1. TOP
  2. お菓子作りtips
  3. お菓子の材料tips
  4. かぼちゃについて

かぼちゃについて


カテゴリー: お菓子の材料tips料理の食材tips
かぼちゃ

マジカルキッチン料理のTips今回は食材『かぼちゃ』を取り上げます。
1年じゅう見かけますが旬はいつ?どうやって保存?栄養は?
かぼちゃに合う香辛料、調味料とは。
簡単なレンジでの下ごしらえ方法などをお届けします。

かぼちゃの旬

かぼちゃの旬は6月から9月。
冬至にかぼちゃを食べることから冬の野菜のイメージもありますが
かぼちゃは、夏野菜に分類されます。

かぼちゃの保存法

かぼちゃは丸のままなら、長く保存できる野菜です。
冷暗所で保存します。
カットしてあるかぼちゃは、種とワタをとってラップをかけて冷蔵庫の野菜室で保存します。

かぼちゃの栄養

冬至にかぼちゃを食べると風邪をひかないと古くから言われるように
糖質が多いかぼちゃですが、その他の栄養も豊富な野菜です。

実は皮には実よりも多くカロテンが含まれています。
ビタミンA,C,E、カロテンのほか、カリウム、鉄、食物繊維も多く含まれています。

かぼちゃの選び方

重いもの、固いもの、ヘタが乾燥しているものがよいかぼちゃ。

カットしてあるかぼちゃの場合は、果肉の色が濃い色。
種がしっかりできているものを選びます。

かぼちゃのコツ

もし少々甘みの薄いかぼちゃや水っぽいにあたってしまったときは。
一口大に切って、砂糖を振ってしばらく置いて水気を出してから電子レンジへ。
水っぽさが少しは抜けます。

それでも、本当に全然おいしくないかぼちゃは、煮物、お菓子作りにはむいてません。
たまにそういうかぼちゃに当たってしまいます。
そんな時は、パンプキンスープや豚汁、ほうとうなど汁物にするのがおすすめです。

かぼちゃに合う香辛料

お菓子作りに使うかぼちゃなら、おなじみなのはシナモン。
他にナツメグ、オールスパイスもかぼちゃスイーツに合います。
さわやかな甘い香りが、かぼちゃの素朴さ、甘さをよりひきたてます。

少量ずつ組み合わせて使うのもおすすめです。

またお酒ならダークラムがぴったり。
かぼちゃプリン、ケーキ等に加えると香りがよくなります。

料理に使うかぼちゃなら、ナツメグが合います。
もう一つよく使うのが、マスタード。
粒マスタード、なければ練り辛子を。
甘いかぼちゃにピリッとしたアクセントを加え、大人っぽい味にしてくれます。

かぼちゃの下ごしらえ

かぼちゃは少量ずつ蒸すのも面倒なので、
1/4~1/2個程度を一度にまとめて蒸して使ってます。

塩を少々振ってレンジや圧力鍋で蒸しています。
蒸したものは冷凍保存もできます。

熱いうちにつぶしてお菓子作りにも活用できます。
おいしいかぼちゃなら、そのままおかずとして食べてもホクホクおいしい。

皮は用途によって、皮つきでも、取って皮なしで蒸しても。
皮ごと蒸す場合も、汚れた部分や固い部分は取り除きます。

一口大にカット、大きく蒸したりもお好みで。

電子レンジでかぼちゃを加熱する際の注意点

レシピの加熱時間は目安なので固ければ少しずつ延長してください。

かぼちゃは洗って水気のついたままレンジ加熱します。

加熱後柔らかくなったら、ラップを取って水分を飛ばすようにすると
ほっくりと仕上がります。

一口大にカットして下ごしらえ

かぼちゃレンジ加熱の時間の目安正味280gのかぼちゃ
電子レンジ600wで約4分前後。

一口大にカット

種、ワタをスプーンで取り洗って皮をむき一口大にカットします。
用途によっては皮はつけたままでも。

電子レンジにかける

耐熱性の皿にのせ、塩少々をふって軽くラップをするか
レンジ用のフタをして蒸します。

柔らかくなったかぼちゃ

竹串でやわらかくなったかチェック。
皮ごと蒸した場合は、皮部分も柔らかくなったかチェック。
柔らかくなっていれば、フタをあけて水分を飛ばします。

つぶす場合は、熱いうちにつぶすと、つぶしやすいです。
固いとつぶしにくいので、柔らかめに加熱します。

大きいまま皮ごとレンジで蒸す場合

かぼちゃレンジ加熱の時間の目安正味280gのかぼちゃ
電子レンジ600wで約4分半前後。

大きいままレンジで加熱

種とワタをとって洗ってラップに包むか、ポリ袋に入れて電子レンジにかけます。
加熱むらが気になる場合は、途中で一度上下を返すと加熱むらが防げます。

竹串を刺してチェック

実をとる場合は熱いうちにスプーンで実の部分をすくいとります。


かぼちゃを使ったお菓子とドリンクレシピ


かぼちゃを使った料理レシピ

ハロウィン特集