チョコレートお菓子の簡単な注意点はページ一番下に。

マシュマロとビスケット入りのチョコレートバー。

マシュマロチョコバー


ジャンル: 主な食材: , , , 器具: 季節: ,

マシュマロの柔らかな食感がユニークなチョコ
ビスケットとマシュマロがゴツゴツとワイルドな見た目です。

マシュマロチョコバー

Photo: by Magical Kitchen

かじって始めてわかる
マシュマロの不思議食感。
恋もはじめてみなければ
わからないことがたくさん。

ホワイトデーレシピコーナーへ

材料/分量/約5本分

  • チョコレート ・・・150g
  • マシュマロ ・・・30g
  • レーズン ・・・20g
  • ビスケット ・・・25g

作り方

  1. ビスケットは手でおおまかに割り、マシュマロが大きい場合は縦に2つにキッチンバサミでカットします。チョコレートは細かく刻み、湯煎でチョコレートを溶かすか、電子レンジで溶かします。電子レンジの場合は、耐熱性の器に入れてラップをせずに溶かします。(溶けなければ少しずつ再加熱を)
  2. 1のチョコレートをスプーンで手早くしっかりとかき混ぜチョコレートを完全に溶かし、なめらかになれば、ビスケット、レーズン、マシュマロを加えて混ぜます。
  3. ラップをしいたお弁当箱に2を流しいれ、そのままそっと冷蔵庫など涼しいところで冷やし固めます。

キッチンメモ

マシュマロのもっちり食感とサクサクビスケットが楽しいチョコレートバーです。どんな切り口が出てくるかお楽しみ。
カットして配れば、友チョコ、カジュアルチョコにぴったり。

ミニマシュマロを使えば、可愛い感じに、今回のような大きめのマシュマロなら、ワイルドに仕上がります。

チョコレートを電子レンジで溶かす時間は下の「電子レンジでチョコレートを溶かす」を参考にしてください。

セロファンでキャンディみたいに包んだり、油のしみないワックスペーパーなどで包んでもかわいい。
数本贈るなら、紙コップに入れてセロファンで包むとキュートで崩れにくいですよ。

お弁当箱の大きさは9×14センチのものを使いました。

写真でマシュマロチョコバーの作り方を説明

マシュマロ、ビスケットなど用意

マシュマロとビスケットなど中に入れる物を用意します。

溶かしたチョコレートにマシュマロなど加える チョコを滑らかに溶かしたら、マシュマロなどを加えます。 型に入れて固める

ラップを敷いたお弁当箱などに入れて冷やし固めます。涼しい場所か、冷蔵庫で。

チョコレートお菓子作りの注意点

チョコお菓子を作る際のポイントを簡単に紹介します。
チョコお菓子やお菓子作りに始めて挑戦する人は、参考にしてみてください。

板チョコの選び方

手に入りやすい板チョコでも作ることができます、板チョコでチョコお菓子を作る場合、ラベルの原材料をよく見て原材料がシンプルな物。例えば明治、森永、ロッテなどの普通の板チョコレートを。

板チョコの他に割チョコ、一口チョコレートもシンプルな原料なら刻んで溶かすことも、焼き菓子にチョコチップ代わりに入れることもできます。

チョコの刻み方

チョコレートを刻む時は大きめの紙をまな板の上に敷いて刻むと後が楽です。大きさをそろえて細かく刻むと均一に溶けます。
包丁に水分がついていないか確認を。

チョコレートを溶かす作業

使用するボウルに水分がついていないか確認。ボウルに水分が入らないように気をつけます。
電子レンジを使う場合は加熱し過ぎに注意、溶けていない場合の再加熱は短時間ずつ、様子を見て。

ラッピングに関して

お菓子から油分が染み出てくるので、油を通さないラッピングにします。
ワックスペーパー、クッキングシート、ビニール系のラッピンググッズ(袋やセロファンなど)なら大丈夫です。
適さないのは紙ナプキン、キッチンペーパー、普通のラッピングペーパー。

マジカルキッチンチョコレートに関するTips

マジカルキッチンTipsコーナーにて素材選びやコツ等書いています。

おすすめのチョコレートの本

TV放送されたプロのチョコレートが家庭で作れる本。

簡単で作りやすいレシピ、チョコレートの焼き菓子達。

作りたい定番トリュフ、ブラウニー、ロールケーキ、ガトーショコラ
アレンジのきいたものも、ラッピングも紹介。

マシュマロチョコバーと同じ材料で作れるお菓子

材料:チョコレート|ビスケット|マシュマロ|レーズン|

材料大分類:ナッツ・種子・ドライフルーツ|市販の菓子|

マシュマロチョコバーと同じジャンルのお菓子

ジャンル: