈短めでこじんまりしてます。

根を落とす

根を落とし、くっついてきた雑草、枯れた葉を落とします。

葉付きで太い茎ごと干してもいいし。
茎から葉を取って干しても、どちらでも構いません。

太い茎は葉よりも乾燥に時間がかかるので、急ぐ時は葉のみでも。

ザルで干す

ドクダミを洗ってザルに上げて水けを切り、広げました。
これは茎つき

ザルに入れ吊るしたどくだみ

このザルはひもをつけて吊るせるようにしています。
風通しよく干せます。

一日後の干したドクダミ

翌日のどくだみの様子です。
水気はすっかりなくなってます。
まだカラカラに水分が飛んだ状態ではありません。

完全に干せたどくだみ

カラカラに干せました。

ポットにどくだみ茶を入れたお茶パックと市販のほうじ茶ティーバッグ。
熱湯を注いで蒸らして、ブレンドどくだみ茶のできあがり。

広告

雑草どくだみは昔から薬草として活躍、今は雑草

ドクダミと名前がついてますが、毒がある植物ではありません。
強烈な匂いと旺盛な繁殖力で厄介な雑草とされていますが。
一方で薬効のある植物としても昔から日本人に親しまれています。

お茶として飲むほか、皮膚に塗って傷や皮膚トラブル解消に活用されました。

今もドクダミ化粧水、ありますね。

民間療法では、生の葉をもんで出た汁を傷口に塗るなどされました。
これは生のどくだみの強力な殺菌・抗菌作用を利用したものです。
(今のように薬が普及していない頃の話です)

この殺菌作用は生のドクダミのあの香りに含まれるもので、乾燥すると失われます。

生のドクダミの葉や花をアルコールに漬け込めば、ドクダミチンキに。

お風呂に入れればドクダミ風呂に。(皮膚の弱い方は生葉より乾燥葉で)

漢方では乾燥させたものが十薬(じゅうやく)として知られています。
10の薬効、多くの効能があることでこの名になりました。

乾燥させたどくだみは、カリウムが多く含まれます。

どくだみは繁殖力が強い植物。
ある年、庭に勝手に出てきて以来、毎年毎年庭にはびこり、しかも勢力地を広げています。

そうドクダミは多年草。
放っておくと、庭中がどくだみに侵攻されてしまいそうな勢いで。

どくだみは日陰でちょっと湿った場所がお好み。
なので、日当たりの悪い玄関辺りに生えてます。

もちろん肥料なんてやってません。
それでもグングン育つ丈夫さ。虫にもやられません。

上の葉の部分を刈り取っても、残った地下茎部分は生きています。
つながった地下茎からどんどん繁殖していきます。

駆除目的なら、根絶やし!根ごと引き抜く。
と言っても完全にはなかなか無理ですし
隣にミョウガを植えていて、除草剤も使いたくないので毎年苦労しています。

どくだみを採る場所、時期

どくだみの生える場所は?

干上がりのいい場所よりも半日陰で湿り気のある場所が好きな植物です。
裏庭あたりによく生えます。

道端や空き地に生えていることもありますが。
お茶にするのは、農薬・除草剤等の心配のない物。
排ガス等かからない場所、ワンちゃんの散歩道をさけて。

どくだみを収穫するベストな時期は、花が咲き始めたころ
昔からその時期に一番薬効が高まると言われてきました。

そうはいっても時期が過ぎても作れます。
味や薬効がなくなるわけではありません
ちなみに飲み比べても、違いは判りませんでした。

まぁ少々時期がずれても、伸びたらまた刈り取って作ってます。

どくだみの花が咲くのは、6月から7月。
ちょうど梅雨の時期です。

2022年は5月の下旬でした。
2023年はもう中旬に咲いてます。
年々早まってます。

お店で生のドクダミは売られている?
先日、スーパーの産直コーナー(農家さんが直接持ってくる)に生のドクダミのパックがありました。

どくだみの季節に道の駅や産直市に行けば出会えるかもしれません。

どくだみの干し方のおさらい

ザルで干す

干す前にザルに上げ水けをきってから干します。
水気が切れていないようならキッチンペーパーでざっとでいいので水けをとります。

そうすることで早く乾きます。

あとは、なるべく重ならないように広げて干したいところ。

どくだみの干し始め、時々上下を返せば早く乾きます。
下の部分が乾きにくく湿っぽいです。
(時間があればで。)

