チョコレートお菓子の簡単な注意点はページ一番下に。

オレンジの香りとチョコレート、オランジェットを作ります。

オランジェット


ジャンル: 主な食材: , 季節: ,

透明感のあるオレンジ色のピールに溶かしたチョコレートを。
爽やかでほろ苦いオランジェットのできあがり。

オランジェット

Photo: by Magical Kitchen

チョコをかけたオレンジピールは
まるでサプリメント

ブレイクタイム、ちょっと甘いモノ食べたい時
オランジェットをつまむと、元気になれる。
それはそれは贅沢なひととき

材料/分量/25~30本分

  • チョコレート ・・・120g
  • オレンジピール ・・・6枚

作り方

  1. オレンジピールは5~7ミリ幅に切り、水分をペーパータオルでそっと拭き取ります。
  2. チョコレートは、細かく刻みボウルに入れ、湯煎にかけて温度調節(テンパリング)しながら溶かします。
  3. 溶かしたチョコレートにオレンジピールを八分目まで浸してから、余分なチョコレートを落とします。
  4. アルミホイルの上にのせてチョコが固まるまで涼しい場所に置いておきます。

キッチンメモ

オランジェットは砂糖で煮たさわやかな柑橘の皮にチョコレートをかけたお菓子です。
甘くてほろ苦の柑橘のピールのおいしさと、チョコレートの組み合わせが最高。
コーヒーやお酒とともに、おとなの味。

今回使ったピールは伊予柑で作った自家製の伊予柑ピールです。
いよかんピールは、香りよくコクがあって食べやすいピール、パン作りや焼き菓子づくりにも活躍してくれます。
チョコレートは甘いミルクチョコレートではなく、ビターなものがおすすめです。板チョコのブラックでもOK。

チョコレートを溶かす作業はテンパリングと言います。

作り方を写真で説明

並べて乾かす

チョコをつけたオレンジピールを並べて乾かします

砂糖を溶かしたシロップで柑橘の皮を煮る

こちらは自家製伊予柑ピールを煮ている所です。

チョコレートお菓子作りの注意点

チョコお菓子を作る際のポイントを簡単に紹介します。
チョコお菓子やお菓子作りに始めて挑戦する人は、参考にしてみてください。

板チョコの選び方

手に入りやすい板チョコでも作ることができます、板チョコでチョコお菓子を作る場合、ラベルの原材料をよく見て原材料がシンプルな物。例えば明治、森永、ロッテなどの普通の板チョコレートを。

板チョコの他に割チョコ、一口チョコレートもシンプルな原料なら刻んで溶かすことも、焼き菓子にチョコチップ代わりに入れることもできます。

チョコの刻み方

チョコレートを刻む時は大きめの紙をまな板の上に敷いて刻むと後が楽です。大きさをそろえて細かく刻むと均一に溶けます。
包丁に水分がついていないか確認を。

チョコレートを溶かす作業

使用するボウルに水分がついていないか確認。ボウルに水分が入らないように気をつけます。
電子レンジを使う場合は加熱し過ぎに注意、溶けていない場合の再加熱は短時間ずつ、様子を見て。

ラッピングに関して

お菓子から油分が染み出てくるので、油を通さないラッピングにします。
ワックスペーパー、クッキングシート、ビニール系のラッピンググッズ(袋やセロファンなど)なら大丈夫です。
適さないのは紙ナプキン、キッチンペーパー、普通のラッピングペーパー。

マジカルキッチンチョコレートに関するTips

マジカルキッチンTipsコーナーにて素材選びやコツ等書いています。

おすすめのチョコレートの本

TV放送されたプロのチョコレートが家庭で作れる本。

簡単で作りやすいレシピ、チョコレートの焼き菓子達。

作りたい定番トリュフ、ブラウニー、ロールケーキ、ガトーショコラ
アレンジのきいたものも、ラッピングも紹介。

オランジェットと同じ材料で作れるお菓子

材料:オレンジピール|チョコレート|

材料大分類:ナッツ・種子・ドライフルーツ|市販の菓子|

オランジェットと同じジャンルのお菓子

ジャンル: