ジャムのグラニテ、レモンでさっぱり仕上げます。

ジャムグラニテ


ジャンル: , 主な食材: , 季節: ,

お気に入りのジャムで作る簡単グラニテの作り方。
カチカチに固まらないから手間なしです。ブルーベリー、ストロベリー、マーマレードいろんな味でお試しを。

ジャムグラニテ

Photo: by Magical Kitchen

ストロベリー、ブルーベリージャム。
淡いレモンジャムの色。
アプリコット、いちじくジャム。
トロピカルにパイナップル。
将来の夢ジャム屋さん。
ジャムの瓶を並べて色とりどり。

店内は濃い木目調、ジャムの棚には古い木が似合う。
ジャム屋さんの隣には、カフェがあるといい。
ジャムを使ったお菓子を出す。
飲み物にもジャムを。
もちろんジャムで作ったグラニテも。

ハロウィンレシピ特集

調理時間: 5分 分量: 3人分

材料

  • 好みのジャム ・・・100g
  • レモン汁 ・・・小さじ2
  • 好みでラム酒 ・・・小さじ1
  • 水 ・・・120ml

作り方

  1. 冷凍OKな器にジャムとレモン汁、水を少し加えてジャムを溶きのばし、残りの水とラム酒も加えます。
  2. 器にフタをして冷凍庫で半日程度、固まるまで冷やし(調理時間外)、固まればスプーンですくってグラスに盛ります。

キッチンメモ

好きなジャムで作るひんやりデザート。
ジャムの成分で途中でかき混ぜなくても固く固まらないので手間がかかりません。
(お酒を加えることでも固く固まりにくくなります。)

ジャムで作ったとはわからない、風味のある仕上がりです。
レモン汁はポッカレモンでいいので加えてください。

ジャムって大瓶を買ってしまうと、ついつい使い切れなくて残りがち。
余って困ったなぁ、パンに塗るしか思いつかない。
そんな時は、こんな風にジャム大量消費のデザートづくり。

ジャムの甘味はそれぞれなので、ジャムの量は、好みで加減してください。
グラニテは本来それほど甘くないそうですが
デザートとして食べるなら、少し甘目がちょうどいいですね。
凍らせると甘味が薄く感じられるのでそれも考慮して調節を。

真夏に食べたいさっぱりグラニテ、こちらはスイカを使ったものです。

グラニテとは。レモン汁で味をひきしめる
金属製の器。ハロウィンパーティーのデザートに

グラニテとは

グラニテは、フランスの冷菓。
シロップを凍らせて崩すシンプルなもので、食感は、ざくざくした感じです。
シャーベットよりもあっさりとした氷菓です。
もとはイタリアのグラニーテ、フランスに渡ってグラニテになりました。

レモン汁できゅっと味をひきしめて

ジャムを混ぜた液体にレモン汁を加えることで、さっぱりと引き締まった味になります。
これはレモンの風味を加えるというよりも隠し味的なものです。

ミックスジュースやスムージーを作る時も、レモン汁を少量加えることで、
ぼんやりとした、味がひきしまって飽きのこない味になります。
レモンは生のレモンがないときは、ポッカレモンなどのレモン果汁を使っても大丈夫です。

金属製の器

アイスクリームやシャーベット作りに使用する器。
冷凍庫OKなものなら、特別なものはいりません。
早く凍らせたいときは、金属製の容器は熱伝導がいいので早く冷えます。
私はかき氷の氷用のフタつき、金属製の容器をよく使ってます。
冷凍庫のスペースが広い場合は、もっと大きな金属製の器やバットを使ってもいいですね。

ハロウィンパーティーに

簡単に作れるので、あと1品デザートが欲しいときにも気負わず作れます。
紫色のブルーベリージャムで作れば、魔女の活躍するハロウィンにぴったり。
白玉団子でゴーストを作って添えてもいいですね。

ジャムグラニテと同じ材料で作れるお菓子

材料:ジャム|レモン|

材料大分類:果物|調味料・甘味・香辛料|

ジャムグラニテと同じジャンルのお菓子

ジャンル: |