ニラたっぷり餃子、また作ってのリクエストがうれしい餃子。

ニラ餃子


主な食材: , , , , , , ジャンル:
器具: , 季節: ,

家族が好きなニラ餃子、たっぷりのニラが元気の源。
フードプロセッサーを使う場合、使わない場合両方の作り方を書いています。

ニラ餃子

Photo: by Magical Kitchen

クリスマスレシピ特集へ

調理時間: 35分 分量: 3人分

材料

  • 豚ひき肉(または豚肉) ・・・100g
  • ニラ ・・・1束
  • 白菜 ・・・200g
  • にんにく ・・・1片
  • しょうが ・・・1片
  • みそ ・・・小さじ1
  • 酒 ・・・大さじ1
  • しょうゆ ・・・小さじ1/2
  • 塩 ・・・少々
  • こしょう ・・・少々
  • ごま油 ・・・大さじ1
  • 餃子の皮(大判) ・・・30枚

作り方

  1. 白菜は粗いみじん切りにし、ボウルに入れ塩ニラは細く切り、塩小さじ1/4をまぶして10分程度置きしんなりすれば手で絞って水気を出します。(フードプロセッサーで白菜を刻んでもよい)しょうが、にんにくは、すりおろします。(フードプロセッサーを使う場合は適当な大きさにカットしてからみじん切りに)
  2. ボウルに豚挽き肉と塩を入れ、手で粘りが出るまで、よくこねます。ショウガ、にんにく、こしょう、酒、しょうゆ、味噌、ごま油を加えて混ぜます。(フードプロセッサーを使う場合は豚肉を一口大に切り、塩を加えてミンチ状にし、しょうが、にんにくも加えて白っぽく粘りが出るまでフードプロセッサーにかけます。)細かめに刻んだニラ、白菜を加えて混ぜます。
  3. 皮の中央に具をのせて、皮の手前に水をつけて、ひだを寄せながら包みます。
  4. フライパンに油を大さじ1(分量外)を熱し、餃子を並べて中火で焼きます。
  5. 焼き色がついたら、フライパンの高さ1/3くらいの湯を注いでフタをして、水気が少なくなくなるまで蒸し焼きにします。
  6. しばらくして焼ける音が変わってくるのでフタを開け残りの水分を飛ばすように焼き水分がほぼなくなれば、油少々をかけて底がパリッとするまで焼きます。残りも同様に焼きます。

キッチンメモ

餃子にも色々ありますが、昔からよく作っているのが、このニラたっぷりの餃子です。
食べると元気になるニラ餃子!
食べた人みんながそんな感じになっていくのが、見ていてうれしい。

白菜はキャベツでも可。
下の作り方を写真で説明やポイントにも餃子作りのコツを詳しく紹介しているので参考にしてみてください。

餃子はフードプロセッサーを使って作るととても簡単。
豚肉から豚ミンチも家で作れるので安心感があるし、おいしいですよ。

作り方を写真で説明

白菜を刻む

白菜またはキャベツをみじん切りにします。
ここではフードプロセッサーを使っています。

塩をふって水気を絞る

刻んだ白菜に塩をふって水気を絞ります。
このとき絞り過ぎてもパサパサになってしまうので、ほどほどに。

ニラも細かく刻む

ニラも細かく刻みます。
フードプロセッサーを使うとうまく刻めないので、手で刻んでいます。
まぁニラを刻むのは割と楽なのでささっと刻みます。

ニラが刻めるフードプロセッサーもあるらしいので 刻めるようならフードプロセッサーを使ってください。

ミンチを練る

フードプロセッサーを使う場合は、まず豚肉からミンチを作ります。
肉を一口大にカットしてフードプロセッサー容器に入れて回してミンチに。

フードプロセッサーを使う場合は、しょうが、にんにくも加えて回します。

フードプロセッサーを使わない場合は、塩を加えてミンチを手で練ります。
段々と白っぽくなって粘りが出てきます。
肉は必ず冷たい物を使います。

しょうがすりおろし、酒等の調味料も加えて混ぜます。

ミンチと野菜を混ぜる

ミンチと野菜を混ぜます。
全体を軽く混ぜ合わせたら、時間をおかずに包みます。

餃子のあん作りのポイント

餃子、ハンバーグに使う肉やミンチは必ず冷たい物を用意。直前まで冷蔵庫に。

餃子の種は野菜をミンチに加えてからは、時間をおかずに包みます。
時間がたつと野菜から水分が出てくるからです。
また、野菜を加えてからは練るようには混ぜません。
手は使わず、菜箸や大きめのスプーンを使ってざっくりと混ぜます。

餃子の皮、具が余ったら

餃子の皮と具、たまにどちらかが余りませんか。
餃子の皮が余ることもあれば、具が多すぎることも。
この余った餃子の皮も具もリメイクしておいしく変身できます。

餃子の皮が余ったら

皮が余ったらとりあえず、手早く作れるのが汁物に使ってしまうこと。
鍋物中華スープ、味噌汁の具に、そのまま入れても細く切って加えても。

お次のアイディアは、パリパリの餃子の皮チップスに。
マヨネーズを薄く塗って、粉チーズなどをトッピングして、オーブントースターの天板に並べて焼きます。
カリカリになるまで焼けば完成、餃子の皮チップスに。

餃子の具が余ったら

こちらは、ニンニクが入ったミンチと考えれば、使い道色々。少量余った具でも使えます。
卵に加えて卵焼きに。
ご飯と炒めて、チャーハンの具に。
汁物に加えて中華スープに。

フードプロセッサーとハンディブレンダーのフードプロセッサー機能を使うコツ

いろんな材料があっという間にみじん切り、鶏や豚のミンチを作るのも得意なフードプロセッサー。
餃子、ハンバーグ、つくね、鶏団子をよく作っています。
他にはハッシュドポテトや大根餅、野菜を刻むのが本当に楽です。

使いこなすまでに少々コツがあったのでいくつか書いてみました。

フードプロッセッサーを使うコツ

便利なフードプロセッサーですが、使い始めは戸惑いました。
回しすぎて、お好み焼きのキャベツがあっという間に細かくなりすぎてビックリしたことも。
均一に刻めず、固まりが残ったりもしました。

全体的に均一に刻めないときは、一度止めて菜箸やへらで全体を混ぜて再度スイッチを入れると上手く回ります。
後は量を入れ過ぎないこと。

スティックタイプのハンディーブレンダータイプのフードプロセッサーについて

スティックブレンダー、ハンディブレンダーを呼ばれるタイプのブレンダー。
コンパクトでお鍋に直接入れてポタージュを作ることもできます。
機種によっては、刃と器を付け替えてフードプロセッサーになるものがあります。

マジカルキッチンで使っているものもそのタイプです。
使う上で気を付けた方がいい点があったので書いてみます。

使用可能時間が短い機種が多いので、説明書を見て確認。
使用可能時間を超えないように作業します。
超えると機体が熱くなり故障の原因になります。

上のフードプロセッサーのコツでも書いたように分量を規定以上入れると
回りにくくなり、刻めません。
たくさん刻みたい時は数回に分けています。

後、鶏の皮を入れると中心の棒にひっかかって回らないので、取り除いています。
無理に回すと故障の原因にもなるので注意したいですね。

ニラ餃子と同じ材料で作れる料理

材料: しょうが| にんにく| ひき肉| キャベツ| ニラ| 味噌| 豚肉| 餃子の皮|

材料大分類:穀類||調味料・甘味料・香辛料|野菜|香味野菜・薬味・ハーブ|

ニラ餃子と同じジャンルの料理

ジャンル: