イースト発酵させるふっくらナン。一緒に野菜も焼きませんか。

ナン

ナンの生地はホームベーカリーで、焼くのはホットプレートでこんがり。
一緒に野菜も焼いてカレーにつけながら食べます。

簡単ナン

Photo: by Magical Kitchen

調理時間: 1時間10分 分量: 6枚分

材料

  • 強力粉 ・・・150g
  • 薄力粉 ・・・130g
  • きび砂糖 ・・・10g
  • 塩 ・・・4g
  • インスタントドライイースト ・・・2.8g
  • プレーンヨーグルト ・・・80ml
  • 水 ・・・70ml
  • オリーブオイル ・・・10g
  • ピーマン ・・・2個
  • ミニトマト ・・・10個
  • ズッキーニ ・・・1本

作り方

  1. (こね、一次発酵)ホームベーカリーのパンケースに粉、砂糖、塩、オリーブオイル、水、ヨーグルト、イースト(イースト専用容器があればその場所に)を入れて、ピザ生地コース(なければパン生地コース)を選んでスイッチオン。(こねと一次発酵までをすませます)
  2. (成形)発酵が完了したら、台の上に生地をのせて、包丁で6等分して丸めます。切り開いたビニール袋や固く絞った濡れ布巾をかけ10分程度休ませます。
    トマトは半分に切り、ズッキーニは輪切り、ピーマンは好みの大きさに切ります。
  3. パン生地をもう一度丸め直し、それぞれを麺棒を使って直径18センチ程度のしずく型にのばします。
  4. (焼き上げ)ホットプレートを最高温度に温めておき、薄く油を塗ってナン生地を3枚並べ、脇に野菜を並べて焼きます。ナンに焼色がつけば裏返して裏側も焼色がつくまで焼きます。(合計3~4分)野菜も焼色がつけば裏側も焼きます。残りのナン、野菜も同じように焼きます。

キッチンメモ

おうちで簡単にホットプレートでナンを焼きます。
焼きたてのナンは、ふんわりいい香り。
家族や友人とホットプレートを囲んでカレーとナンでパーティーはいかが。

そして一緒に付け合せの野菜も焼いてます。
野菜はお好みのものを、今回は夏野菜を焼きました。カレーをつけながらどうぞ。
目玉焼きを焼いても楽しめます。
ホットプレートなのでテーブルの上でみんなでワイワイ焼きながら食べることができますね。

タンドリー釜で焼いたインド料理店の本格ナンとまではいきませんが
ファミレスやスーパーの冷凍、チルドのナンには負けないナンがホットプレートでも焼き上がります。

オリーブオイルはサラダ油を使っても。

ナン作りのおおまかな手順。写真で説明。
ホットプレートでナン作りのコツ。
ナンについて。ホットプレートで焼くパン。
ナンのアレンジ、ナンドック、ナンのピザ。
ナンをホームベーカリーを使わない手捏ねで作る方法。
おうち外食の楽しみ。
マジカルキッチンで使っているホームベーカリーについて。

ナン作りのおおまかな手順

ホームベーカリーで生地作り、発酵まで済ませて、10分休ませたあと
伸ばしてホットプレートで焼きます。
二次発酵はありません。焼き時間も短時間です。

作り方を写真で説明

ホームベーカリーで一次発酵終了

ホームベーカリーで一次発酵終了

パン生地を8等分にカット

パン生地を等分に切り分け丸めます。(写真は8等分)
べたつくようなら打ち粉を軽く。(強力粉を使う)
乾燥しないように開いたビニールをかぶせておきます。

めん棒で細長い楕円にのばす

ラップや開いたビニール2枚に生地を包んでめん棒でしずく型にのばします。
ある程度伸ばしたら手で引っ張ります。

ホットプレートにナンと野菜を並べる

温めておいたホットプレートに
野菜とナンの生地を並べます。

膨らんでくるナン

だんだん膨らんできます。

発酵なしナンなら簡単ナン

イーストで発酵させずベーキングパウダーを使った簡単ナン。
発酵させないので短時間で作ることができます。

ホットプレートでナン作りのコツ

ラップや開いたビニール袋2枚で包んで生地をのばすと打ち粉いらずでのばせます。
ホットプレートの他、フライパンでも焼くことができます。

ホットプレートは事前に温めておき、設定温度はホットプレートの最高温度にします。

ナンについて

ナンはタンドリー釜と呼ばれる専用の釜で焼かれます。
日本のインド料理店ではカレーとナンが有名ですが本場インドではナンはそれほど食べられないそうです。

ナンは高級レストランで出てくるもので、日常ではチャパティという簡単な平焼きのパン(の一種)がポピュラーです。 こちらは形は丸型でタンドリー釜がなくても、家庭で簡単に焼くことができます。

またナンの形も地方によっては丸型などもあります。
材量もバターや牛乳、ヨーグルト、卵などが加えられ地方で違ってくるようです。

ホットプレートで焼くパン

マジカルキッチンで紹介しているホットプレートやフライパンを使って焼くパン。
オーブンがなくてもパンが焼けます。
パニーニもチーズがとろっとおすすめです。

一度にたくさんは焼けませんが、フライパンでも焼けます。
火加減に注意して焼きます。

平たいお焼き風のあんパンやイングリッシュマフィン、ナン等焼けます。

ナンのアレンジ、ナンドック、ナンのピザ

焼いたナンはカレーを付けて食べる他、ピザ風に食べるのもおすすめです。 ピザソースやケチャップを塗って、トッピングを乗せてオーブントースターでこんがりと。
チーズを乗せればチーズがとろり。

カレーを塗って、ソーセージを乗せてチーズやマヨネーズをトッピングすれば、カレーナンドック。
こちらもオーブントースターで焼きます。

ゴボウのきんぴら、チーズを乗せて焼けば、キンピラナン。
ナン自体はシンプルな味なので、和風の味もいけます。
他には照り焼きチキンもおすすめです。

ホームベーカリーを使わず手でこねて作る場合

ホームベーカリーを使わずにパン生地を作るのも簡単です。
ボウルに材料を入れて手でなめらかに弾力が出るまでこね、一次発酵させます。

  1. (生地作り)大きいボウルに粉、砂糖、塩、ドライイーストを入れます。(ドライイーストは砂糖の隣に置き、塩からは離れた場所に)オリーブオイル、ヨーグルト、水を加え、お箸でかき混ぜます。
  2. 手につかずなめらかな状態になるまでよくこねます。
  3. 生地をひとまとめにしビニール袋に入れて口を縛り、一次発酵。
    25~30℃前後の場所に置いておきます。約2倍の大きさになったらOKです。

おうち外食気分でナン

家で作るナンはお店や市販のものに比べてリーズナブル。
市販のナンも3枚いくらで結構するので、お家で作ると節約にも。 カレーや野菜も好きなだけ。

ヨーグルトで作るラッシーを添えてもいいですね。
おうち外食気分で楽しみませんか。

マジカルキッチンで使用しているホームベーカリー

パナソニック2009年製のホームベーカリーを使っています。
付属の小さじ1がイースト2.8g分
パン生地コースに使用する粉280g、食パン生地コースの粉250gに対して
基本的にイーストを2.8g使用するようになっています。

ご使用のホームベーカリー機種に合わせて粉やイースト
水分の割合など加減していただいて問題ありません。

下はPanasonicの最近の機種

ナンと同じ材料で作れる料理

材料: イースト| バター| ヨーグルト| 強力粉| 薄力粉・中力粉|

材料大分類:乳製品|油脂類|穀類|調味料・甘味料・香辛料|

ナンと同じジャンルの料理

ジャンル: ||