1. TOP
  2. 料理のtips
  3. 料理の道具、食器等
  4. 鉄製ステーキ皿VSスキレット

鉄製ステーキ皿VSスキレット


カテゴリー: 料理の道具、食器等
ナポリタン焼きそば

今回のマジカルキッチン料理のTipsはキッチン道具に関する話。
鉄製のステーキ皿とスキレットを取り上げます。

ブームのスキレットに目が行きがちですが
ステーキ皿もなかなかの実力。
ステーキ皿の選び方も紹介します。

ステーキ皿やスキレットでお店風演出

鉄製のステーキ皿やスキレット、鉄に厚みがあり保温性があります。
熱い料理を熱々のままテーブルに出すことができるのが最大のメリット。

欠点は手入れにコツが必要だったり重いこと。

このスキレットやステーキ皿、子どもさんがいる家庭にこそおすすめです。
普段の食事もこれに盛りつけただけでお店の雰囲気に。
おうち外食が楽しくなるアイテム。
見た目も、ジューって言うあの音もいいですよね。

とは言え私も、普段あまり使っていないのでもっと活用したいと思います。
フレンチトーストなんか盛りつけてもいいですよね。

ステーキ皿は、ステーキ、ハンバーグはもちろん炒飯、スパゲッティ、焼きそばでも活躍。
麺の隣に卵を落として半熟の目玉焼きを麺にからめながら食べるのが最高。

ステーキ皿、使い方は基本、フライパンで焼いたものを
火にかけてサラダ油やバターをひいたステーキ皿にのせて仕上げます。

このとき、付け合わせのポテトなどレンジで蒸してスライスしたじゃがいもを
乗せて焼いて、塩、こしょう、それだけでこんがりポテトの出来上がり。

また鉄のステーキ皿、スキレット両者、オーブン調理可能です。

お手入れ方法

使い始めに空焼きが必要か、不要かなど
一番最初使う前に説明書きを読んでみてください。

使うほど油が鉄板がなじむので、使いやすくなります。
洗うときは洗剤をつけずに洗います。

落ちにくければタワシとお湯を使います。

スキレットVSステーキ皿

スキレットは深さがあるので調理が可能です。
ステーキ皿は深さがないので本体での調理は難しいです。
(深さがあるタイプならある程度は可能かも)

スキレットで調理してそのままテーブルに出してOKなのはいいですね。
またスイーツ作りにも活用できるのはスキレットの長所。

スキレットは持ち手があるのが便利。
ただステーキ皿は持ち手がない分収納しやすいです。

見た目の好みも重要です。
イメージとしてはステーキ皿はクラシックな印象。レストラン。
スキレットはカジュアル、カフェ。

個人的には家族が多い場合、小型のスキレットだと
家族の人数分個別に火にかけないといけなくなるので
それは不便そうだと思っています。

スキレットで昔から有名なメーカーはロッジ。
ニトリのスキレットも人気があります。

いわゆる持ち手つきのスキレットではなく鍋。
蓋つきで大きさも深さもあるので煮物、炒め物にも役立ちそうです。
蓋つきと言うのも便利そう。
ピザやパンも焼けます。

ステーキ皿の選び方

シンプルなものを選びます。
装飾等ないほうが洗いやすいです。
深さが浅め、深めとあります。

深さのあるものは、麺類等食べやすいです。
ステーキなどは浅めの方が食べやすいです。
レトロなタイプが欲しいなら浅めを。

大きさは、大は小をかねるということで大きめがおすすめ。
付け合わせや麺を多く盛りつけることができます。

持っている楕円形のステーキ皿は、小さめサイズ。
スパゲッティを盛りつけるといっぱいいっぱいです。

楕円形、丸型とあります。
ステーキやハンバーグを食べることが多いならクラシックな楕円を。
麺類や付け合わせを多めに乗せたい場合は円形がおすすめです。