ニラ入りのつくね、辛子酢醤油がおすすめ。

ニラつくね


主な食材: , , ジャンル:
器具: ,

ニラ好きな人におすすめ。
鶏とニラのシンプルつくね種をフライパンでこんがり焼いて。

ニラつくね

Photo: by Magical Kitchen

材料/分量/12個分

  • 鶏胸肉 ・・・大1枚(350g、正味300gまたは鶏ミンチ)
  • 塩 ・・・少々
  • こしょう ・・・少々
  • 酒 ・・・大さじ1
  • 片栗粉 ・・・大さじ2
  • ニラ ・・・1束
  • しょうが ・・・1片
  • ごま油 ・・・大さじ1

作り方

  1. 鶏肉は皮と余分な脂をとり一口大に切ります。しょうがは適当な大きさに刻みます。フードプロセッサーに鶏としょうが、塩、こしょうを入れてフードプロセッサーにかけてミンチにします。
  2. 酒、ごま油、片栗粉を加えて粘りが出るまでフードプロセッサーにかけます。包丁でなるべく細かく刻んだニラを加えてスプーンで全体を混ぜます。 出来上がった種を平たい楕円形にまるめます。
  3. フライパンを火にかけサラダ油をなじませ、鶏を並べ中火で焼きます。焼色がついたら裏返しフタをして3,4分焼いてできあがり。 辛子酢醤油やソースで召し上がれ。

キッチンメモ

ニラを加えたシンプルな鶏のつくねです。
つくねと言うよりは、鶏肉たっぷりの餃子の具を堪能している感じ。
あっさり鶏胸肉が一気にスタミナ満点おかずに。

以前紹介した時はニラニラつくねの名前でした。
今回は鶏肉の割合を増やして丸めやすくしています。

ニラはフードプロセッサーで上手く刻めないので包丁で細かめに刻みます。
細かいほうが形を作る時に丸めやすくなります。

フードプロセッサーを使わず鶏ミンチで作る場合もほとんど同じ作り方です。
ボウルに鶏ミンチ、塩、こしょうを入れて粘りが出るまで手で練ります。
すりおろししょうがを加えてさらに練り、酒、刻んだニラ、ごま油、片栗粉も混ぜて種のできあがりです。

作り方を写真で説明

鶏肉をフードプロセッサーでミンチに

鶏肉をフードプロセッサーでミンチにします。

つくねをフライパンに並べて焼く

つくねをフライパンに並べて焼きます。

フードプロセッサーとハンディブレンダーのフードプロセッサー機能を使うコツ

いろんな材料があっという間にみじん切り、鶏や豚のミンチを作るのも得意なフードプロセッサー。
餃子、ハンバーグ、つくね、鶏団子をよく作っています。
他にはハッシュドポテトや大根餅、野菜を刻むのが本当に楽です。

使いこなすまでに少々コツがあったのでいくつか書いてみました。

フードプロッセッサーを使うコツ

便利なフードプロセッサーですが、使い始めは戸惑いました。
回しすぎて、お好み焼きのキャベツがあっという間に細かくなりすぎてビックリしたことも。
均一に刻めず、固まりが残ったりもしました。

全体的に均一に刻めないときは、一度止めて菜箸やへらで全体を混ぜて再度スイッチを入れると上手く回ります。
後は量を入れ過ぎないこと。

スティックタイプのハンディーブレンダータイプのフードプロセッサーについて

スティックブレンダー、ハンディブレンダーを呼ばれるタイプのブレンダー。
コンパクトでお鍋に直接入れてポタージュを作ることもできます。
機種によっては、刃と器を付け替えてフードプロセッサーになるものがあります。

マジカルキッチンで使っているものもそのタイプです。
使う上で気を付けた方がいい点があったので書いてみます。

使用可能時間が短い機種が多いので、説明書を見て確認。
使用可能時間を超えないように作業します。
超えると機体が熱くなり故障の原因になります。

上のフードプロセッサーのコツでも書いたように分量を規定以上入れると
回りにくくなり、刻めません。
たくさん刻みたい時は数回に分けています。

後、鶏の皮を入れると中心の棒にひっかかって回らないので、取り除いています。
無理に回すと故障の原因にもなるので注意したいですね。

ニラつくねと同じ材料で作れる料理

材料: しょうが| ひき肉| ニラ| 鶏肉|

材料大分類:|香味野菜・薬味・ハーブ|

ニラつくねと同じジャンルの料理

ジャンル: