1. TOP
  2. お菓子作りtips
  3. お菓子作りのコツ・アイディア
  4. パンケーキ・ホットケーキの生地作りのコツ

パンケーキ・ホットケーキの生地作りのコツ


カテゴリー: お菓子作りのコツ・アイディア
パンケーキ作りの材料

パンケーキ・ホットケーキの生地作りのコツを紹介します。

必要な道具と材料
生地の混ぜ方のコツ
生地のアレンジ

マジカルキッチン:パンケーキ・ホットケーキ・クレープ・どら焼きコーナー

パンケーキ作りに必要な道具

ホットケーキ・パンケーキ作りに必要な道具は、ボウル、小さめのボウル、泡立て器、ザル(または粉ふるい)
計量カップ、ハカリ、計量スプーン。
ゴムべら(最後に残った生地を集めやすい)使わなくてもOK。
生地を混ぜるボウルは大きめサイズのほうが作業が楽になります。

パンケーキの生地作りの道具

生地作りの道具

計量カップとスプーン

計量カップとスプーン

計量カップ、計量スプーンはハカリを使った方が慣れると楽です。
特に計量スプーンは、誤差が出やすいのと。
大さじ1/2、2/3など半端な分量が量りにくいため。

ハカリはデジタル製で0(ゼロ)表示機能があるものが便利。
粉を量って一度ゼロに戻して、砂糖を図るという使い方が出来ます。
お菓子作りには、0.5g、0.1gから量れるものが便利です。

パンケーキ作りに必要な材料

パンケーキ作りの材料

必要な基本の材料は、薄力粉、ベーキングパウダー、卵、豆乳または牛乳。塩、砂糖、バニラエッセンス。

ベーキングパウダーはベーキングパウダーは古くないものを。
古くなると膨らませる力が落ちます。

ベーキングパウダーに含まれるアルミが気になる場合は、アルミが入っていないと表示にあるベーキングパウダーを選びます。

砂糖はきび砂糖を使うとコクが出ます。

バニラエッセンスを加えるとお店のホットケーキの香りになります。
そば粉を使ったものなどは、香りを活かしたいのでバニラエッセンスは加えません。

生地の混ぜ方

  1. 粉をふるう、塩、砂糖も混ぜる。粉に液体(卵、牛乳を混ぜたもの)を混ぜる。
  2. 5分程度室温で休ませる。(休ませている間にフライパンやホットプレートの準備をします。)
  3. 生地がなじんで焼きやすくなります。
薄力粉、きな粉でパンケーキ

薄力粉、ベーキングパウダーをボウルにザルなどを使ってふるい入れます。
写真はきな粉入りパンケーキのものです。
ここで粉をふるって加える事で、水分を加えた時に出来る白い粉の固まり「ダマ」が防止されます。

卵、豆乳他を混ぜる

別のボウルに卵を割りほぐし、ヨーグルトや牛乳を加えて混ぜます。

きな粉入りの茶色いパンケーキ生地

粉のボウルに卵液を加え、混ぜあわせます。
グルグルネチネチと練り混ぜ過ぎに注意。膨らみが抑えられます。

パンケーキの生地アレンジいろいろ

パンケーキやホットケーキ生地をアレンジして味はもちろん食感もかえてみませんか。
しっとりした生地の作り方、色々な生地のアレンジ、和風生地等の紹介です。

パンケーキ・ホットケーキの生地をしっとりさせたい時

ヨーグルトや豆腐を加えると生地がしっとりします。
または砂糖を多めに加える、野菜ペースト、バナナをつぶしたもの
さつまいも、かぼちゃのペーストなどを加えると生地がしっとりします。

リッチにしたい時は粉約180gに対して溶かしバターを10g加えます。

粉のかえて風味を変えたい時

全粒粉、きな粉、そば粉、コーンミールなどを加えると風味がかわります。

生地に風味を付けてアレンジしたい時

バナナ(つぶす)、あずき缶
小松菜、ほうれん草(ゆでてペースト状にして使います)

ピーナツバター、よもぎ、豆の甘煮、チョコチップ、刻んだチョコ。
粉に混ぜるもの、抹茶、コーヒー、ココア、紅茶

和風材料をセレクト、きな粉、黒糖、ようかんをさいの目に切って入れるのもありです。
黒蜜、抹茶、よもぎ、小豆、豆の甘煮などなど。

色々試して自分オリジナルのステキなパンケーキを楽しんでください。

マジカルキッチン、パンケーキ・ホットケーキ作りのコツシリーズ

マジカルキッチンお菓子作りのtipsにて紹介中。