干し始めになるべく早く乾かすのもコツの一つ。

干す期間は、ダラダラと干すのではなく、なるべく短期間で。
パリパリするまで干します。

茎は葉よりも完全に乾燥するまでの時間が長めになります。

吊るして干したドクダミ

量がたくさんあって、背丈のあるどくだみなら。
こんな干し方も。
長い茎を束ねて逆さに吊るして干します。
(ドライフラワーやスワッグみたいに)
この場合、束にして干した後、お茶にする際に葉のついた茎ごとを2cm長さに切ります。

この方法の場合、1,2日ほど乾燥に時間がかかります。

干し野菜ネット

干し野菜ネットも便利。
盆ザルにひもをつけて、吊り下げられるようにするのもおすすめ。

ザルに入れ吊るしたどくだみ

風通しがいい場所で、陰干しが基本ですが、少々日に当てても大丈夫です。
干しはじめ、早く乾かしたいので、日向に置いて水分を飛ばしてます。

天気の関係で、雨や湿った日が続き、乾きにくいようなら、日に当てます。

あるいは、電子レンジで乾燥させたり。(短時間)
フライパンで乾煎りします。(焦げやすいので、火加減注意)

干し終わったどくだみを部屋に置いておくとまた湿っぽくなります。
なるべく早めに保存します。
もし湿ってしまった場合は再度干してカラッとさせます。

ドクダミ茶の保存

作ったドクダミ茶の保存について。
これも大事なんですよ。

しっかり乾燥させたドクダミ茶は、乾燥剤を入れた密封容器やジッパー付き保存袋に入れ冷暗所で保存します。

茎が太いものは、葉と茎と一緒に2センチ長さに切っていくとお茶パックに入れやすくなります。

経験上、自家製の干し野菜や干ししょうがも結構カビやすい。
そのまま室温はもちろんダメ。
冷蔵庫に入れても長い期間は保存できずカビました。

乾燥剤は、時々取り換えたほうがいいかもしれません。
それか、冷凍庫。

去年作ったものは1年持たずに、しばらく飲まずにいた間、いつの間にかかび臭くなりました。

保存中に湿ってくるとカビが生えます。
湿り気を感じたら、再度干したり、レンジで乾燥、フライパンで乾煎り等試します。

カビが生えたものは、飲まずに処分。
お風呂に入れようなんてのもダメ。

保存の目安、これが難しい。
保存状態によります。
よければ一年程度持ちますが、早めに使い切った方が安心です。

どくだみ茶の飲み方

どくだみ茶の飲み方は、煎じる、湯を注いで飲むの2種類。
薬効をより期待するなら、煎じる方法を。

普段の生活で、気軽に取り入れたいなら。
お茶パックに入れて熱湯を注いで飲むのがおすすめ。

ひとつかみの乾燥どくだみをお茶パックに乾燥させたどくだみを入れて、急須やティーポットに入れます。
熱湯を注いで蒸らせばできあがり。

やかんに入れて煮だしたり。
どくだみ茶葉そのまま入れて、茶こしでこしながら湯呑に入れてもOK。

マジカルキッチンでは、ほうじ茶のティーバッグとどくだみのお茶パックを1つずつ使ってブレンド茶にして飲んでます。

どくだみ茶だけで飲むよりもぐっと飲みやすいんですよ。
それでいて、どくだみの香りも(生のどくだみよりは全然まし、むしろ薬草茶っぽい)楽しめておいしくなります。

慣れないうちはどくだみの量を少な目に、その後様子をみて増やしても。

煎じる場合はひとつかみ10~15gを800ml~1リットルの水で煮だします。
土瓶なんかでやるんですよ。
金属製の鍋ややかんは使わないようにするそうです。
水、どくだみを火にかけて沸騰したら、弱火で15~20分じっくりと煮だして、こします。

温かいどくだみ茶、冷たいどくだみ茶。

温かいどくだみ茶はホッとする薬草茶。
暑い時期は熱中症予防も期待しつつ、冷たいどくだみ茶。

どくだみ茶のレシピ情報

お菓子ジャンル

季節:

イベント:

国・地域:

レシピキーワード:,

梅酒

基本の梅酒の作り方を紹介します。
梅は青梅でも黄梅でも。味比べも楽しい。

伊予柑マーマレード

伊予柑を使ったマーマレードジャム。
苦味を抜くためには何度か水を替えてもみ洗いして水にさらします。

梅ジャム

フルーティーで甘酸っぱい梅ジャム、梅の季節の梅仕事。
自家製梅ジャムのコツを紹介します。

しょうが糖

甘くて辛いしょうが糖。
やみつきになるさわやかな辛さ。