ゴマどら

ゴマどら
スポンサーリンク
ゴマ風味の変わりどら焼き、折りたたんだ形のどら焼きに

どら焼き食べたら
極上日和

本日どら焼き日和なり

食べればわかる
この時間

材料

  • ホットケーキミックス  ・・・100g
  • 砂糖  ・・・大さじ2
  • はちみつ  ・・・大さじ1
  • みりん  ・・・大さじ1
  • しょうゆ  ・・・小さじ1/4
  • 卵  ・・・1個
  • 無調整豆乳(または牛乳)  ・・・70ml
  • 黒いりごま  ・・・大さじ1
  • 小豆あん  ・・・200g
  • 黒すりごま  ・・・大さじ2

作り方

  1. (あん下準備)あんはすりごまを加えて混ぜ、等分にわけます。
  2. (卵泡立て)ボウルに卵を割りほぐし、ハンドミキサーで泡立てます。泡立ってきたら、砂糖を加え、もったりとするまで泡立てます。
  3. (生地を混ぜる)はちみつ、みりん、醤油、豆乳、黒ごまを加え、ホットケーキミックスも加えてゴムベラで混ぜます。
  4. (焼く)フライパンまたはホットプレートは温めておき、薄く油を塗ります。ホットプレートは170~180℃にし(フライパンは中火で。)生地をお玉に8分目程度に入れて天板に楕円に落として焼きます。160~140℃に温度を下げ(フライパンは中火から弱火で焼く)プツプツと穴があいてきたら、裏返して火を通します。 (計8枚焼きます)
  5. (包む)焼きあがったものは、皿に重ね乾燥しないようにふんわりとラップをかけておきます。皮1枚にあんをのせて折りたたみます。

キッチンメモ

ゴマ入りの変わりどら焼き。
ゴマが香ばしさをだしてくれます。

形もいつものどら焼きとは違う形。
昔のワッフル風に。
皮1枚であんを挟んで折りたたんでいます。
ちょっとレトロな感じでいいですよ。

ちなみに昔のワッフルとは、カスタードクリーム等を挟んだやわらかい皮のワッフルです。

どら焼き生地に加える豆乳は牛乳か、水にかえても大丈夫です。
お醤油は風味づけの隠し味なので、ほんの少々加えます。

どら焼き皮のしっとり感、ふんわり感を出すためのコツも書いています。
基本、生地は甘めに作る。(砂糖を減らすとしっとりしない)
生地を焼きすぎない、乾燥させないことがポイントになります。

マジカルキッチンお菓子のTips

どら焼き作りのコツ、レシピまとめ、アレンジ、雑学等を紹介

どら焼き、作り方のコツ、アレンジ
お家どら焼きのコツを総会。パサつく、固い等のお悩みも解決。
生地作り焼き方、アレンジレシピ等も紹介します。

ゴマどらの作り方を写真で説明

卵を泡立てる

卵を泡立てます。
手動で泡だて器を使ってもOKです。
あればハンドミキサーを使うと楽です。

寒い時期は泡立ちにくいので、軽く湯煎をすると泡立ちやすくなります。

泡立ってきた卵

泡立てていると白っぽくなり、かさ(分量)が増してきます。
もったりとしてくるまで泡立てます。

ホットケーキミックスも加えて混ぜる

蜂蜜、砂糖、豆乳他も加えます。
ホットケーキミックスも加えてゴムベラで混ぜます。

生地が固ければ、水分を少し加えて調整します。

スポンサーリンク

ホットケーキミックスでどら焼きのコツ

今回のどら焼き生地はホットケーキミックスで作ってます。
研究を重ねて、ホットケーキミックスでも味はしっとり本格派。
2012年からこの味です。

ホットケーキミックスで作るどら焼きの失敗作はこんな感じ。
しっとり感が足りない。
生地のきめ細かさが足りない。
和菓子の甘さが足りない。
香りが洋風?

つまり、どら焼きなのに、ホットケーキやパンケーキっぽいんです。
これはこれで十分おいしいんですけどね。

本格どら焼きに改良するには、まずは甘みをプラス。
それまでも砂糖を足して作っていたのですが、さらに蜂蜜もプラス。
これでしっとりしてきます。

さらに、ちょっと手間ですが、卵を泡立てます。
ホットケーキミックスを使っているので、膨らみやすいのですが。
卵を泡立てるとふんわりときめ細かくなります。
面倒な時は、作業を省いても構いません。

また、みりん、しょうゆを加えることもコツのひとつ。
ホットケーキやパンケーキではなくどら焼きの風味を出してくれます。

ホットケーキミックスを使わないどら焼きの皮レシピです。
薄力粉と重曹(またはベーキングパウダー)を使います。

マジカルキッチンお菓子レシピ

かぼちゃどら焼き
手作りのどら焼きの皮に自家製かぼちゃあんを挟んだかぼちゃどら焼き。
かぼちゃあんの作り方、しっとりしたどら焼きの皮作りのポイントも紹介します。

どら焼きの皮の焼き方のコツ

どら焼きの皮、イマイチ上手に焼けない。
なんてお悩みありませんか?
大体は焼けば焼くほど上手になって。
終わりが近づくころ、焼くの上手になったなぁって感じになります。

ここではどら焼きの皮を焼く前、生地の流し方。
焼く時、焼いた後のコツを紹介します。

どら焼きの生地は砂糖が多いため、焼き色がつきやすく、焦げやすいです。
フッ素加工(テフロン加工)のホットプレート、フライパンを使ってパンケーキ、ホットケーキを焼く際。
普段は、基本的に油をひかないほうがきれいな焼き色がむらなくつきます。

どら焼きの皮を焼く前のコツ

どら焼きの場合は、焦げ付きやすいので薄く油をひくようにしています。
焦げ付きが大丈夫そうなら、油をひかずに焼いても構いません。

フライパン、ホットプレートは、生地を流す前に温めておきます。

どら焼きの皮、生地の流し方、火加減

火加減はフライパンの場合。
初めは中火、だんだんと弱めに加減。
様子を見ながら加減します。

ホットプレートの場合も、初め余熱は160℃。
焼き始めたら140℃に温度を下げます。
焦げそうならそれ以下に調節します。

使用するホットプレートやフライパンによって。
ちょうどいい火加減は変わってきます。
目で見て確認しつつお使いのものに合わせて加減してください。

フライパンでどら焼きの皮を焼く場合。
フライパンを火にかけて生地を流す前。
一度濡れふきんの上に置いて少し冷まして、再度火にかけます。

油が多すぎると焼きむらが出来きます。
余分な油は、キッチンペーパーなどでふき取ってください。

生地を鉄板に落とすときは一気に落とします。
生地をお玉で広げたり、継ぎ足したりしないようにします。
継ぎ足すと継ぎ目の跡ができます。

焼く際は、フタをして焼いた方が乾燥が防げます。

時間をかけて焼いていると、どら焼き生地の水分が乾燥していきます。
結果しっとり感がなくパサつきます。

生地を鉄板に落として穴があいて来たらそろそろ裏返す頃
フライ返しを入れてみて、チェック。
いい茶色になっていて裏返せそうなら、裏返します。

まだ生地が生っぽくて、ひっくり返せそうもない。
焼き色がうすければ、無理せず、もう少し待ちます。
焦げそうなら、火を弱めます。

裏側は乾く程度に焼きます。

焼き終わった皮は、重ねてラップをふんわりかけて乾燥を防止します。

ゴマどらと同じ材料で作れるレシピ

お菓子ジャンル

製菓器具: /

季節:

イベント:

国・地域: