1. TOP
  2. お菓子作りtips
  3. お菓子の道具、食器等のTips
  4. 電動ハンドミキサー

電動ハンドミキサー


カテゴリー: お菓子の道具、食器等のTips
ハンドミキサー

お菓子作りを始めたばかりのころ、悩むのがお菓子作りの道具をそろえること。
どんな型をそろえようか、道具は何が必要か。
一度にそろえなくても、徐々にそろえていけば大丈夫。
今回のマジカルキッチンTipsではお菓子作りの道具、電動ハンドミキサーについて紹介します。
ケーキ作りをしたい人は早めにそろえて損はない製菓器具のひとつです。

ハンドミキサーでできないこと。
ハンドミキサーを使うと楽になるお菓子。 おすすめハンドミキサー。
ハンドミキサーを使う注意点を2つ。

ハンドミキサーで出来ないこと

ミキサーと名前がついているので、ミキサーの仲間のようにも思えますが。
スムージーやバナナジュースは作れません。
かぼちゃをつぶして、ポタージュスープも作れません。
お肉からミンチを作ったり、キャベツを刻んだりもできません。

お菓子作り専用の用途になります。
泡立てや練り混ぜに特化した道具です。

もし料理にも使いたい、ジュースも作りたい、卵、生クリームも泡立てたいという場合は
多機能タイプのハンドブレンダーも選択肢に。

泡だて器の部品に付け替えて使います。
持ちやすさの点では、一般的なハンドミキサーの方が持ち手がある分、手が疲れず持ちやすい感じはします。
分量が毎回それほど多くないなら、気にするほどではないと思います。

ミキサーやハンドブレンダーに関するTipsは下のコラムを参考にしてください。

ハンドミキサーでできること

  • 卵白を泡立ててシフォンケーキ作り。
  • 全卵を泡立ててスポンジケーキやどら焼きの生地。
  • 生クリームを泡立ててホイップクリーム作り。
  • クリームチーズ、卵、砂糖等を柔らかく練って、チーズケーキ作り。
  • バターを柔らかく練って、クッキー、パウンドケーキやバターケーキ。

お菓子作りで大変な作業がハンドミキサーを使うと、とにかく楽に早くできます。
卵や生クリームを泡立てる作業、泡だて器を使って手動でやるのは本当に大変。
しかも時間がかかります。
でもこの作業をきちんとこなさないと、シフォンケーキやスポンジケーキも膨らみません。

たとえば、ツヤツヤ白くてきめ細かなで角が立つようなメレンゲ。
それを卵黄と砂糖、粉の生地に混ぜてふわふわの生地にして、焼き上げると。
シフォンのスカーフのような、フワフワ軽やかなシフォンケーキの出来上がり。
上手に焼けたときの感動は今でも忘れられません。

シフォンケーキやスポンジケーキの材料は基本、砂糖、卵、粉、バター(オイル)
こんなシンプルな材料で作るお菓子だから、少しの失敗が命取り。
泡立て作業が重要になってくるのです。

そしてお菓子作りで大変な作業は、もう一つ、バターやクリームチーズを練る作業です。
バターを練り混ぜて作るクッキーやパウンドケーキ生地は手で練るのと意外と大変。
それらの作業がハンドミキサーを使うと楽々です。
一度にたくさん作る方は特に便利さを実感できます。

バターはしっかり練って空気を含ませることで、ケーキが固くならずふんわりとします。
クリームチーズは練ってダマをなくしてなめらかなチーズケーキに。

お菓子作りを始める方でケーキを作りたい方は、早めの購入がおすすめ。
早く買っておけばよかった系の道具です。

マジカルキッチンのハンドミキサーは、親子代々使っているほど年季のはいったものですが。
壊れないので、家電の中では丈夫な方だと思います。

お手入れも簡単、本体と泡立てる部分が取り外せるので、泡立てる部分を毎回洗います。

価格の方もそれほど高価な方ではありません。

羽部分もコンパクトに収納可能。

電動ハンドミキサーを使う際の注意点

浅めの小さいボウルを使うと液があちこち飛び散りやすいので
深めの大きめのボウルを用意します。
始めの液体状の時は、低速で飛び散らないようにスタート。

ハンドミキサーの羽(泡立てる部分)は、使い終わったら必ずきれいに洗います。
次に使う時に、油分が残っていると泡立ちが悪くなります。
油分のほか、水分も厳禁、使う時に水分がついていないようにします。

生クリームの泡立てについて

生クリームの泡立て方法については下のTipsを参考にしてください。
写真入りで解説しています。

電動ハンドミキサーを使った場合の生クリームの泡立てには注意点があります。
泡立て過ぎに注意。分離してきます。
最後の方の泡立ては、様子をみながら少しずつ。
手動の泡だて器に持ち替えても。