バナナにコーヒー、好きなものだけ混ぜたアイス、お家でアイスクリーム屋さん。

バナナモカアイス

インスタントコーヒーとバニラアイスにバナナ、ビスケット等を混ぜました。
アイスクリームショップ風の楽しいアイスに。コーヒーとバナナの相性も二重丸。

バナナモカアイス

Photo: by Magical Kitchen

調理時間: 5分 分量: 2~3人分

材料

  • バナナ ・・・1本(正味100g)
  • バニラアイス ・・・1個(150g)
  • マシュマロ ・・・3個
  • ビスケット ・・・4枚(12g)
  • インスタントコーヒー ・・・小さじ1

作り方

  1. バナナはフォークの背で粗めに潰し、マシュマロ、ビスケットも小さめのサイズにします。バニラアイスにコーヒー、マシュマロ、バナナ、ビスケットを混ぜて再び冷凍庫で凍らせてできあがり。

キッチンメモ

時々ふと食べたくなるコーヒー味のスイーツ。
ちょっと大人気分が魅力的。
ソフトクリームのコーヒー味も好きですが、あまり見かけないのが困りもの。
そこで今回は市販のバニラアイスを使って香り高いコーヒーアイスを。
バナナ、マシュマロ、ビスケットの具も加えてアイスクリームショップ風の楽しい食感に。
バナナとコーヒーは意外と香りの相性がいいんです。

コーヒーは完全に混ざらなくてもOKです。
他にナッツやドライフルーツを加えてもおいしい。

コツは市販のバニラアイスを選ぶ際、ラクトアイスよりも
アイスクリームやアイスミルクを選ぶこと。
詳しくは下のアイスクリームの表示の見方を参考にしてください。

アイスクリームの表示の見方

市販のアイスクリーム、売り場でアイスのパッケージをよく見てみるとこんな表示が。
アイスによって、アイスクリーム、アイスミルク、ラクトアイスとあります。
これらの違いは、乳脂肪分、乳固形分がアイスに含まれる割合によります。
多く入っているほど乳製品のコクが感じられます。

アイスクリームは乳脂肪分、乳固形分の割合が3種類のうちでもっとも高。
次がアイスミルク、3番目がラクトアイス、植物性の油脂が使われていることが多いです。

小さい表示ですが、成分の違いがわかるので、アイスを選ぶ時参考にしています。

バナナモカアイスと同じ材料で作れるお菓子

材料:アイスクリーム|コーヒー|バナナ|ビスケット|マシュマロ|

材料大分類:フレーバー(茶・ココア・よもぎなど)|市販の菓子|果物|

バナナモカアイスと同じジャンルのお菓子

ジャンル: |