時々食べたくなるなる、さつまいも。圧力鍋で時短、蒸しさつまいも。

圧力鍋でふかし芋


ジャンル: , 主な食材: 器具: 季節: ,

おやつに食べたいふかし芋、圧力鍋でしっとりほくほくに作ります。
大きいものは2,3等分にカットして。

圧力鍋でふかし芋

Photo: by Magical Kitchen

クリスマスレシピ特集へ

調理時間: 15分 分量: 500g分

材料

  • さつまいも ・・・3本(600g)
  • 塩 ・・・少々

作り方

  1. 圧力鍋に目皿(蒸しかご)を置き、きれいに洗ったさつまいもを並べ(大きなものは2~3等分にカット、あるいは蒸し時間を長めに)水1カップ程度を加えて圧力鍋のフタをセットします。
  2. 圧が上がるまでは強めの中火、圧がかかれば火加減を弱火にし4分半加熱し火を止め自然に圧が下がるまでそのまま置きます。フタをあけて塩をふります。

キッチンメモ

ほくほくしっとりの蒸し芋っておやつに最高ですよね。
そんなふかし芋が圧力鍋で短時間にできます。

じっくり時間をかけて焼く焼きいもほどは甘くないですが
レンジで作るよりは、しっとり甘いです。
蒸し器で作るふかし芋とかわりません。

蒸し時間はさつまいもの大きさ、圧力鍋によって変わってきます。
その時々加減してください。

圧力鍋の調理時間って、結構悩みませんか?
付属のクッキングブックを見て作っても、柔らかすぎたり、まだ固かったりすることもあります。
なので初めて調理するときは、必ずメモを取ってます。
そうすると、次に作る時に今度は時間を増やそうとか
減らそうとか改善することができて、楽に作れます。

メモだとなくなることもあるので、おすすめは圧力鍋ノート。
ノートを作って、大豆〇グラムで何分、玄米3合で何分と言う風に時間を書き込んでいきます。
お米の場合は、水加減等も書くといいですよ。

圧力鍋について

今回使用した圧力鍋は80kpaの圧のものです。
加熱時間等は、お使いの圧力鍋に付属のクッキングブック等も参考に。

おすすめ圧力鍋

低圧高圧切り替え可。高圧は100Kpa
手ごろな価格ですが、基本性能は満たしてます。
ホント十分あれこれ使えるし、味も染みます。
商品比較雑誌でも高評価。
圧力ピンが上がった際の表示が慣れるまで分かりにくい。

本や雑誌でもよく使われているフィスラーの圧力鍋。
低圧/高圧の2段階調整可能で見やすい圧力ピン。
シンプルで美しいデザイン。10年保証があるそうです。

圧力鍋でふかし芋と同じ材料で作れるお菓子

材料:さつまいも|

材料大分類:野菜・芋|

圧力鍋でふかし芋と同じジャンルのお菓子

ジャンル: |